やもり

2016年8月 7日 (日)

2016年ハワイの旅④

滞在4日目は本当に何もせずにホテルでのんびりしてましたhappy01

と、言うのもそもそも最終日だと思い込んでチェックアウトしようとして「チェックアウトは明日ですよ。」と指摘されたぐらいなのでcoldsweats01
旅行前に滞在計画を立てるどころか、旅のしおりですらろくに読んでないからこんな事になるんですねsweat01
やらかしてしまった時はかなりショックでしたが、後の祭りなのでオマケの1日だと思ってのんびり楽しむことにしました。
プールサイドで寝そべって本を読んだり、ちょっと泳いだり、中庭を散歩したり…。
やっぱり気になるのは動植物。
ブラウンアノール(Brown anole)は至る所でバスキングしていたし、
Dscf4486Dscf4567_2


ヒロオヒルヤモリ(Gold dust day gekko)も目を楽しませてくれました。
Dscf4574
英語名のGold dustと言う名がぴったりですね。
今回はあまり野鳥の写真は撮れなかったけど、
コウカンチョウ(Red-crested Cardinal)
Dscf4464Dscf4463_2

キマユカナリア(Yellow-fronted Canary)
Dscf4456

オナガカエデチョウ(Common Waxbill)
Dscf4283Dscf4284

ホノルル市の鳥、シロアジサシ(White Tern)現地名マヌオクー
Dscf4537Dscf4549
などが目を楽しませてくれましたconfident
そして、翌日に本当にチェックアウトしてcoldsweats01、帰宅しました。

毎度の事ながら、6日間留守にしたので、一番心配したのは生体達の事。

特に今年の猛暑では、下手すると日中40℃以上になるので、エアコンをタイマーセットして昼間に一定時間冷房を入れたり、ヤドクガエル達はミスティングの回数を増やしたり(その代わり1回当りの時間を短くして)とそれなりに対策はして出掛けたのですが、皆何とか無事でいたのを確認した時は本当にホッとしましたhappy01

と、言う事で今年の夏の家族旅行も無事終了ですconfident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

久々にクレスの話題など…

今日、ふと見ると、クレステッドゲッコーのクレスが水を飲んでいるところでしたhappy01
Rimg23398Rimg23394Rimg23390

意外に水入れから水を飲むところは観察出来ないので(霧吹きの後、ガラスについた水滴を舐めているのがほとんど)、ちょっと写真に撮ってみました。

考えてみたら、クレスの話題を取り上げるのも久し振りだな…と思い、今日はクレスの近況などをwink

クレスは2008年のぶりくらから連れて帰って来たので、うちに来てかれこれ8年目になりますconfident

お迎えした時。本当にベビーでしたねconfident
Photo_11_2

その後、特にトラブルもなく、順調に推移して現在に至りますcoldsweats01

最初の内は繁殖も考えて、いいメスがいたらペアリングをしてみようかとも思っていたのですが、結局単独飼育のままで来てしまいましたね。

餌はコオロギもクレスフードも食べてくれるし、特に紫外線を必要ともしないので、本当に飼い易い、いいヤモリだと思いますconfident

最近は専らグラブパイをあげていますが、何故かあまりピンセットからは食べず、置き餌にした方が食べてくれますhappy01
Rimg23413

偶にケージの前面にジャンプして「バンsign01」と大きな音を立てて我々をびっくりさせる事もありますが、それ以外は本当に存在を忘れてしまうくらい手が掛からない子ですbleah
Rimg23416

Rimg23406

これからもこの調子で長生きしておくれよ~confident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

みんな大好き、グラブパイ!

まるで宣伝のようなタイトルですが、僕はこのメーカーやショップと一切の利害関係はありませんcoldsweats01

ただ、これまでにも色々とあった爬虫類用の人工飼料と比較して、この商品は爬虫類達の嗜好性がずば抜けていると感じるので、ちょっとまとめて動画に収めてみました。

まずはヒョウモントカゲモドキ達。

最初は最古参のレオ。

アル。

ジュニア。

そして脱皮モードのアルジュニ。

皆、しっかりと食べてくれますhappy01

そして、アカメカブトトカゲ。
シャイな彼等が飛び付いて食べてくれるのには驚きました。

水浴び中の個体が飛び付いて一口食べた所にもう1頭が横取りにやって来ましたcoldsweats01

サッポロビールのロゴは気にしないで下さい(笑)

サカラバネコツメヤモリ。

ニホンヤモリ。

クレス。容器に残ったグラブパイを浚ってくれますhappy01

カジカガエルも搔き込むようにして食べます。

何故か、ミヤコヒキガエルのヒッキーだけはまだ食べてくれません。

まあ、彼女はいざとなったらパックマンフードを食べてくれるので問題ありませんが。

それにしても、これだけ喰い付きがよければ、本当に活餌を使わないで飼育が出来そうですconfident

爬虫類は飼ってみたいけど、コオロギは無理sign01なんて人には打ってつけじゃないでしょうかwink

本音を言えば、もう少し安ければありがたいんだけどな…coldsweats01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

残暑お見舞い 生体たちの近況…

立秋を過ぎて、暦の上ではもう秋ではありますが、まだまだ猛暑と言うより酷暑が続いていますね~。

残暑お見舞い申し上げますm(_ _)m

そんな中でも我が家の面々は何とか元気に暮らしておりますconfident

特にこれと言ったネタもないので、久々に近況報告などを…happy01

アカメカブトトカゲは、ようやく2匹ともピンセットからコオロギを食べてくれるようになりましたhappy01
Rimg21317

判りづらいですが、2匹揃ってコオロギを食べているところですwink
Rimg21317mark

とは言え、やはり個体差はあり、片方は常に反応よく食べてくれるものの、もう片方は余程お腹が空いていない限り反応してくれませんsweat02

それでも、食べているところを目の前で確認出来るだけで随分安心感は違いますねconfident

そうそう、先日、ウアカリヤドクガエルのケージのアグラオネマが成長して天井につかえてしまっていたので、思い切ってバッサリと剪定しました。
Rimg21454

剪定は、根が生え始めていた部分の下から行い、切り取った株は根の部分に水苔を巻き、ポットに植えてアカメカブトのケージに収容。
Rimg21461Rimg21468
Rimg21470
アカメカブトに配慮して赤色と青色のLEDだけ点灯しているので、かなり怪しい感じですが…sweat01

すると、先日、反応がいい方(と思われる)のアカメカブトが木登りしている所を目撃しましたhappy01
Rimg21499

 
 
 

さて、昨夜はコオロギを切らしていたので、久々にグラブパイを与えてみました。

フィーバーで買って来てから使用するのはまだ3度目ですが、改めて使える餌だと実感しましたねconfident

レオパ達の喰いつきはバッチリwink

噛み切った残りの餌を落とすと砂まみれになってしまうので、皿をあてがって食べさせますcoldsweats01
Rimg21511

脱皮直前で真っ白なアルもバクバク食べました。
Rimg21510

他に、ニホンヤモリ、カジカガエル、サカラバネコツメヤモリ、更にはアカメカブトトカゲも食べてくれました(反応がいい方の個体だけですが)happy01

これならコオロギを切らした時の代用だけでなく、メインの餌としても使えそうな気がしますconfident

最後に登場はこのシト。

Rimg21401

爪を切った後、ご褒美のおやつをもらったところなので、口に食べかすがついていますcoldsweats01

熱中症予防に水分補給もしっかりしないとね。
Rimg21406

でも本当に飲みたいのは水じゃなくてローリーネクターのようですconfident
Rimg21424

厳しい今年の夏の暑さにもめげず、元気で暮らしていますよ~happy01

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

またやってしまった…(汗)

昨日の夜のこと。

夕食を終えて、生体達のメンテナンスに取り掛かりました。

ホウセキカナヘビのジュエリに餌をやった後、マダラヤドクとゴールデンマンテラに餌をやったところでふとクレステッドゲッコーのクレスのケージに目をやると、扉が3cmぐらい開いてるじゃないですかsweat01coldsweats02

「嘘~sign02 まさかsign03」とパニック状態になって、ケージの中を確認するも、既にもぬけの殻sweat02

慌ててケージの周囲や、ラック周辺を隈なく捜索しましたが、クレスの姿は見当たりませんshock

ラック周辺は複数使っているシートヒーターやライトのおかげで暖かいので、意外に遠くに行っていないんじゃないかと期待したのですがね…sad

さて、こうなるとお世辞にも片付いているとは言えないリビングルームで立体活動出来るクレスを見つけ出すのは不可能に近いですsweat02

嫁さんにも手伝ってもらって、一通りは捜索したものの、到底見つかりそうもないので、一旦は捜索を打ち切り、そのうちひょっこり姿を現すのを待とうと言うことになりましたshock

それにしても、去年の秋も立て続けに3回(※1※2※3)脱走事件を起こしているのに、この学習能力の無さは何たることか…と自己嫌悪に陥りながら、中断していた生体達の世話を再開することに。

そして最後にラッテの食事を用意してケージに入れようとしたところ、ラッテのケージを乗せているスチールラックの柱につかまっているクレスを発見sign03

「いた~~sign01」と大声をあげて嫁さんにプラケを持ってきてもらい、めでたく捕獲。
何とか今回も事なきを得ることが出来ましたcoldsweats01(捕獲に必死だったので写真はありません)。

それにしても何で扉が開いていたのか… 昨夜は確実にいる事を確認し、給餌(コオロギをやろうとしたけど食べなかった)した後扉を閉めた筈なんですが…。

想像するに、その時の閉め方が甘く少し隙間が開いていたのでクレスが頭をグリグリとねじ込んで開けちゃったんじゃないかと思いますdespair
Rimg20784


こんな事を続けていたんじゃ本当に飼育者失格ですから、今後は二度と同じミスを犯さないように注意しないといけませんね(何回同じ事言うねんcoldsweats01)。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月28日 (日)

2014年を振り返って…

今年ももうあと僅かとなりました。

本当に1年経つのが早くなったと感じますねcoldsweats01

折角備忘の為にブログをやっているので、ここらでこの1年を振り返ってみようかなと思い、自分でこの1年間の記事を読み返してみましたhappy01

齢を取るに従って、自分が書いた記事を読んで「こんな事があったんだsign01」と新鮮な驚きを感じることが多くなったのですがcoldsweats01、今年はあまりそう言った出来事がありませんでしたね~despair

年明けは沖縄で迎え、そこではノグチゲラの姿を垣間見たり、アカヒゲやミフウズラを見たりして、スタートはなかなか盛り上がったのですが、それ以降はあまり大きなトピックもなくsad

そんな中でやはり今年のハイライトはハワイ島での火山と星空観測でしたかねconfident

キラウエア火山は当時は活動がおさまっていて、何の危険も感じなかったのですが、その後活発化して溶岩流が民家を襲ったと言うニュースが伝わって来て、改めて火山活動の凄さを思い知りました。

後はやはりバードウォッチング関連の記事が多いですね。

こちらも凄い珍鳥を見たというような目立った出来事はありませんでしたが、出勤前の公園巡回は悪天候や特別な事情がない限り続いていますhappy01

一旦絞ったウェイトをリバウンドさせずに維持出来ているのはこの趣味のお蔭ですねcatface

 

それから今年は残念な出来事が相次ぎましたsad

ファットテールジャービルのカフェとモカが相次いで亡くなり、長年飼育していたクサガメの亀太郎を逃がしてしまい、最近はマサイヨロイトカゲも亡くなってしまいましたweep

気負い込んで導入したギュンターツリーラセルタも短期間の飼育で終わってしまいましたし…

この辺りは、ある程度飼育に対する経験値を積んだと言う思い込みもあって、コストダウンや省力化という間違った方向に工夫する傾向があったのが要因のひとつだと反省しています。

基本に立ち返って、生体に適した環境を如何にして作り上げるかと言うことを第一に考えた飼育をしていかないといけないですねthink

 
一方、今年新たにお迎えした生体は、ゴールデンマンテラ、マダラヤドクガエル、ホウセキカナヘビ。

マンテラとヤドクはペットショップのビンゴ大会でグラステラリウム3030をゲットしたのがそもそものきっかけでした。

ビバリウムでの飼育と言う、これまでとは少し違う形態での飼育スタートでしたが、これはこれでなかなか楽しいものですwink

生体の飼育と植物の育成の両方の側面があり、景観を作るという意味では水草水槽と同様の醍醐味がありますねhappy01

ヤドクガエルはその美しさから熱帯魚にも喩えられるのですが、飼育形態も熱帯魚飼育に似ていると実感しましたhappy01

来年は何とか繁殖に漕ぎ着けたいと思っていますconfident

ホウセキカナヘビはお迎えした時よりずいぶん大きくなりました。
初めての大型トカゲですが、ハンドリング可能なペットリザード目指して育成中ですwink

 
最後に棚卸しではありませんがbleah、現在同居中の生体を載せておきましょうcoldsweats01

フクロモモンガのラッテ
Rimg20375

ヒョウモントカゲモドキ達(レオ、アル、ジュニア、アルジュニ)…レオは脱皮中coldsweats01
Rimg20354Rimg20358

Rimg20357Rimg20355

クレステッドゲッコーのクレス
Rimg20376

ニホンヤモリ4匹
Rimg20342Rimg20345

サカラバネコツメヤモリ
Rimg20371

ホウセキカナヘビ
Rimg20067

ニシキマゲクビガメのあきら
Rimg20359

ミシシッピニオイガメの亀次郎
Rimg20360

カジカガエル2匹
Rimg20351

ミヤコヒキガエルのヒッキー
Rimg20341

ゴールデンマンテラ4匹
Rimg20365Rimg20372

マダラヤドクガエル3匹
Rimg20313Rimg20322

Rimg20335

そして熱帯魚達(60cm水槽2本)。

…結構いますねcoldsweats01

限られたスペースと世話に割ける時間を考えると、もう限界かな?とも思いますが、そこはそれ、一期一会の出逢いがあれば増えてしまうかもしれませんbleah

 

来る2015年はもっと楽しいニュースがある1年だといいのですが…confident

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

ゴールデンマンテラのケージ変更~ショウジョウバエ脱走対策~

今年の4月にゴールデンマンテラをお迎えし、グラステラリウム3030でビバリウムもどきを作成して飼育しているのですが、全般的には順調ながら、ひとつ「何とかしないといけないな…」と思っていることがありました。

それは餌の脱走sweat01
グラステラリウムは観音開きなので、どうしても隙間が出来てしまい、キイロショウジョウバエやコオロギのPHだと楽々脱走してしまうのです。
Rimg19979

矢印のところに隙間がありますsweat02 当面の脱走対策に荷造りテープを貼っていますがcoldsweats02

これまで何とか目を瞑ってきたのですが、先日、ちょっと多目にキイロショウジョウバエを与えたら(だっていっぱいハッチしちゃったんだもんcatface)、翌日、数十匹のキイロショウジョウバエがリビングの床を動き回る事態になって、嫁さんから、「本当に何とかしてsign03」と言われてしまったのですsweat02

流石にまずいと思い、色々対処法を考えてみましたが、観音開きである以上は隙間が出来るのは防げないので、やっぱりケージそのものを変更する事にしました。

どうせなら少し大きなケージを…というスケベ心?もありましたが、設置スペースの関係からそう言う訳にもいかず、全く同じサイズの引き戸タイプのケージをネットで検索し、このケージに行き当たりました。

ニッソーのワイルドプラネットWP340というやつで、底面サイズはグラステラリウム3030と全く同じ、高さだけ10cm高くなりましたcoldsweats01
Rimg19982Rimg19983

このケージのいいところは、天井のメッシュが二重構造になっていて、コバエもシャットアウト出来るようになっている点。
Rimg19984

ただ、残念なのは前面の通気用窓は単なるパンチ穴入りプレートなので、このままではショウジョウバエは脱走し放題ですsweat01
Rimg19986_2

「コバエをシャットアウト」と謳うのなら、ここも細かいメッシュにして欲しいもんですbearing

これは何とか対策をしなければならないでしょうthink

取りあえず、現状のビバリウムをそのまま新しいケージに移植するべく、入れ替え作業を行いました。

まずは、住人のゴールデンマンテラを救出。
Rimg19989Rimg19990_2

…久々に4匹揃って確認しましたがcoldsweats01、皆プリプリに太っていますhappy01

それから、元のケージの中身を取り出して、一旦別の容器に避難させてから新しいケージをレイアウトしていきました。

多分、一から作り直した方が簡単じゃないか…と思うくらい大変でしたが、土などの素材を無駄にしたくなかったのでちょっと無理な作業を強行しました。

排水用のパイプは、少しだけ扉を開けた状態で使えるように端に移して、スペースの関係上、水入れで隠す仕様にしました。
Rimg20041Rimg20039

そして、餌の脱走対策です。

まずはこちら。
Rimg19974_2Rimg19995_2


Rimg20035_3

引き戸タイプでも、ガラスとガラスの隙間からショウジョウバエは容易に脱走してしまうので、起毛タイプの隙間テープを貼りました。

ちょっと開けづらくはなりますが(このケージは引き戸の取っ手部分の彫りが浅いので尚更開けにくい)、ショウジョウバエを通さない事の方が重要ですcoldsweats01

それから前面の通気口の改良。

東急ハンズで「グラスファイバー製ネット」なるものを買って来ました。
Rimg20025_2Rimg20026

普通の網戸用ネットと違って縦糸と横糸で編まれていないので、ほつれないところが使いやすそうですconfident
90cm幅で長さ10cm分だけ切ってもらったら税込51円でしたsmile

これを通気口のサイズに合わせて切り、それをもう少し荒目のステンレスネットで押さえました。
Rimg19987Rimg20032

これで元々のパンチ板と合わせて三重構造になる訳で、これならショウジョウバエも通さないでしょうconfident
当初は防虫シート(紙のようなもの)を挟み込もうかと思っていましたが、それでは肝心な通気があまり期待出来ないと思ったので…。
Rimg20033

何はともあれ、これで無事引越し完了です。

これで心置きなく多目に餌を与えることが出来るはずhappy01

マンテラ達も、すぐに新しいケージに馴れてくれそうです(レイアウトがほとんど同じですからねbleah
Rimg19997

これまでのケージ、グラステラリウム3030は、レイアウトを変更して、サカラバネコツメヤモリの住居になりましたhappy01
Rimg20038

これまでプラケ住まいだったことを思うと、彼女?(多分coldsweats01)にとってはまさに棚ボタですねhappy01

ケージが広くなったからそろそろお婿さん探しでもしようかな~bleah

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

ニワトリ以下…

つい先日、蓋の閉め忘れによる脱走事件を起こしてしまったばかりですが、昨夜、サカラバネコツメヤモリに餌をやろうとプラケを見ると、あろうことか、蓋がフルオープンになっていましたcoldsweats02

当然ながら、中はもぬけのカラsweat02

レオパとは違いすばしっこくて立体活動も得意なサカラバネコツメヤモリのこと、脱走してしまったら見つけるのは至難の技ですcoldsweats02
2014_1018_16455000

なかば絶望感に襲われながら、ケージの近辺を必死に捜索しましたが、やっぱり見つかりませんsweat02

仕方ないのでこの日は捜索をあきらめて寝ることにしましたbearing

夜になって室温が下がったら、暖かいケージの周辺に現れるかもしれないので、コオロギを入れたプラケを簡易トラップとして置いておいて…。

ところが、眠りについてまもなく、嫁さんが「パパ、いた~sign03」と起こしに来てくれ、慌てて飛び起きて行ってみると、隣の和室の壁際に出て来ていて、プラケ片手の大捕り物の末、なんとか保護する事が出来たのですsign01happy01
2014_1018_16412300


それにしても、ジュニアの脱走事件があって、「これからはプラケの蓋を閉める音を確認するsign01」なんて言っておいて、まさに舌の根も乾かないうちにこの有様bearing

前日、結構飲んで帰って世話をしていた…というのもあるのですが、この学習効果のなさはニワトリ以下だな…と自己嫌悪に陥った出来事でした(ニワトリに失礼か…coldsweats01)。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

久々に住人達の近況…

今日は特に用事もないので、じっくりと生体達の世話をしましたhappy01

まずは亀達の水槽の水換え。

換水中は強制甲羅干しです(今日は曇ってますがcoldsweats01

ミシシッピニオイガメ(店ではカブトニオイとされていましたが)の亀次郎。
Rimg19582

ニシキマゲクビガメのあきら。
Rimg19576_2

ついでに身体測定です。 今回は久々に甲長も測ってみましたwink
Rimg19570Rimg19572

うちに来てから約9ヶ月ですが、体重だけでなく、甲長も順調に成長しているようですhappy01
Photo_2

先日お迎えしたホウセキカナヘビは、天気のいい日はベランダでケージごと日光浴させますが、今日は曇っていたので、外に出しませんでした。
Rimg19543

蓋は随分前、ラッテのケージの改造をした時に買ったステンレスの金網の残りで自作しましたcoldsweats01

カラスなどに襲われたら大変ですからねwink

餌はコオロギの他に人工飼料や果物なども与えていますが、人の手に慣らす為にこんな事もやっていますwink
Rimg19548Rimg19549

こうして根気よく慣らしていって、手乗りカナヘビ?を目指したいな…とcoldsweats01

今日はUV灯で気持ちよさそうにバスキング中ですhappy01
Rimg19595

さて、こちらは本当に久々登場のサカラバネコツメヤモリ。
Rimg19589

かなりすばしっこく、脱走が怖いのでハンドリングは無理ですが、比較の為に手を添えてみましたcoldsweats01
Rimg19586_2

去年のぶりくらから連れて帰った時は、こんな小っちゃかったので(水入れのペットボトルの蓋と比べて下さい)、随分成長したモンですconfident
Rimg16589Rimg16593

食欲旺盛で、ピンセットから乾燥コオロギでもリザードフードでもパクパク食べる優等生ですhappy01

そして、真打ち?はやっぱりこのシト。
Rimg19568

涼しくなって、僕がパーカーを着るようになったお蔭で、外に出してもらえる頻度が増えて喜んでいると思います(多分bleah)。

Tシャツ、短パン姿の時に乗られたら体中ミミズ腫れになっちゃいますからねcoldsweats01

他にも住人達はいますが、皆、元気で暮らしていますよ~happy01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

また無精卵…

一昨日の事ですが、またヒョウモントカゲモドキのレオが無精卵を産んでいましたwobbly

1ヶ月ちょっと前にも無精卵を産んでいたので、しっかり食べさせて体力を回復させようとしていたのですが、産卵のための栄養補給になってしまったみたいです。

Rimg18735

無精卵とレオ。

産卵して痩せている上に脱皮中で、相当みすぼらしい姿になってしまっていますが…sweat02

卵詰まりとかの障害が出ていないのがせめてもの救いですが、本当にもう産むのはやめて欲しいです。

こればっかりは何ともしようがないのでしょうかね…sad

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)