« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月27日 (月)

ヤドクガエルベビー達のお引越し…

マダラヤドクガエル エル・コペ(Dendrobates auratus 'El Cope')のベビー達が増えて来たので、この度広いケージに引越しさせました。

引越させたのは水作のグラスガーデンW450と言うセット水槽。

3311051

実は、行きつけの大型ペットショップのビンゴ大会の賞品で貰ったものですcoldsweats01

ここのビンゴ大会はなかなか太っ腹で、現在マダラヤドクを飼育しているグラステラリウム3030もこのビンゴ大会で当たったものだし、このビンゴ大会かきっかけでファットテールジャービルをお迎えした…なんて事も過去にありました。

今回のビンゴでも、くじ運自体はあまり良くなくて、42番目での当たりだったのですが、皆犬猫用品を選んでいくので、その順番でもまだこの水槽セットが残っていたと言う訳。

実のところ、60cm水槽も残っていたのですが、流石にそれは置き場所にも困るのでパス。この水槽ならヤドクベビーの幼稚園にも流用出来るだろうと思って貰って来たのです。

ただ、あまり深く考えずに貰って来たものの(参加者が多い為選ぶ時間が限られているので)、当然ながらそのままではヤドクガエル飼育には使えません。

一番ネックだったのは、ガラス蓋。

元々が観賞魚用の水槽ですから、普通にセッティングすると蓋の周囲に5mm位の隙間が空くようになっているのです。
Rimg25075

このままではカエルはともかく、餌のショウジョウバエは脱走し放題なので、何とかしないといけません。

そこで色々と考えて、隙間をこれで塞ぐことにしました。
Rimg25076

これなら、ハエの脱走も防げるし、多少は通気も確保できるでしょう。
Rimg25077

コーナーはステンレスメッシュで塞ぎました。

反対側のコーナーは排水用のチューブを通して、同様にメッシュで塞いでいます。
Rimg25110

後は、ソイルを敷いて、ヤドクケージで殖えたブロメリアの子株やホマロメナ、ポトス、ウィローモスなどを植えて、ヤドクベビーの幼稚園の出来上がり…と。

そうそう、試しにこれを蒔いて一週間程置いておいたら、ちゃんと生えて来ました。
Rimg25115

Rimg25090

まあ、当たり前なんですが、やっぱり芽が出ると嬉しいもんです。

さて、マダラヤドクのベビーは、現在6匹。

これまでも記事にしたように、上陸間近になってきたら上陸用のプラケに移して上陸させ、そのままキープしているので、さすがに手狭になってきたのです。

因みに6番目のベビーは、まだ上陸用のセッティングにしなくても大丈夫だろうと思っていたら、オタマ用茶漉しを浮かべている熱帯魚水槽内でさっさと上陸していて、びっくりしました。
Rimg25073

発見が遅かったら脱走されていたか、溺れてしまったか、いずれにしても死なせてしまっていた事でしょうsweat01

水草がボーボーに繁茂していてよかったですcoldsweats01

さて、今回幼稚園に引っ越すにあたって改めて点呼?と撮影を行いました。

こいつが1番目、長男?です。

他の個体と比べて体も一廻り大きいです。
Rimg25098

No.2
Rimg25093

No.3
Rimg25094

No.4
Rimg25095

No.5
Rimg25097

No.6
Rimg25096

ケージも広くなって、余裕が出来たので、暫くは大丈夫でしょうが、通気はあまりよくなさそうなので、ちょっと夏場が心配かな…

Rimg25105

Rimg25139

餌を入れたら6匹とも出て来たので動画も撮ってみました。

前面の水滴が邪魔ですけど…coldsweats01

…当面はこの幼稚園でキープしていこうと思いますconfident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

箕面記念の森でカケスなど…

今日は天気が崩れる予報でしたが、朝起きると晴れていたので箕面の山に出掛けてみました。

「みのお記念の森公園」に着くと、まずは花の谷へ。

アオジやホオジロ、シジュウカラがいましたが、小さい池でエナガが水浴びしているのを見つけました。
P3260009

P3260042

P3260037

P3260058

ここではニホンリスも。
P3260070


芝生広場の方へ上がって行く途中、数十羽の小鳥が移動していくのが見えました。

アトリかな?と思いながら追って行くと、どこからかカケスが出現。
P3260080

今日は割と見やすい箇所を移動していたので、かなりの枚数撮れましたhappy01

P3260104

P3260090

P3260110

P3260114

P3260121

カケスを撮影した後、小鳥の群れの後を追ってみると、やはりアトリでした。
P3260127

P3260126

この辺りではルリビタキのメスが盛んに自己主張していました。
P3260134

P3260137

その他、林の中でミソサザイも見つけましたが、すばしっこく移動するもんだから後姿の証拠写真のみsweat02
P3250046

いや~、手強いcoldsweats01

全体的にはパッとしなかったけれど、カケスが相手をしてくれたおかげでそこそこ楽しむことが出来ました~happy01

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

今朝の服部緑地…

今朝の出勤前巡回。

新宮池でカワセミが2羽、近い場所に止まっていました。

オスらしき個体
P3230009

メスらしき個体
P3230037

オス?がチーイと鳴くと、タイミングを合わせてメス?がチッと鳴くという具合に鳴き交わしていたので、カップルになるのも近いかな?

ペアリング~子育てが観察出来るといいんですがね。

谷あいの原っぱへ移動すると、アトリが数羽、地上で餌を啄んでいました。

中に真っ黒な頭のオスを発見。
P3230052

これは夏羽ですよね。
冬羽なら左の個体のようにグレーになる筈。
P3230041

何らかの理由で換羽しなかったんでしょうかね。
P3230065

P3230051

この冬は此処でよく観察されたアトリですが、そろそろ移動していく日も近いかな…confident

小鳥の森ではアトリとアオジ。
P3230074

日本民家集落博物館で地上で採餌するシメを観察しました(柵の間からねcoldsweats01)。
P3230078

P3230081

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

…まだ桜cherryblossomの蕾は固いですが、もう1週間もするとちらほら咲き出すんでしょうねwink


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

和泉葛城山のオオマシコ…

今日は頑張って和泉葛城山迄遠征して来ました。

もちろん、狙いはオオマシコ。

春になって抜けてしまう前に是非とも真っ赤なオオマシコを見てみたいと思ったのです。

僕が思うに日本の野鳥の中でもトップクラスの美しい鳥ですからねwink

先にネタバラシすると、無事撮影出来ました~sign03
P3200479t

よかった~、何とか間に合いましたhappy01

 

北摂を拠点にしている僕からすると、和泉葛城山は全く土地勘も無く、不安でいっぱいでしたが、Google mapの案内で無事辿り着くことが出来ました(何故かカーナビでは和歌山経由のルートしか案内されなかったsweat01)。

所要時間は1時間半程。思ったより近かったですねconfident

阪和道の岸和田和泉ICで下りて府道40号線を通って行ったのですが、山頂に登る林道は本当に山頂まで辿り着けるのか…と不安になるような細い道でしたsweat02

公道ではなく管理用道路だからカーナビに出なかったのかな。…でも和歌山経由だとたっぷり2時間かかるんですよねsweat01

9時過ぎに山頂に到着すると、既に数十人のカメラマンが囲んでいたので、ポイントはすぐにわかりました。

先客に伺うと、オオマシコは既に一度出て来ているとの事。
「お願いだから出て来てくれよ…」と念じながら待つこと暫し。

まずはウソとカシラダカがやって来ました。

ウソは頬の赤いオスはいなくて、メスばかりでしたが、何気にこれまでちゃんと撮影する機会がなかったので、これも嬉しい出逢いconfident
P3200057

P3200074

P3200079

P3200161

カシラダカ
P3200020_2

P3200313t

アオジもいました。
P3200141

1群が飛び去ってから暫く合間が空いて、やがて念願のオオマシコがやって来ました。
P3200226

ただ、群れの中に赤いオスはおらず、メス(あるいは若鳥)ばかり。
P3200282

P3200234

 

この1群が飛び去った後、また暫く空白時間があり、不安が頭をもたげ始めた頃、ようやく真打ちが登場してくれましたhappy01
P3200353t

上の方の枝に止まってなかなか降りて来ないので、万が一そのまま飛び去ってしまった場合に備えて必死に枝の隙間を縫って「押さえ」の写真を撮りましたcoldsweats01
P3200369t

幸い、不安は杞憂に終わり、オスも降りて来てくれましたsign01
P3200376t

P3200383t

いやあ、本当に綺麗な鳥ですね~heart
P3200389t

メス?との2ショット
P3200445t

P3200462t

念願のオオマシコですから、いっぱい貼っときますcoldsweats01
P3200511t

P3200535t

P3200573t

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14


折角ここまで来たのだからもう少し粘って次のステージを待とうかとも思いましたが、既に500枚以上シャッターを切ったし、オスも撮影出来たので下山する事にしました。

滞在時間は2時間弱と言ったところでしょうか。

因みに天気は快晴sunでしたが、霞がかかっていたのか、頂上からの展望はイマイチでしたthink
それからスギ花粉もかなり飛んでいましたねsweat01

 
まあ、何はともあれ、念願のオオマシコ撮影が叶ったので、思い切って出掛けた甲斐がありました~happy01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

カワガラスの親子 @箕面川

今日は箕面ビジターセンターに行って来ました。

まだ駐車場parkingがオープンしていない時刻だったので、大日駐車場parkingに車carを置いて、川沿いを探索しながら歩いてビジターセンターへ。

先週はルリビタキが迎えてくれましたが、今日は見当たらず、目に付くのはシジュウカラだけ。

カケスも遠くで声は聞こえましたが、全く姿は見えません。

つまりはボウズ状況sweat02

仕方ないので、記念の森公園にでも転進するかと、駐車場parkingに向けて引き返す事に。

途中、2ヶ所でミソサザイの姿を見かけたのですが、すぐに見失ってしまい、撮影することは出来ませんでしたsad

「今日は収穫なしか…」と思いながらさらに下りて行くと、駐車場parkingの少し上でカメラマンが数名撮影しているのに出くわしました。

聞くと、カワガラスの雛が出ているとのこと。

嬉しい、ボウズを免れました~sign01
P3180002

※白いのは雪ではなく、泡ですcoldsweats01

見る限り、雛は2羽。

急流に流されない様に川べりを伝ってよちよち歩いていました。
P3180012

P3180145

2羽の雛は離れた場所にいたので、2ショットは撮れませんでした。

やがて親鳥が近くにやって来たらしく、猛アピール開始。
P3180059

P3180058

そして、めでたく餌をもらいましたhappy01
P3180075

P3180076

P3180077

P3180079

その後、親鳥は巣があると思しき場所に入って行っては落ち葉を咥えて出て来るという行動を繰り返していましたが、あれは一体何だったんでしょうか。

巣の入口を掃除していたのかな?
P3180120

P3180123

P3180127

P3180173

P3180135

雛の写真をもう少し貼っておきましょうconfident

無事巣立ちを迎えられてよかったねwink
P3180196

P3180113

P3180118

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

と、言う事で、最後にカワガラスの親子を撮影出来たので、記念の森公園への転進はやめにして、帰途に着いたのでしたconfident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ルリビタキ、ミヤマホオジロ @摂津峡

今日は今まで足を運んだことのない、摂津峡に行ってみることにしました(正確には摂津峡のすぐ下流の芥川には何度か川遊びで訪れているんですが…)。

下の口の駐車場parkingに車carを停め、桜公園からキャンプ場へと歩いて上がって行きます。

キャンプ場の下でアオゲラが鳴きながら飛んで来て、近くの木に止まったのですが、すぐに飛び去ってしまったので証拠写真しか撮れませんでしたsad
P3120001

P3120002

この辺りにはソウシチョウの群れも確認出来たのですが、残念ながら写真は撮れず。

それから、何とフクロウの鳴き声も数回聞こえ、色めき立ったのですが、見つける事は出来ませんでした。

キャンプ場からさらに上がって行くと、道沿いにルリビタキのオスが出て来ました。
P3120013

これも綺麗な個体ですねwink
P3120022

P3120024

この後、第2キャンプ場の近くの道端でミヤマホオジロを見つけました。

最初は距離を保って撮影していたのですが、逆光気味なのでせめて横からの光で撮ろうとそーっと距離を詰めていきました。

すると、逃げるどころか、チョンチョン歩いて僕の方へ近づいてくるじゃありませんかsweat01

因みにこれ以降の写真はノートリですcoldsweats01
P3120087

P3120088

P3120095

更にどんどん近づいて来て…
P3120107

AFがなかなか合焦しなくなったと思ったら、フォーカスリミットを4m~∞に設定していた為でした。
つまり、4m以内に接近していた訳ですcoldsweats01
P3120112

P3120115

目にフォーカスを合わせようとするので、なかなか全身が入りませんsweat01

P3120119

すぐ傍に僕がいるのに羽繕いまで始めましたcoldsweats01
P3120127

P3120128

この後、茂みの中に帰って行きましたが、なかなか肝の座った個体でしたcoldsweats01
P3120133

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

この後、川沿いの遊歩道を探索しましたが、カワセミやキセキレイを見かけた他は特に収穫なし。

春を思わせる陽気だったので、途中でダウンを脱いだのですが、それでも汗をかいてしまいました。

まあ、それなりに収穫はあったのですが、ウソやトラツグミなど冬鳥がいる時期に来ておきたかったですねconfident

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

ルリビタキ、カケス @箕面VC

今朝は何処に探鳥に行こうかと悩んだのですが、午後から予定があってあまり時間も取れない事もあって、手近な所で箕面の山に行く事にしました。

時間の都合もあって、「みのお記念の森公園」までは行かずに大日駐車場parkingに車carを停め、ビジターセンター迄川沿いに歩いて探索。

カワガラスやミソサザイの姿を探してみたのですが、残念ながら空振りに終わりましたdespair

滝の所には数名のカメラマンがいたので、カワガラスの子育てが始まっているのでしょうかconfident

ビジターセンターに到着するとルリビタキがお迎えしてくれましたhappy01
P3110021

なかなか綺麗なオスですconfident
P3110026

P3110053

そんなに警戒心が強くなく、じっくりモデルを務めてくれましたwink
P3110088

P3110099

P3110102

P3110107

ルリビタキが去った後、ダムの方角へ歩いて行くと、聞こえて来たのはギャアギャアと鳴くカケスの声。

そして、何羽かの集団で林の中を移動して行きました。

ただ、梢の中を移動して行くので、なかなか姿を抜ける箇所に出て来てくれません。

…と思ったら、1羽がすぐそばの木の幹から顔を覗かせたのでびっくりsweat01
P3110063

P3110067

その後、1羽だけ何とか全身が見える枝に止まってくれましたhappy01
P3110075

P3110078

 

…1時間ちょっとの探鳥でしたが、何とか収穫があってよかったですcoldsweats01

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

トラツグミに遭遇 @服部緑地

今朝も出勤前のMF巡回に出掛けて来ました。

オスのルリビタキが出て来てくれた日以来、稲荷山から巡回していますが、その後姿を見かけませんdespair

もう移動してしまったのかな…と思いながら、歩道を歩いていくと、側溝の横を茶色い鳥がチョンチョン歩いているのを見つけました。

シロハラよりは体色が薄く、ちょっと丸い感じのシルエット。

「これはひょっとして…」と思いファインダーを覗くと、やっぱりトラツグミでしたsign01

P3090001

トラツグミに関しては今季色々な場所で観察されていて、例年より多いのではとさえ言われているようですが、何故か僕はこれまで遭遇する機会に恵まれませんでした。

大阪城公園に行った時も逢えなかったし…。

この冬、何処かで撮影しておきたいと思っていただけに、MFにひょっこり現れてくれたのは本当に嬉しいサプライズでしたhappy01

ちょこちょこ歩いて行く後ろをストーカーのように付いて行って撮影したので、後ろ姿ばかりcoldsweats01

P3090008

P3090004_2

その後、道の反対側に飛び移り、竹薮の中へ消えて行きましたconfident

P3090011_2


念願のトラツグミとの出逢いに気を良くしながら、公園内を巡回し、日本庭園へ向かいました。

これは数日前の写真ですが、こんな写真が撮れたらな…と
20170307kingfisher0_2

20170307kingfisher8_2

20170307kingfisher1_2

20170307kingfisher4_2

20170307kingfisher5_2

20170307kingfisher6_2

20170307kingfisher2

20170307kingfisher3_2


ところがこのカワセミ君、最近段々飛来する時間が遅くなり、昨日などタイムリミットぎりぎりで(何せ出勤前ですからcoldsweats01)現れたので、ちょっと不安だったのですが、案の定今朝は姿を見せてくれませんでした。

タイムリミットも近付いて来たので、あきらめて帰る途中、スズメとは違う感じの数羽の小鳥を発見。

そっと近付いてみたらミヤマホオジロでしたsign01
P3090026_2

P3090029_2

此処で見かけたのは今季2度目。

観察報告は時々目にしていたので、時間帯が合わなかっただけでずっと来ていたんですねconfident

カワセミには出逢えなかったけど、トラツグミとミヤマホオジロに出逢えたので、収穫の多い探鳥でした~happy01

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

ヒガラ、アトリ、ルリビタキなど…@みのお記念の森

久々に「みのお記念の森公園」に行って来ました。

1月3日に行ってみたけどクローズだった時以来ですから、何と今年初の訪問ですcoldsweats01

花の谷でいきなりヒガラが出迎えてくれましたhappy01
P3040009


全然物怖じしない子で、至近距離で撮影出来たのですが、込み入った枝の中にいるもんだから、なかなか全身が抜けませんsweat01

ノートリでこのサイズで撮れるのですが、手前の枝が…bearing
P3040013

P3040018

P3040025

P3040032

 
ニホンリスが4頭くらいいて、走り回っていましたconfident
P3040039

P3040004

P3040041

P3040049


その後、アトリの群れが水を飲みにやって来ました。
P3040067

P3040069


芝生広場の方に上がって行くと、林を飛び回るルリビタキのオスを発見。
P3040080

P3040079

この子は警戒心が強く、なかなか近くで撮影させてくれませんでしたcoldsweats01
P3040089

P3040096

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

 

…1時間ちょっとの探索でしたが、久々のみのお記念の森は空気も美味しく、気持ち良かったですhappy01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

ルリビタキ @服部緑地…

あっと言う間にもう3月ですねsweat01

歳を取るにつれて、本当に月日の経つのが早くなったと実感しますcoldsweats01

さて、今朝も出勤前のMF巡回に出掛けました。

いつもは乗馬センター横を通ってうづわ池~新宮池と巡回しているのですが、偶には逆回りで行ってみるかと思い立ち、稲荷山から上がっていくと、いきなりルリビタキのオスが出て来てくれましたsign01

OM-D E-M5 MarkⅡ
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+ M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

P3010001

ルリビタキのオスは今シーズン都市緑化植物園では観察しているものの、他のエリアではほとんど観察出来ていません。

ちょうど3ヶ月前、今朝と近い場所で観察したっきりです。

その時と同じ個体なんでしょうか。

P3010005

P3010007

P3010018

でも、もし彼がずっとこの辺りに滞在していたとしたら、どうしてこれまで出逢えなかったんでしょう。

その間、平日はほぼ毎日、MF巡回していたのに…。

普段は巡回を終えた帰り道に此処を通るので、1時間程遅い時間にはなるのですが、それですれ違っていたとか…coldsweats01

ひょっとしたら、植物園に滞在していた個体が春に向けて移動を開始したのかもしれません。

いずれにしても、明日以降も逆回り巡回を試してみる価値はありそうです。

P3010022

P3010023

 

その後、日本庭園でカワセミ君を撮影。
P3010025

今朝は何とかダイブの瞬間をフレームに入れる事が出来ましたcoldsweats01

OM-D E-M5 MarkⅡ
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(画角を拡げる為、テレコンをはずしています)

P3010031

P3010032

P3010033

P3010034

P3010035


でも、肝心の飛び立ちのところでフレームからはみ出してしまっていますsweat02

うーん、まだまだ修行が足りませんね…sweat01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »