趣味

2016年8月 4日 (木)

2016年ハワイの旅② ~野生のマダラヤドクガエルに出逢えました!~

さて、滞在2日目は、「オハナ熱帯雨林ハイキング」に参加する日です。

もちろん、ショッピング命の家族とは別行動coldsweats01

2年前に「マノア滝ハイキングツアー」に参加して、ホノルル近郊でもそれなりの自然が味わえる事がわかったので、今回も1日はトレッキングツアーに参加しようと思ったのです。

同じ「マノア滝ハイキング」でもよかったんですが、どうせなら違う場所にも行ってみたいと思い、このツアーにしたのですが、一つ難点は日本語ガイドが漬かないと言う事。

まあ、全く英語が喋れない訳でもないし、動植物の名前ぐらいなら片言でも通じるだろうと、鷹揚に構える事にしましたcoldsweats01

実は今回の目的と言うか願望はもう一つあって、それは野生のヤドクガエルを見たいと言う事。

もちろん、ヤドクガエルは中南米にいるのですが、ハワイにもヤブ蚊駆除の目的で移入されたマダラヤドクガエル(Dendrobates auratus)が棲息しているのです。

厳密に言えば野生のヤドクガエルとは言い難いのですが、やはり飼育者としては自然に棲息している姿を見てみたいですからね。

ただ、直前になって色々調べてみると主な棲息地はマノア渓谷らしいので、やっぱり前回と同じツアーにしたらよかったかもとちょっと後悔しましたが、後の祭り(ギリギリまで何の準備もしなかった罰ですねbleah)。

それから同じく移入種なのですが、ジャクソンカメレオンも見られたらいいなとも思っていました。

さて、ピックアップ時刻になっても迎えの車が現れなくてヒヤヒヤしましたが、15分位遅れてようやく現れ、無事にツアースタートです。

ガイドはテリーさんと言うハワイ生まれの方で、同行者はカリフォルニアの3人家族。
Dscf4107

当然ながらネイティブ英語で会話が飛び交い、こちらは半分も内容が聞き取れない状況sweat01

適当に相槌を打って車内の会話を遣り過ごしながら、車窓を眺めていると、何となく前回と同じような場所に向かっているじゃないですか。

何の事はない、行き先はやっぱりマノア渓谷だったのですhappy01
これにはちょっと拍子抜けしたのが半分、マノアならヤドクガエルを見られるかもと期待したのが半分でした。

さて、車を降り、虫除けスプレーや飲み水などを渡しながら、テリーさんが、「何か希望はあるか?」と聞いてきたので、「Poison Dart Frogが見たい」「それとJackson's Chameleon」と言ったら、テリーさん曰く「Poison Dart Frogは多分いると思うよ。Chameleonはいるにはいるが、あまり動かないので却って見つけるのは難しいんだ。」だと。

リップサービス半分だろうとも思いながら、この返事にはちょっと期待が膨らみましたconfident

それにしても、1人で参加して来てこんな事を言い出したのですから、テリーさんにも同行者にもえらくマニアックな日本人だなと思われた事でしょうcoldsweats01

何はともあれ、ハイキングスタート。
途中、テリーさんは「ヤドクガエルはこう言った場所にいる事が多い」とか、「この枝にジャクソンカメレオンがいた事がある。」などと丁寧に教えてくれました。

ガイドと言う職業柄か、他にも植物の名前や由来、更にはハワイの植生や歴史に至るまで矢継ぎ早に説明してくれるのですが、早口なネイティブ英語なので、聞き取るのが大変sweat01

途中聞き流していたら、時折明らかに僕に向かって話しかけて来るので、英会話のレッスンを受けているような妙な緊張感を感じましたcoldsweats01

マノア渓谷の熱帯雨林もやはり移入された植物が多く、巨大に育ったポトスやモンステラ、更にはバナナやコーヒーの樹もありました。

バナナ。
Dscf4097

コーヒー。
Dscf4145

その他目を楽しませてくれた植物coldsweats01
Dscf4095Dscf4130


Dscf4143Dscf4153


地面には、野生のオジギソウもありました。

アメリカ本土からやって来たようです。

そして、いきなりその時はやって来ましたconfident

朽ちかけた廃屋に差し掛かったところで同行者の高校生くらいの男の子が「Something leapssign01」と声を上げ、廃屋の床下に潜んでいたマダラヤドクガエル(Dendrobates auratus) を発見してくれたのですhappy01sign03
Dscf4190

Dscf4111

Dscf4116
マダラヤドクの中でもなかなか綺麗な個体ですねhappy01

暗がりにいた上に、逃げないように遠目から狙っているので、あまり綺麗には写っていませんが…sweat01

いや~、これで今回のツアーに参加した甲斐がありましたsign01

いくらそれなりの数が棲息していると言っても、こうやって限られた時間の中で出逢えるかどうかと言うのは運ですから、本当にラッキーだったと思います。

それと、日本から来たマニアックなオヤジの為に一緒になって探してくれたガイドさんと同行者のお蔭でもありますねconfident 有難い事ですhappy01


目的を達成した充足感に浸りながら、目的の滝に向かって登って行きましたが、どうやら前回のツアーとは目的地の滝も通るルートも違うようです。

マノア渓谷にはいくつかの滝があり、トレッキングルートもいくつかあるみたいですね。

また、ハワイの樹木は成長が早いせいか、いきなり倒れて道を塞ぐ事もあるらしく、微妙にルートが変わる事もあるようです。

↓こんな風に…
Dscf4101

前回のルートはトレイル・ランをしている人がいるくらいしっかりした道で、ツアー以外の一般客も多かったのですが、今回のルートは小川越えもある、割と険しい道で、我々の他には別のツアーの1グループしか出会いませんでした。
Dscf4140

そして竹薮の中をかき分けるようにして登って行き、
Dscf4147

ようやく目的の滝に到着。
前回のマノア滝よりは水量が少ないですが、落差はかなりのものです。
Dscf4170kako

ヤブ蚊対策に長袖長ズボンで参加したので、汗びっしょりになっていますcoldsweats01

此処でツチガエルのような地味なカエルを発見sign01
Dscf4182_2Dscf4184

これも移入種だろうと思い、後で調べてみると、Wrinkled Frogと言う名で1895年か96年に何と日本から持ち込まれたとのことなので、本当にツチガエルのようですcoldsweats01

帰り道もテリーさんはあちこちを探して「こう言う場所にヤドクガエルがいることが多い。」等と教えてくれましたconfident

往路でヤドクガエルを見つけた廃屋近辺迄戻って来ると、他のツアーのガイドがカエルを見つけたらしく、捜索の真っ最中でした。

近くに寄って行くと、彼が朽ちたトタン板を捲った瞬間、小さなカエルがジャンプして草むらに逃げ込むのが見えました。

一瞬の出来事でしたが、それは確かにマダラヤドクガエルでした。

撮影した個体よりは黒い部分が多いように見えたので、多分別個体でしょう。

と言う訳で、2匹目のドジョウならぬ2匹目のヤドクガエルは撮影出来ませんでしたが、1匹撮影出来た上にもう1匹見る事が出来たのだから、もう大満足ですhappy01

ショッピングやビーチばかりが取り上げられるオアフ島ですが、ホノルル近郊にこんな豊かな自然があるんですね。

偶には街や海だけでなく、山に行ってみるのもいいと思いますよ~happy01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

レプタイルズフィーバー

アオバズクの撮影の後、そのまま箕面の山に行こうかと思っていたのですが、かなり暑くなりそうだったのでsweat01、予定を変更して「レプタイルズフィーバー」に行ってみることにしましたhappy01

決断した時点で午前9時。
今から向かえばオーブンの10時に間に合うでしょうwink

まあ、特にお目当ての生体もいないし(これ以上の戦線拡大は無理coldsweats01)、焦ることもないのですが…confident

carで新御堂筋をひたすら南下し、ATCに到着したのが9時55分でした。

駐車場parkingに車を停め、ATCホールに向かうと、入場時刻を少し回った頃。

そこで目にしたのは長~い入場の列sweat01
ある程度は覚悟していましたが、実際に目にするとビビりますねcoldsweats01
思わず「ブラックアウト」の悪夢(あまりの行列に入場をあきらめた)が頭を過りましたcoldsweats01

それでも会場が広いせいか順調に入場の列は進み、5分ちょっとくらいで入場出来ましたhappy01

当然ながら会場内は多くの入場者でごった返していましたが、これも会場が広いおかげで、ショップを探して自由に動き回れるくらいの余裕はありました。

因みに写真はスマホで撮ったこれ1枚だけbleah
20160702fever

思い付きで来場しただけであまり長居しなかったし、撮影禁止の札を掲げたブースもあったのでね。

印象としてはイベント名の割にはフクモモなど哺乳類や、フクロウなどの猛禽類が目立っていたな…と。

それから、ぶりくらなどと違ってショップが出展しているので、イベント価格と言っても皆それなりの値段だったような気がします。

多分レア種などの高額生体の中にはお祭り価格で出ているものもあったんでしょうが、そう言う生体は完全に興味の対象外ですからbleah

まあ、出展者側も出店料と交通費を掛けているという事情もあるし、生体を売っているからにはイベントが安売りの場になってはいけないとも思いますが、例えば器具や餌などで何か目玉商品を作ってくれたらありがたいとも思いました。

それにしても、これだけイベントが増えているのに、皆大盛況だと言うのは本当に凄い事です。

個人的には、もう少しマイナーな趣味のままであって欲しいなんて思ってしまうのですがwink


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

公園のカワセミ…

今日、NHK総合の「ダーウィンが来たsign01」で都会のカワセミを特集していましたね。

山奥の清流に暮らしていると思われているカワセミが、実は都会の川や池に棲み始めているという内容で、住宅地に流れる小川のカワセミが子育てをする様子を追いかけていました。

確かにカワセミは清流に棲んでいるイメージが強いですが、実はカワセミが属しているショウビンの仲間は結構熱帯に多かったりするんですよね。

餌になる魚が沢山いれば、例えばお城の堀のような場所でも充分暮らせるんです。

番組では、住宅地に流れる小川のカワセミを何十人ものバードウォッチャーが望遠レンズを抱えて追いかける様が紹介されていて、まるでアイドルと追っかけ(パパラッチ?)みたいでしたねcoldsweats01

実はかくいう僕も、毎朝カワセミを追っかけていますbleah

と言っても、毎朝出勤する時に少し回り道をして近所の公園を散歩しているだけなんですが。

もともと運動不足解消の為に始めた散歩なのですが、公園の池の周りに各種のカモを始めとする野鳥がたくさんいるので、いつの間にかバードウォッチングまがいの散歩になり、ある時カワセミの撮影に成功してからは、何となくカワセミが目的の散歩になってしまったのですcoldsweats01

とは言え、通勤途中なので望遠レンズ付きの一眼と言う訳にはいかず(もともと持っていませんがbleah)、鞄に忍ばせる事が出来るコンデジ(RICOHのCX3)を使っての撮影です。

一応光学10.7倍ズームはついていますが、野鳥を撮影するにはあまりにも戦力不足。

しかもオートフォーカスで遠くの鳥にピントを合わせるのは至難の技ですsweat02

ところが、慣れと言うのは恐ろしいもので、最近はそれなりの写真が撮れるようになって来ましたhappy01

Rimg1699trimingこれが最初に撮影に成功した時の写真。

今年の3月に撮影したものです。

そして最近1ヵ月くらいに撮った写真の一部がこちらです。

Rimg6333Rimg6450Rimg6522


Rimg6801Rimg6948Rimg7391


Rimg7406Rimg7407_2Rimg7409


以前は週に1回遭えればいい…という感じだったのが、最近はほぼ毎日のように出会えていますhappy01

しかも割と近く(とは言っても7mくらいですが)の枝でじっとしていてくれる事も多く、まるで撮影会のように思う存分写真を撮れる日もありますhappy01

機材が貧弱なので、百枚くらい撮っても使えるのは数枚だったり、ピントが来ていても枝が被っていたり、ブレていたりいてがっかりすることもしばしばですが、コンデジでここまで撮れれば優秀じゃないかな?と自画自賛しています。

ひょっとするとカワセミの方でも、毎朝来るこの怪しいおっさんは危害を加えないとわかってくれたのかな?happy01

因みにこの池には3羽いることが確認出来ています。

Rimg6100Rimg7385こちらは2ショット写真。

全然ダメダメ写真ですけどねbleah

出勤前のほんの10分~15分のカワセミウォッチングですが、いい写真が撮れた(と思われる)朝は、何となく気分も高揚し、会社に行く気力も湧いて来るから不思議なものですconfident

春になったらペアリングや子育ての姿も見られたらいいな~なんて思っていますhappy01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

なんちゃってバードウォッチング

今年に入って運動不足解消の為に毎朝近所の公園を散歩していますhappy01

ただ歩くだけじゃ長続きしそうもないのでbleah、コンデジ(リコーCX3)を鞄に忍ばせ、公園の鳥達を撮影してきましたconfident

冬の間は公園の池も鴨達で賑わっていたのですが、春の到来とともに飛び立って行ってしまって、最近は寂しいことこの上ないです。

相変わらず色々な鳥の囀りは聞こえるし、時には姿を見かける事もありますが、いかんせん10倍ズーム程度のコンデジでは撮影出来る筈もありませんsad

観察時間も出勤前の20分程度に限られますしねcoldsweats01

まあ、それでもこの冬~春にかけて色々な野鳥達をカメラに収めることが出来たので、自分の為の記録を兼ねて紹介しておきます。

◇水辺の鳥達

カモの仲間 やはり、冬場の池はカラフルな鴨達が主役ですhappy01

マガモ
Photoもっとも一般的なカモですが、改めて見ると綺麗な羽色をしています。

 

 

 

ハシビロガモ
Photo_2Photo_3Photo_4公園の池で一番多く観察出来ました。

色彩も美しいし、ドナルドダックのような大きな嘴がユーモラスです。

ホシハジロ
Photo_5Photo_63このカモもよく見かけましたね。

赤茶色の頭をしていて可愛らしいカモです。

キンクロハジロ
Photo_7Photo_47Photo_48たまにしか見かけませんでしたが、白黒模様が目立つダンディーなカモです。

スズガモ
Photo_10これもたまにしか見ませんでした。

 

 

カルガモ
Photo_11Photo_12Photo_13これまたどこにでもいる普通のカモです。

今も池に居て子育てをしていますhappy01

カイツブリ
Photo_14Photo_15Photo_16こいつも目下子育て中wink
あまりにも貧弱な巣だったので、ちゃんと雛が孵るか心配してしまいましたcoldsweats01


4Photo_17Photo_18でも、無事に可愛い雛が2羽生まれて、すくすくと育っていますhappy01

カモ以外の水辺の鳥

オオバン
Photo_19Photo_20Photo_21白い嘴がよく目立ちます。

 

 

バン
Photo_22こちらは赤い嘴。

 

 

アオサギ
Photo_23Photo_24Photo_25数も多いし、体がでかい上に近づいてもあまり逃げないので写真を撮るのは簡単ですhappy01

ゴイサギ
Photo_26こいつも同じ理由で撮影は簡単。

何故か白鷺の仲間やアマサギはいないんだなあ。

カワウ
Photo_27Photo_28こいつも普通にいますね。

でも意外にろくな写真がなかったりしてcoldsweats01

カワセミ
Photo_29Photo_30真打ち登場sign01

公園でも一番被写体として人気がある鳥でしょう。

でもすばしっこいし用心深いから、コンデジで狙うのは本当に難しいですsweat01

山野の鳥達

シジュウカラ
Photo_31Photo_32Photo_33身近な鳥ですが、小さいしすばしっこいから撮るのは大変ですsweat01

Photo_34最近は巣立ち雛もピイピイ賑やかに鳴いていますhappy01

 

 

ヤマガラ
Photo_36Photo_38シジュウカラと比較すると警戒心が薄く、割と近くまで来てくれますhappy01

ただ、出会う機会は多くなかったですね。

エナガ
Photo_39チイチイ鳴きながらよく群れで移動しているのですが、すばしっこい上に木の茂みによくいるのでなかなか撮影出来ません。

 

メジロ
Photo_40Photo_41Photo_42こいつも群れでよく見かけますが、コンデジで捕えるのは至難の技です。

ウグイス
Photo_43囀りはよく聞くのですが、藪の中にいるので姿を見つけることもなかなか難しいです。

 

 

身近な鳥たちbleah

ムクドリ
Photo_44意外にコンデジで撮るのは難しいcoldsweats01

 

 

ヒヨドリ
Photo_45どこにでもいるし、鳴き声もうるさい。

まあ、桜込みのショットということでcoldsweats01

 

スズメ
Photo_46上に同じbleah

 

 

と、言う訳で大阪近郊の公園で朝20分程度の観察でも意外に色々な鳥に出会えるものですね。

一眼&超望遠レンズとかデジスコとかの本格的な機材と時間があればもっといい写真がたくさん撮れるのでしょうが、今のところそこまで凝ってみるつもりはないので…bleah

ただ、健康の為にも朝の散歩は続けるつもりですよ。

被写体が少なくなるのと夏の暑さが長続きの障壁となるような気がしているのは否定しませんが…coldsweats01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

久々に水槽の話題

いよいよ今日で正月休みも終わりですね~。

今年は特に短かった気がしますね。

まあ、何処にも出掛けなかった分、ゆっくりは出来たけど…。

例年になく気候が大荒れな年末年始だったので、旅行に出掛けていたら大変なことになっていたと思います。
特に山陰地方は大雪でしたから、車carで松江に帰省を試みていたら今頃どうなっていたかshock

今日、ふとみたら水槽の蛍光灯が切れていたので、新しいのに交換しました。

年末のうちにやっておけって事ですよねcoldsweats01

Photo_8蛍光灯を交換して照明が明るくなったので、久々に写真をアップ。

この水槽は上部フィルターが付いている熱帯魚飼育セットを使って立ち上げた、この部屋で一番古い水槽です。

上部フィルターでCO2も添加していないので、水草育成には全く向かないのですが、こちらのサイトを参考にしたりして、何とか維持しています。

底床は白い砂だけに見えますが、下に赤玉土を仕込んであり、蛍光灯は後で3灯式のものに変更しました。

水草はCO2添加なしでも育つバリスネリア、ミクロソリウム、アマゾンソードのみで、ミクロロソリウムは流木に活着させています。

最近ほとんど換水していないのですが、上手くバランスが取れて来たのか、サイアミーズ・フライングフォックスのおかげか、以前は散々悩まされた苔が今ではほとんど出ませんhappy01

Photo_2収容している魚は、カージナルテトラ、

Photo_3ラミーノーズテトラ、

Photo_4プリステラ、

 

 

Photo_5

マーブルハチェット、

Photo_7マーサハチェットなど、テトラ類。

以前はペルヴィカクロミスやアピストグラマを繁殖させたり、色々な魚を飼っていましたが、今ではポピュラー種に落ち着いています。

今ではあまり苔も出ないし、水草も頻繁なトリミングが不要な水草ばかりなので、一番手のかからない水槽です。
蒸発して減った分水を足すだけcoldsweats01

でも、意外にこの水槽が家族や来客に一番好評だったりします。

カージナルテトラとか、改めて見るとやっぱり綺麗ですもんね。

ポピュラー種にはやはり人気が出るだけの理由があるってことでしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)