ニュース

2018年2月 1日 (木)

スーパーブルーブラッドムーン 

2018年1月31日は「スーパーブルーブラッドムーン」なるものが観測出来る特別な日らしい…とのことでした。

何とも胡散臭そうなcoldsweats01、仰々しいネーミングですが、一応根拠?はあって、「スーパームーン」は月の距離が地球に最も近くなり、大きく見える月、「ブルームーン」は月に2度目の満月、「ブラッドムーン」は皆既月食によって赤っぽく見える月のことだそうです。

観測される頻度としては、「スーパームーン」が年4~6回、「ブルームーン」は2年8ヶ月に1回、「ブラッドムーン」は年2回以上あり、それが全て重なるのは日本では約36年振り(アメリカなどでは150年振り)だけど、計算上は265年に1度の確率になるんだそうな。

まあ、「ブルームーン」は約29.5日周期の月齢と太陽暦(グレゴリオ暦)の関係でなかなか実現しないと言うことでしょうが、単に観測する上では「スーパーブラッドムーン」、つまり皆既月食が大きく見えるって事が価値があるんでしょうね。

それにしても、「ブルーブラッドムーン」って、ガメラかいsign01って突っ込みたくなる名前ですね(あ、ガメラの血は緑でしたっけ…って古過ぎてわからんか)coldsweats01

因みに皆既月食で赤く見えるのは地球の大気による屈折のせいです。

まあ、能書き?はこれくらいにして、そんな珍しくありがたい天体ショーなら撮影するしかないsign01と、OM-D E-M1 MarkⅡを構えて月食撮影に挑戦してみましたconfident

と、言っても、実のところ当日のニュースを見て思いつき、ベランダに出て撮っただけですけどbleah

そもそも天体撮影には三脚が欠かせないのですが、普段は手持ちで野鳥撮影しているので、手元にはコンデジを使っていた頃に買ったトラベル三脚しかなく、どう見ても役不足なのが気掛かりですが、いざとなればOM-D E-M1 MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROには強力な手振れ補正があるから何とかなるだろう…と軽い気持ちでスタートしました。

20時48分から欠け始めるとのことだったので、まずは欠け始めを撮影。

マニュアル撮影モードを選択し、まずはISO200、F5.6、SS1/320秒で撮影しました。

ホワイトバランスは、直前にネットで調べた結果、WBオートと蛍光灯(4000K)の両方で撮ってみることにしました。

以下の写真は左がWBオート、右が4000Kです。

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P1310024reP1310026re

10分後。設定は同じです。
P1310034reP1310031re

20分後。これも同じ設定。
P1310035_1P1310038_2

30分後。ISOを400に上げました。
P1310044_2P1310047_1


40分後。この頃から薄雲がかかり始め、急激に暗くなりました。
もうAFは全く使えず、MFで対応しています。
左はISO800でSS1/125秒、右はISO400で1/200秒。
P1310058P1310051


もうほとんど雲の中で肉眼でも見え辛くなってしまいましたsweat01右の方はISO1600でSS1/60秒ですが、左はISO4000でSS1/8秒迄落としました。
P1310088re_2P1310074_2

暫くして、雲の切れ間から出て来たところを撮影したもの。
左はISO3200でSS1/2秒、右はISO4000でSS1/3秒です。
P1310129P1310138


こうして見ると、WB4000Kの方が見た目に近いですかね。

と言う事で、これが僕の撮ったスーパーブルーブラッドムーンですcoldsweats01
P1310138_2

OM-D E-M1 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
F5.6 SS1/3秒 ISO4000

正直、ピントもブレも微妙な写真ですが、何枚も撮った中で何とか使えそうなのがこの1枚と言うことでcoldsweats01

露出とコントラストは少々補正していますが、色はいじっていません。

肉眼ではもっと暗かったけど、色はこんな感じだったんじゃないですかね。

今回撮影してみて痛感したのは、やっぱりちゃんと撮るにはしっかり準備しないと駄目だということ(当たり前や)。

途中から設定がバラバラになっているところに昨夜の混乱ぶりが表れていますねcoldsweats01

当初、月が明るい内はAFも使えるしSSも速いので楽勝だったのですが、暗くなったらAFも効かないし、光量も圧倒的に不足だし、本当に焦ってしまいましたsweat02 …まあ、途中雲がかかったというのもあったのですが。

感度を上げ過ぎるとノイズも増えるから…と、2秒とかのスローシャッターとセルフタイマーの組合せも使ってみたのですが、案の定三脚が頼りなくてブレてしまうので、結局はISO感度を上げてSSを1/3秒ぐらいに設定し、ままよと手持ちでシャッターを切ったんですbleah

本当なら、しっかりした三脚に据えて、明るいうちにMFでピントをきっちり合わせておき、ピントリングを固定した上でスマホ連動でシャッターを切るとかしないと駄目ですね。

「後悔先に立たず」とはまさにこの事ですが、それでも普段使わない設定を色々試せたのでそれなりにいい経験になったと思います。

でも、果たして僕の生きている間にこの経験が活かされる日が来るんでしょうか…coldsweats01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

素晴らしい快挙!!

いや~、ラグビー日本代表・エディージャパン、やってくれましたね~sign03

あの南アフリカ代表を、テストマッチでなく本番のW杯で破るなんて、だれが想像した事か。

スポーツを観戦するのが好きで、50年以上色々な試合を見て来ましたが、こんなびっくりした事はかつてなかった気がします。

まあ、スポーツの世界では色々な番狂わせが日常茶飯事のように起きてはいますが、僕が応援しているチームが信じられない勝利を挙げたと言うケースの中では、85年の阪神優勝とか、96年のアトランタ五輪の「マイアミの奇跡」を遥かに凌ぐ快挙じゃないでしょうか。

つまりは僕の記憶している範囲では最大、最高の大金星sign03

そもそも、コンタクトスポーツであるラグビーは、番狂わせの起きやすいサッカーや野球と違って、地力の違いがそのまま結果に表れてしまう傾向が強いと思います。

ですから、格上のチームに善戦する事は出来ても、勝ち切る事は相当難しい筈なんですよね…。

当然、南アフリカのチーム状況もベストじゃなかっただろうし、色々ミスも多かったんだろうし、もう一度対戦したら流石に勝てないかな…とも思うのですが、とにかく、W杯の本番で勝ったと言うことは動かしがたい事実ですからねsign03

あまりにもびっくりし、感動したので、ちょっとイレギュラーなネタですが、記事にしてしまいましたhappy01

是非是非予選プールを勝ち抜いて、目標のベスト8を勝ち取って欲しいものだと思いますhappy01

頑張れsign01 エディー・ジャパンsign03

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

iZooで凄い事が!

ちょっと情報が古いですが(僕はたった今知りましたcoldsweats01)、iZooでボルネオミミナシオオトカゲが孵化したそうですねsign03

昨日付けの地元の伊豆新聞の記事がネットで拾えたので、こちらにリンクを貼っておきます(一定期間過ぎたらリンクは切れてしまうでしょうがsweat02)。

著作権の問題もあるので、コピペは出来ませんがcoldsweats01、2匹のメスが6個ずつ産んだ卵を、28℃で6個、27℃、26℃でそれぞれ3個ずつ孵卵器で保管したところ、27℃の卵が82日目(12月7日)にして孵ったと言うことですhappy01

白輪園長は「27℃で82~83日程度で孵化することが判っただけでも大きな成果。」と仰っていますが、本当にそうですよね。

記事には可愛い赤ちゃんの写真も載っています。
基本的には成体と同じ姿形ですが、尻尾や横腹に斑紋があるのが幼体独自の特徴のようです。

幻の生き物、ボルネオミミナシオオトカゲですから当然幼体の映像や資料もないわけで、今後育成していく過程の記録がとてつもなく貴重なデータになっていきますねconfident

iZooでは先頃、ヒロオビフィジーイグアナの産卵にも成功していて、その業績にはただただ「凄いsign01」と言う感想しか出てこないですcoldsweats02

ボルネオミミナシオオトカゲの赤ちゃんは孵卵器に入れた状態で一般公開されるそうです。

ああ、見に行きたいsign03 

でも、ちょっと遠いんだよなあ…sweat01

去年行った時は、ボルネオミミナシオオトカゲは尻尾しか見られなかったしcoldsweats01

どうせ行くなら今度はあわしまマリンパークのかえる館にも行ってみたい…などと思いを馳せながら会社で妄想しておりましたbleah

あ、この記事は昼休みに投稿してますからねsign01coldsweats01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

今年、一番印象に残ったニュースと言えば…

やっぱり、「絶滅種とされていたクニマスの生存確認」でしょう。

70年前に絶滅したとされていたクニマスの生存が、田沢湖から遠く離れた西湖で見つかったというのには本当にびっくりさせられました。

そして、その発見の立役者があのさかなクンだったというのにもびっくり。

依頼されたイラストの参考に取り寄せたヒメマス(水揚げされたもの)を見て、「これはクニマスじゃないかsign02」と見破ったんですから、その観察眼の鋭さ、知識の確かさには本当に舌を巻く思いです。

現在、地球上から日に日に生物が滅びていき、種が途絶えている中で、久々に夢を感じさせてくれるいいニュースでした。

願わくは、西湖のクニマスがいなくなるような愚かな事はして欲しくありませんね。
あれから西湖には釣り人が殺到しているそうですから、早急な保護対策をして欲しいものです。

田沢湖のクニマスが滅んだのも、70年前に発電の為に強酸性の川の水を流し込んだせいらしいですから、生物の滅亡の裏には必ず人間の愚かな所業があると言えます。

あと、印象に残ったいいニュースはやはり「はやぶさの帰還」でしょう。

これも科学の可能性と宇宙の神秘を再認識させてくれたいいニュースでした。

一般的には「チリの落盤事故」や「サッカーワールドカップ」などが上位を占めるのでしょうが、ひねくれ者の僕としてはcoldsweats01、やっぱりこの2つのニュースを推したいと思います。

Photo_13

 

 

 
  

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村


ブログネタ:
2010年、一番あなたの印象に残ったニュースは?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

嬉しいニュース

パプアニューギニアで新種のカエルやヤモリが発見されたとか。

[ワシントン 25日 ロイター] パプアニューギニアで、ジャンプするクモや甲高い鳴き声のカエル、しま模様のヤモリなど50種類以上の新種とみられる生物が発見されていたことが分かった。環境団体コンサベーション・インターナショナルが24日に発表した。

 同団体の声明によると、これらの新種は、ニューギニアの高地で7月と8月に行われた探検で見つかった。

 今回発見された、クモ50種、植物2種、カエル3種、ヤモリ1種はすべて新種の可能性が高いとされる。Photo

 3種のカエルは、甲高い鳴き声を発する小型で茶色のカエルと、大きな目をした緑色のアマガエル、けたたましい電話の呼び出し音のような鳴き声の急流に生息するカエルだという。

つい先ごろ、日本の佐渡島でも新種のカエルが認定されましたが、これだけまとまった種類が新種と認定されるのは凄い事ですねhappy01
アマガエルも目がクリクリしていて可愛いしlovely
やはり、手付かずの自然が残っているのって素晴らしい事ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)