日記・コラム・つぶやき

2017年9月23日 (土)

淀川河川敷でエゾビタキ、セッカ

今日はノビタキを撮りたいと思って、久々に淀川河川敷に出掛けました。

どの辺りを探索しようかと迷いましたが、手近な西中島近辺に行くことに。

8時過ぎに到着して、下流に向かって歩いて行くと、やたらとパトロールの車がいます。

不法投棄とかを見張っているのかな?と思いながら歩いていると、「シカを見ませんでしたか?」と声を掛けられました。

そう言えば、淀川河川敷でシカが目撃されたとニュースでやっていたなと思い出し、パトロールの車が多い事に合点が行きました。

「オスのシカですから、見つけても近付かないで下さい。」と注意され、警戒モードでの探鳥ですcoldsweats01

最初に出て来てくれたのは、エゾビタキ。

何とも無粋なロープ止まりですがcoldsweats01

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P9230006

しかも、何だか眠たそうな顔で、エゾビタキ本来のシュッとしたイケメンさがありませんcoldsweats01

ま、此処は大阪のど真ん中ですから、阪神ファンのおっさんって事にしときましょう(何じゃそりゃ)bleah

P9230007

P9230009


ハッカチョウも群れで飛び回っていました。
P9230017

…背の高い草むらで、スズメとは違う小鳥を見つけ、すわとばかりにカメラを向けると、目指すノビタキではなく、セッカでした。
P9230054

首を伸ばした姿は何だかユーモラス。
こいつもおっさんって事か(こら)coldsweats01
P9230038

セッカも久し振りだったので、いっぱい撮りましたcoldsweats01
P9230058

P9230059

P9230070

P9230072

P9230076

P9230077

OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

2時間ちょっと探索しましたが、結局ノビタキの姿は見つけられませんでしたdespair

午後からはこれまた久し振りに万博公園に行って来ましたが、イベントやらコンサートやらでやたらと人が多く、何と1度もシャッターを切らずじまい。

まさに骨折り損のくたびれもうけに終わってしまいましたsad


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

今日もコサメビタキなど @服部緑地…

今朝は曇り勝ちで、少々薄暗い朝でした。

最近の出勤前MF巡回は日本庭園と「ちかくの森」がメインでしたが、今朝は思い立って久々に新宮池を覗いてみることに。

そろそろ冬の水鳥達がやって来ていないかな?と思ったのですが、居たのはいつものカルガモとカイツブリくらいでした。

まだ朝早いので出て来ていないのかもしれませんが…。

結局、ここで撮影したのはカワセミ1羽。

P9200014

P9200019

少なくとももう1羽、鳴き交わしているカワセミがいましたが…。

その後、日本庭園を歩いていると、シジュウカラに混じってちょっと飛び方の違う鳥を見つけました。

確認してみたところ、コサメビタキ。

P9200024

P9200039

P9200055

P9200062

…桜の葉も少し色付き始めて、秋の気配を感じさせる写真になったかなwink

この後、ちかくの森も巡回しましたが、これと言った出逢いはなく、タイムオーバーとなりました。

そろそろ、クロツグミとかノゴマとか現れないかな~confident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

コサメビタキ @服部緑地…

台風一過の今日、朝から眩しい日差しが降り注いでいました。

取りあえずMFの状況を見に、服部緑地の巡回に出掛けました。

既に8時を過ぎていたので、片付けられた後だったかもしれませんが、大きな枝が落ちていることもなく、台風の爪痕はあまり感じられませんでした。

ただ、シナサワグルミなどの実や葉っぱは沢山路上に散乱していて、昨夜の風雨の激しさを物語っていました。

久々に訪れた菰ヶ池でカワセミを撮影。

P9180030

P9180033

その後、谷あいの原っぱの林で飛び回っているコサメビタキを発見。

P9180041

P9180043

P9180048

P9180053

P9180061

P9180090

P9180096

P9180099

帰りに寄ったいつもの水場でオオルリのメス?
P9180106

もう少し粘りたかったのですが、ここでまさかのバッテリー切れsad

しかも予備の電池も家に置き忘れていたので、やむなく撤収しましたdespair

因みに午後、ちょっとだけ箕面の山に出掛けてみましたが、これが見事なくらいに鳥の気配なしsweat02

流石に台風の直後だと鳥達も出て来ないんでしょうか…。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

嵐の前の探鳥…

今日は台風18号typhoonが接近中と言う事で、探鳥はもとより、外出は控えておこうと思っていましたが、10時頃になって雨も上がり、薄日が差してきたので、ちょっとだけ近所の服部緑地に出掛けてみることにしました。

森の水場に行ってみると、2名ばかり先客がいらしてましたが、鳥の出はよくなく、メジロ、シジュウカラが水浴びに来た程度despair

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P9170006

P9170014

この後、エナガの群れがやって来て、ちょっとした撮影タイムcoldsweats01

P9170020

P9170026

…お昼になったので、撮影を切り上げ、帰る途中に日本庭園に立ち寄ってみると、ちょこっとだけカワセミ君が相手をしてくれましたhappy01

P9170039

P9170040

OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

まあ、今日の所は思いがけず探鳥出来ただけでよしとしましょうcoldsweats01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

今日はカワセミとキビタキメス @服部緑地

今朝も出勤前のMF巡回。

コルリ&オオルリポイントは後回しにして、今朝は日本庭園にまず行ってみました。

すると、いましたsign01久々のカワセミ君happy01

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P9110006

P9110008

獲物をゲット。
P9110010

P9110013

P9110014

P9110020

P9110052

帰り際にコルリ&オオルリポイントに立ち寄ってみると、キビタキのメスが来ていました。
P9110060

P9110062

P9110065


OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

明日は朝から雨の予報なので、巡回はお休みかな…?


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

オオルリ、ヤブサメ、ムシクイ @服部緑地

今日もあまり期待せずに服部緑地に出掛けました。

昨日サンコウチョウを観察したポイントには既に数人のカメラマンが。

水場にシジュウカラやメジロが来ているな…と思って見ていると、青い羽根の鳥がやって来ました。

コルリかsign02と思って撮影してみると、どうやらオオルリの若のようです。

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P9100002

すぐに飛び立ってしまい、その後は姿を現しませんでした。

それから暫くして、ヤブサメが登場。
P9100008

P9100009

こちらもそれっきりなかなか出て来ませんでした。

それからやって来たのはオオルリのメスタイプかな?
P9100017

P9100018

P9100020

その後、パタリと出が悪くなったので、近くの林を探索しているとムシクイを発見。
P9100041

P9100043

P9100044

OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

頭央線がなく、脇に黄色味があるからメボソムシクイかな…

1時間ちょっとの観察でしたが、今日は全体に出が悪かったですね。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

サンコウチョウ @服部緑地

今朝は、久々にプチ遠征でもしようかとも思いましたが、此処というポイントが思い浮かばず、結局MFの服部緑地に出掛けることにしましたcoldsweats01

先週コルリを観察したポイントに行くと、既に2人のカメラマンがいて、状況を聞いてみると、シジュウカラが出ただけだとかsad …やっぱりコルリは抜けてしまったようですね。

それでもヤブサメは出て来るかも…と思いながら待っていると、上の方を探していた方が、「サンコウチョウsign01」と声を上げました。

慌ててみると確かにサンコウチョウがひらひらと飛び回っています。

尾羽は短いものの、オスのようです。

それからはあっちだこっちだと声を掛け合いながらの撮影大会coldsweats01

枝被りだったり、明るい背景にピントを持って行かれたり、色々と苦労しましたが、何とか数枚使える写真が撮れました。

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P9090044

P9090046

P9090059

P9090071

P9090187

P9090263

P9090316

P9090324

P9090325

P9090342

OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

…結果的に、近場の服部緑地を選択して大正解でしたhappy01

現地でお世話になった方々、ありがとうございましたm(_ _)m


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年ハワイの旅② 野生のマダラヤドクガエル(移入種)に遭遇!

さて、滞在4日目。いよいよ「オハナ熱帯雨林ハイキング」に参加する日です。

家族で参加するのは初めてですが、僕自身は昨年に続いて2年連続、更には、3年前に「マノア滝ハイキングツアー」と言う同じようなツアーに参加しているので、実質3回目になりますcoldsweats01

前回は、めでたく野生のマダラヤドクガエルを観察出来たので、今回も出逢えるといいなあ…と淡い期待を抱きながらの参加です。

因みに何故ハワイにヤドクガエルが棲息しているかと言うと、1932年にヤブ蚊退治目的でパナマから持ち込まれたのが定着しているから。

そもそもハワイの原生種と言える動植物は少なくて、熱帯雨林を構成している植物もかなりの種類が人もしくは鳥によって持ち込まれた移入種なんですね。

それが植物の育成に最適な気候と、海に隔てられた島と言う条件が重なって、他に類を見ない独特の植生を形成するに至ったという事のようです。

能書きはこれくらいにして、定刻にホテルにお迎えの車が来て、無事にツアーのスタートです。

日本語ガイドが同行しないプランなので、日本人は我々のみ。

同行者はオーストラリアから来たカップルと現地で合流してきたLA在住の老夫婦の4人。
ガイドはERIKAと言う女性でした。

さて、ハイキングのスタート地点に到着し、「何か質問は?」と聞かれたので、昨年と同じく「ジャクソンカメレオンは見られるか?」と聞いてみたところ、「No.色んな所にいることはいるんだろうけど、私自身見たことはないわ。」との返答。

…う~ん、やっぱり。去年と同じ趣旨の回答でした。

スタートしてすぐに、カバイロハッカCommon MynaやシリアカヒヨドリRed-bented Bulbulとはちょっと違う感じのヒヨドリ大の鳥を発見。

おお、アカハラシキチョウWhite-rumped Shamaではないですかsign01
Dscf1525

3年前に観察して以来、2度目のご対面です。

途中、昨年マダラヤドクを見つけた廃墟で探して見たものの、残念ながら姿を見ることはなく、本格的な山道に入って行きました。

ちょっと雨に降られたものの、すぐに天候も回復し、無事に目的地の滝に到着。
Dscf1558

数日前の暴風雨で大木が倒れてしまっていて、ガイドもびっくりしていました。
Dscf1559

ここまで予定以上に時間を費やしてしまったようで、帰りはガイドが老夫婦のケアに当たり、我々家族とオーストラリアのカップルが先行して歩いて行くことに。

荷物になるのにデジイチ(Nikon D5500)を持参した娘が撮った写真も載せときましょうwink
1504786084902

1504786079402

1504786074499

1504786089027

バナナとかジンジャーの仲間とか、皆外来種ですcoldsweats01

さて、道をロストすることもなく、順調にマダラヤドクポイントの廃墟近辺まで辿り着きました。

後続が追いついてくるまでの時間を利用して改めて探索してみると、綺麗なマダラヤドクガエルがピョンと跳ねるのを発見sign01
残念ながらすぐに隠れてしまったので、撮影は出来なかったものの、昨年に続いて野生のヤドクガエルを見ることが出来ました(移入種ですけど)。

それから少し歩いた所で嫁さんが「小さいのがいたsign01」と声を上げたので、慌てて確認すると、指差す草むらにさっきより小さいカエルがsign01 嫁さんGood Jobsign03
Dscf1570

せっかくの機会なので、確保してじっくり撮影させてもらいました。
Dscf1576

Dscf1571

もちろん、撮影させてもらった後はすぐに解放しましたよ。
ガイドさんに見せると驚いた様子で「そのペットボトルに入れて持って帰ったら?」とhappy01

いやいや、もちろんジョークでしょうがねcoldsweats01

と、言う事で、今年も首尾よくマダラヤドクガエルを観察する事が出来て、2年連続で同じツアーに参加した甲斐がありましたhappy01

この後、ホテルに戻り、午後は家族でホノルル動物園へ。

残念ながら爬虫類館が工事中で見られませんでしたが、ホノルル市内にこんなに人が少ない静かな場所があるんだ(駄目じゃんcoldsweats01)と思えるくらい、まったりした時間を過ごせましたbleah

ただ、日差しが強く、暑いせいか、動物達はどいつもこいつも昼寝中で、あまりモデルにはならなかったですねsweat02

ダイヤモンドヘッドが妙に馴染んで、アフリカの岩山に見えますcoldsweats01
Dsc_1654

Dscf1614


コモドオオトカゲ
Dscf1648

Dscf1650

White-Headed Buffalo Weaver(シロガシラウシハタオリ)
Dscf1642

Superb-Starling(ツキノワテリムク)
Dscf1639


まあ、全体的に、動物達がゆったりしていて、長閑な感じがよろしいんじゃないでしょうか。

少々寂れているとも言いますが…bleah

さて、翌5日目は、また単独行動で、僕はホテルやビーチでのんびり過ごさせてもらいましたhappy01

ホテルのビーチから眺めた最後の夕日
Dsc_1682

そして、6日目の14時20分発のハワイアン航空でホノルルを発ち、翌日18時20分に関空に到着。家に帰り着いて生体達全ての無事を確認し、めでたくこの夏の家族旅行が終了したのです

以上、取り急ぎまとめた旅行記でした~confident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

2017年ハワイの旅① ワイキキ水族館とか

さて、ぼちぼちと今回の旅行について書いていきましょうかね。

特に目新しい情報も参考になる話もないとは思いますが、日々衰えて行く記憶力を補う為には大切な作業なんですcoldsweats01

行き先は前にも書いたようにオアフ島ホノルルステイ(5泊)。
8月末~9月頭と言う少し繁忙期のピークを過ぎた日程だったので、前回よりはお安くなったようです(詳細は嫁さんまかせなのでようわからんcoldsweats01)。

懸命にショッピング情報をチェックする嫁さんと娘を横目に見ながら、僕は特にやりたい事もないので、ひたすらのんびり過ごそうかな…と考えていました。
せいぜい1回ゴルフするくらいかな…と。

なので、今回はカメラcameraも持って行かず、XPERIAだけで済まそうと思っていたのですが、娘が「1日くらいハイキングに行ってみてもいいな。」と言い出したので、昨年参加した「オハナ熱帯雨林ハイキング」に家族で申し込む事にしたのです。

と、言う事は、カメラcameraも持参した方がいいけれど、流石にOM-D E-M5 Mark Ⅱと300mmF4の組合せは荷物になるし、雨に降られるリスクもあるので(いくら防塵防滴とは言っても)、久々にFINEPIX HS50 EXRを引っ張り出して持って行く事にしました。

まあ、こいつならそれなりに野鳥も撮れるし、万が一雨や泥で汚れてもそもそもお蔵入りなんだからいいかな…と(すまんcoldsweats01)。

ついでに、同じくVELTRAで送迎付きゴルフツアーを1人で申し込み、滞在期間中の2日の行動予定を決めたところで出発日を迎えました。

今回のフライトairplaneはハワイアン航空。

関空を夜9時に出発して、同日の朝10時過ぎにホノルルに到着しました。

ホテルのチェックインには早い為、アラモアナセンターで昼食を摂って、夕方迄時間を潰しました。

当然家族はショッピング、僕は本屋で立ち読みしたり、スタバでお茶したりcoldsweats01

ただ、この日は雨模様rainだったので、ホテルに早く行っても部屋に籠もるくらいしか出来なかったので結果オーライでした。

翌日は午前中プールや海でのんびりし、午後はワイキキ水族館を訪問(ここも何だかんだ言って毎回行ってる)。

やっぱり自然光を取り入れた水槽はいいですね。写真では再現し難いけど。
Dscf1335

規模も大きくないし、取り立てて珍しい魚がいる訳でもないのですが、ゆる~い雰囲気が何とも心地よいんですよねconfident

過去の目玉、レアな高級魚coldsweats01ペパーミントエンゼルの遺影?です。
Dscf1340

FINEPIXも持っていったのですが、XPERIAで動画撮影しました。

今回はタツノオトシゴ他ヨウジウオの仲間が充実していましたね。

ウィーディーシードラゴン

タツノオトシゴ

オイランヨウジ

何故か淡水魚のレッドアロワナとポルカドット・スティングレーもcoldsweats01
Dsc_1606_2


水族館を出たところでブラウン・アノールに遭遇。
Dscf1388

接近すると、デュラップを拡げて威嚇してきました。
Dscf1389

この後、トロリーでダイヤモンドヘッドを経由して市内に戻りました。
Dscf1399

翌3日目は、午前中ビーチや公園でのんびり過ごして、午後からゴルフgolf

コーラルクリーク・ゴルフコースでのプレーでしたが、距離表示がちょっと判り辛いのを除けば、フェアウエイもそこそこ広く、回りやすいコースだと思いますconfident

どうせ、貸しクラブだし、スコアとかはどうでもいいんですbleah
Dsc_1647

Golfcoralcreek2017

日焼け対策していたつもりだったんですが、やっぱり焼けちゃいましたね…sweat01


まあ、そんなこんなでまったりと日々は過ぎて行き、明日はいよいよ家族で「オハナ熱帯雨林ハイキング」です。

…長くなったので続きますbleah


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

コルリ、ヤブサメ、エゾムシクイなど @服部緑地

昨夜、旅行から戻ってきたのですが、今日は時差ボケ解消の為、休暇を取得していますconfident

案の定、朝6時には目が覚めたので、久々の服部緑地巡回に出掛けました。

情報によると、週末にコルリの若が出ているらしいので、まずはちかくの森の端の水場に行ってみました。

「此処は暗くて条件が厳しい上にヤブ蚊も多いんだよなあ…」などと思いつつ、待つこと暫し、コルリの若が出て来てくれました~happy01

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P9050066

若いオスです。

遠いのと暗いので、なかなか鮮明な写真は撮れませんでしたが…despair

P9050067

P9050104

P9050108

P9050110_3

P9050111

P9050114

ヤブサメも出て来ました。
P9050080

P9050084

P9050085

ある程度撮影出来たので、日本庭園に行くといつものカワセミ君がhappy01
P9050139

その後山ヶ池の方に飛んで行ったので、追いかけていくと、近くの枝にムシクイが止まっていました。
P9050262

全く鳴かないので、鳴き声での判別が出来ないのが辛いところですが、

・頭央線がない。

・全体に灰褐色で、黄色味、緑色味が少ない。

・腹部、尾羽下面も緑色味がない。

・脚がピンク色味が強い。

・微かに2本の白い翼帯がある。

P9050234

P9050235

・下嘴がピンク色っぽい。
P9050199

P9050211

…と、以上の点を総合して、エゾムシクイと判定しました。

P9050253

OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

と、言うことで、久々の服部緑地巡回はなかなか収穫の多い探鳥となりましたhappy01

やっぱり、タイムリミットがないのが大きいですねwink

P.S.帰りにコルリポイントに再度立ち寄ったら、爺さんがせっせと餌撒きをしていましたsad

一応、柵の中は立ち入り禁止になっている筈なんですがね…。

餌付けをして、「此処の鳥は俺が呼び寄せているんやsign01」と思い込むタイプの人が多いのはちょっと残念な気がします。

…明日は雨模様だから、出勤前の巡回は難しいかな?






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧