« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

そろそろ初啼き? ウグイス@服部緑地

この週末は父の一周忌法要の為、松江に帰省していて、探鳥には出掛けられませんでした。

家の車carがノーマルタイヤなので、前日迄車carで行くか電車bullettrainで行くか決めかねていましたが、金曜日の朝には冬タイヤ規制だった米子道も、めでたく規制が解かれたので、車carで行く事が出来ました。

家族3人での移動なので、やっぱり車carで行けると費用面で助かりますねconfident

米子道蒜山付近の状況。

周囲は雪国ですが、路面は全く問題なし。
Dsc_0099_1

Dsc_0115

遠くに見える大山も雪化粧していましたconfident
Dsc_0108


さて、今朝はすっきりと晴れましたが、放射冷却の影響か、少々冷え込みました。

出勤前の服部緑地巡回では、ジョウビタキや、
P2280001

巣材用?に苔を採っているエナガ
P2280021

アオジなどを撮影。
P2280011

カワセミの飛び込みを狙ったけど、ダイブポイントの読み違いで撮影出来ずsweat01
P2280027

フレーム外(上方向)のポイントに飛び込もうとするカワセミの姿が水面に映っていますcoldsweats01
P2280038

落胆して引き上げる途中、薮からウグイスの地鳴きが聞こえ、少し姿を現しました。
P2280042

同じ薮に2羽いた模様。
P2280047

P2280049

P2280054

以前から地鳴きは確認していましたが、いよいよ活動も活発化してきているようです。

今日は気温も上がって春らしい気候になるらしいなので、初啼きが聞ける日も近いかもしれませんね。

   


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

すみだ水族館訪問…

21日、22日と1泊2日で東京に出張して来ましたconfident

2日目の業務が予定より早めに終わったので、とっとと職場を出たのですが、生憎帰りのairplane便を変更の効かない特便割引で取ってしまっていたので、早める事は出来ません。

「取り敢えず空港のラウンジでビールbeerでも飲んで待つか…」と思いながら、京急新橋駅の改札を通過したところで、「とは言え、いくらなんでもちょっと時間を持てますよなあ…。」と思い直しました(この時点で3時過ぎ、搭乗便は6時30分)。

そこで半ば発作的に羽田空港行きとは反対向きの電車trainに乗り、京成押上駅に向かうことにしましたcoldsweats01

目的地はもちろん東京スカイツリーsign01

 

…ではなくて「すみだ水族館」ですbleah

ほぼ2年前に訪問して以来、2度目の訪問になります(前回の訪問記はコチラ)。

前回の訪問後、制作者の天野尚さんが急逝されたこともあり、あの巨大レイアウト水槽がその後どうなっているか見ておこうかと思い立ったのですconfident

念のため、押上駅から羽田空港に行く電車を乗換案内で確認してみると、現地には1時間ちょっといられる計算になります。

そんなに大きな水族館でもないし、見たいのは入口のレイアウト水槽だけなのでbleah、それだけ時間があれば充分でしょうconfident

さて、チケットを購入し、入口の階段を上がると、2年振りに対面する大型レイアウト水槽が見えて来ました。

平日とは言え、流石に一大観光スポットの付帯施設、入場者は結構多く、なかなか水槽の前が空きませんでしたが、人が途切れる僅かな隙を狙って何とか全景を撮影しました(カメラなんて持ってってないのでスマホでの撮影ですがbleah)。

上がって右側の7m水槽「草原と石景」。
Dsc_0043

因みに2年前の写真。
20150315ada1

入口正面に配置された4m水槽「原生林の構図」。
Img_qyckxw

2年前。
20150314ada3

右側手前の3m水槽。
Dsc_0036

2年前。
20150314ada1

左手のオープンレイアウト180cm水槽①(左側)。
Dsc_0048

2年前。
20150314adaopen1

オープンレイアウト180cm水槽②(右側)。
20170222ada

2年前。
20150314adaopen2


現地では、前回とほとんど変わっていない印象を受けたのですが、こうやって改めて2年前の写真と比較してみると結構変わっていますねsweat01

やっぱり水草が繁茂して自然感が増している感じがします。

オープンアクアリウムの水上部分なんて、もっさもさに茂ってますcoldsweats01

まあ、水草も随分入れ替わってますけどね。
20170222adaopen1

ハイグロフィラでしょうか、花まで咲いてるsweat01
20170222adaopen2

光量も、二酸化炭素も、肥料も充分に足りていて、生育条件が揃っているって事でしょう。

因みに7m水槽と4m水槽は制作後5年、3m水槽と180cm水槽は制作後4年弱が経過しています。

感心したのは、メンテナンスが行き届いている事。

目立った苔も見当たらず、化粧砂なども綺麗な状態を保っていたので、日々ADAの社員がメンテナンスしているんでしょうね。

レイアウト制作以上にその長期維持は大変だと思うので…。

そういった意味からも、水族館でしか維持出来ない、贅沢な水槽と言えますねwink

しかも、これだけ変化していながら、全体から受ける印象はあまり変わっていないと言う事は、天野さんのコンセプトが社員にしっかり引き継がれている事の証明でしょう。

それと、そもそも制作当初から数年後の変化を見通して計算し尽くされたレイアウトだったと言う事なのもしれません。

天国の天野さんが現在の水槽を見て何て仰るだろうか…なんて思いながら鑑賞させていただきましたconfident

って、子供連れも多いし、アクアに対する興味も知識も薄い方がほとんどなので(当たり前の事ですがcoldsweats01)、実際はそんなにしみじみと鑑賞する事は出来なかったのですが…coldsweats01

え~、流石に此処だけを見て出るのも何なので、その後は駆け足で水族館を見て回りましたcoldsweats01

因みに「蜷川実花×クラゲ」なんて映像とのコラボ展示も行われていましたが、生体重視の僕としてはパスcoldsweats01

取り敢えず、証拠写真的に撮った写真を貼っておきます。

ナポレオンフィッシュことメガネモチノウオ。
Dsc_0070

人気者のチンアナゴ。
Dsc_0066

同じく人気者のニシキアナゴとヘコアユ。
Dsc_0069

Dsc_0068

数少ない両爬、トウキョウサンショウウオ。
Dsc_0073

同じくアオウミガメ。
Dsc_0077

ペンギンは何処でも人気者ですconfident
Dsc_0090

東京スカイツリーは今回も下から見上げるだけでしたcoldsweats01
Dsc_0091

何やら特設スケートリンクなぞも出来てましたね。
Dsc_0092


と、言う訳で、駆け足で水族館鑑賞を済ませた後、予定通り京急で羽田空港に向かい、帰途に着いたのでした~happy01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

マダラヤドクのオタマ無事上陸…

上陸用プラケに収容していたマダラヤドクガエル エル・コペ(Dendrobates auratus 'El Cope')のオタマが昨夜無事上陸しましたhappy01
201702161

上陸用セッティングに移したのが2月12日
20170212

その後、2月13日。
201702131

2月14日。
201702141

2月15日。と、順調に尾が吸収されて行き…
201702151

昨日の朝にはもう上陸寸前という状態。
201702162

先輩?達も写り込んでますconfident
201702161_2

そして、夜帰宅してチェックしたところ、無事上陸を確認しましたhappy01
201702162_2

因みに今朝の様子。
201702171

201702172


これで通算4匹目の上陸です。

現在、マダラのオタマは後3匹キープ中で、1匹はちょっと成長が遅くて微妙な感じですが、残り2匹は順調に育っていますconfident

マダラ勢力拡大中ってとこですか…wink
他のモルフ達も頑張って欲しいなあ…confident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

ドットサイトの両眼視にチャレンジしてみたけれど…

OM-D E-M5 Mark II&M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROを購入してから約3ヶ月。

その後、1.4×テレコンMC-14、パワーバッテリーホルダーHLD-8も追加して、野鳥撮影に特化したカメラとしてすっかり馴染んできました。
使いこなせているかどうかは別にして…ねcoldsweats01

今のところ、性能面に大きな不満はないのですが、画角が狭い分、対象物を捕捉するのに手間取って、撮影する前に飛ばれてしまう事が何度かあったので、その辺は何とかしたいな…と思っていました。

ドットサイトはアクセサリーシューに付けているので、いざと言う時はそれで捕捉出来るのですが、手持ち撮影だと視点を動かす時にずれてしまう事も多いんですよね。

そこで、一度このサイト等で紹介されている「ドットサイトの両眼視」にチャレンジしてみようかと思ったのです。

普通にOM-D E-M5 Mark IIとドットサイトEE-1の組合せなら、此処で紹介されているエツミのドットサイトプラケットを使えば構築出来るのですが、僕の場合はドットサイトがKYOEI マイクロポイントType-Sで、EE-1とは視点の高さが微妙に違うのと、パワーバッテリーホルダーHLD-8を装着している分、どこまで嵩上げするかが難しいところです。

実際に寸法を計測したり、嵩上げに使う部品のサイズを検索したりして、これなら丁度いいんじゃないかと言う商品が見つかったので、エツミのドットサイトプラケットE-6673と一緒に発注しました。

Rimg24913_2

エツミのドットサイトプラケットはすぐに届いたのですが、もうひとつのフラッシュ ホルダー ボールヘッド ブラケット?(名前が長ったらしくてどこまでが商品名かわからんcoldsweats01)は中国からの船便らしく、到着までたっぷり2週間かかりましたsweat02
Rimg24914Rimg24915

まあ、¥173と言う格安価格の上に送料無料なので文句を言ったら怒られそうですが…bleah

さて、件の商品が昨日ようやく届いたので、早速試しに組み上げてみました。
Rimg24917

Rimg24916

ボールヘッドブラケットは値段が値段なので粗悪品かと心配していましたが、意外に作りもしっかりしていて、嬉しい事に寸法もぴったりで、見事にファインダーと高さが揃いましたhappy01

しかし、ここで問題が。

レンズの三脚座に装着しているストラップ(CARRY SPEED社のFS-SLIM MARK III)のプレートの可動部とドットサイトプラケットが干渉してしまうのですsweat02
Rimg24922

Rimg24925

三脚座を回転させて上に持っていったり、右に持っていったりしても収まりが悪いので、結局プレートを180度回転させて取り付けることにしました。
Rimg24919


ただ、これだとバランスも今一だし、ちょっと持ち辛いんですが…

何はともあれ、一応両眼視出来るようにセット出来たので、早速今朝の巡回で試してみる事にしました。

実はこの試みにはもう一つ不安な点があって、それは僕の利き目が左眼だということ。

なので、普段は無意識に左眼でファインダーを覗いているのですが、両眼視の為には右眼でファインダーを覗く必要があります。

果たして上手く両眼視出来るかどうかが気掛かりだったのです。

…そして、気になる結果ですが、両眼視は何とか出来ましたsign01

最初は右眼で見た画像が左眼の画像に負けて、ピントが合焦したかどうかが判り辛かったのですが、左眼を瞑ったりしているうちに、ドットサイトの点も合焦マークも同時に見えるようになりました。

そして、確かに被写体の捕捉はこれまでと比較にならないくらいスムーズですhappy01

…なのですが、結論からするとやっぱり使えないです…(えsign02

難点は大まかに3つですね。

まずはやっぱりプレートを逆に取り付けると持ち辛いsign01

少しの間なら我慢出来るけど、機材がそこそこの重量があるので、そのうち手が痛くなってきますsweat01

次に、いくらネジやボールヘッドをしっかり締めても、ぶら下げて持ち歩いているうちに身体に当たったりして微妙な角度がずれてしまうのです。

当たり前の事ですが、0.5mmずれたとしても、測距点では大きなずれになってしまうので、多少ぶつけても一切動かないくらいしっかりと固定出来ないと駄目ですね。

そして、慣れない両眼視(特に利き目でない右眼でピント確認)はやっぱり疲れます。

なので、今回の試みは一旦は不採用にdespair

右側にドットサイトを取り付けられたら、利き目の問題とプレートの干渉は解決するかもしれませんが、シャッターを押す自分の指が視界を遮るし、取付け剛性の問題は残りますからね…。

でも、例えば時間がたっぷりあって、撮影対象と撮影場所が限られている場合(珍鳥が観察出来るポイントに遠征する時など)で、しかもその鳥があっちこっちに飛び回るような状況なら、現地で調整して使ってみる価値はあると思います。

それくらい被写体の導入は楽でしたconfident

ただ、出勤前の限られた時間に手持ちでMFを巡回すると言う僕のスタイルではちょっと使えないと言う事です。

三脚を据えてじっくり撮影するのなら絶対にあった方が便利ですが、考えてみたらその場合はこれまで通りホットシュー直付けのドットサイトで捕捉して、背面液晶で確認すればいい訳で、無理に両眼視することもないですしねcoldsweats01

取り敢えず継続の検討課題にしておこうかなと思いますconfident

アルミかプラスチックの棒にネジ切りして嵩上げ…なんてDIYが出来ればいいのですが…。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

マダラヤドクのオタマ上陸準備…

今日も雪の予報だったのですが、大阪はほとんど降らなかったですね。

午前中、どこかに探鳥に行こうかと迷ったのですが、何となく出掛けるのが億劫になり、MFの服部緑地を散歩しただけでしたcoldsweats01

収穫はと言えば、新宮池でカワセミを撮影したぐらい。
P2120087

何やら駅伝大会が催されるとの事で、人出が多くなって来たので早々に引き上げました。

午後は生体達のメンテナンスに勤しみましたが、ラッテのケージを見てびっくり。
Rimg24896

ポーチの紐の余りの部分を編み込むのはよくやるのですが、今朝は何とそれをブランコの止まり木に結び付けている…?(実際は引っ掛けていただけでしたが)
Rimg24895

一体どうやって引っ掛けたんでしょうかね?

そもそも何をしたいんだろう…coldsweats01

それから、水槽に浮かべて育成しているマダラヤドクガエル エル・コペ(Dendrobates auratus 'El Cope')のオタマが模様も出て来て上陸が近そうだったので、上陸用プラケでのキープに切り替えました。
Rimg24899

Rimg24904

先に上陸した先輩?達も順調に育っていますconfident
Rimg24902

Rimg24901

去年の9月に上陸した個体も随分大きくなりました。
Rimg24906

こうしてマダラは順調に繁殖していますが、他のヤドク達は全く産卵の兆候がありませんdespair

バンゾリーニ(Ranitomeya vanzolini)なんてよく鳴いているんですけどね…。

春が来たらスイッチが入ってくれるんだろうか…think


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

ベニマシコ、ミヤマホオジロ…

この週末、西日本は寒波が襲来して雪模様…との予報だったので、車carで出掛けるのは難しいかな…と思っていましたが、朝起きてみると屋根にうっすらと積もってはいるものの、路面には全く雪が無く、日も差していました。

そこで、最近ベニマシコが観察されている北雲雀きずきの森に行ってみることにしました。

狙いは今季まだ1度しか撮影していないベニマシコと、後は雪がらみのミヤマホオジロとかルリビタキでも撮れたらいいな…とconfident

8時半過ぎに現地に到着してみると、駐車場parkingにはうっすらと粉雪が残っていました。

この分だとフィールドは一面の雪景色か…?とちょっと期待したのですが、実際は日陰にうっすらと雪が積もっている程度。

カチカチに凍った道を踏みしめ、茂みの中を飛び回るアオジの姿を確認しながら進んで行くと、アオジとは違う小鳥が飛び回っているのを発見。

もしやと思ってカメラを覗いてみると、やはりベニマシコのメスでしたhappy01

(写真はクリックすると拡大表示されます。)
P2110194

メスがいるなら、オスもいるだろう…と、暫くこのポイントで粘ってみると、近くの茂みにオスらしき鳥が飛んで来ました。

手前に被った草の隙間から何とか姿が抜ける箇所を探して覗いてみると、おお、綺麗なオスじゃないですかsign01
P2110263

…どうしても手前の草が被るので、ちょっとソフトフォーカス風になっていますが距離的には7mくらいの至近距離ですwink

セイタカアワダチソウの種を無心に食べているので、ここぞとばかりシャッターを切りましたconfident

P2110285

20170211

上の写真を等倍に切り出してみたのがこちら。
20170211_2

拡大してみると、セイタカアワダチソウの穂に雪が積もっていますねwink

201702112

時折日も差していい感じ。

手前の草がなければなあ…coldsweats01
201702113

201702115

201702116

もっと開けたポイントだったらもっとよかったのですが、念願のベニマシコをじっくり撮影出来たのでよしとしましょうhappy01

飛び立たずにずっと摂餌しているので、動画も撮ってみましたconfident

取りあえず本日一番の目的は果たせたので、後は雪がらみのミヤマホオジロでも撮るか…とポイント移動。

餌付けではありますが、雪がらみの写真もゲット出来ましたhappy01
P2110338

P2110339

P2110355

一瞬、4mくらいの至近距離にやって来てびっくりしましたcoldsweats01
P2110360

これでルリビタキが出て来てくれたら赤黄青の三色揃い踏みなのですが、駐車時間も気になったのでここで撤収coldsweats01

帰りがけに綺麗なアオジも撮影しました。
P2110378

P2110379_2


OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

午後からは結構雪が降り出したので、明日の朝はMFも雪景色になるかもしれませんね…confident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

久々にラッテの近況…

今日は朝から雨模様だったので、探鳥はお休みですconfident

ゆっくり二度寝して、少し遅めの時刻にリビングに行くと、ラッテと目が合いましたcoldsweats01
Rimg24854

夜行性のラッテですが、日の出が遅く薄暗いこの季節は、朝もまだ起きている事があるのです。

そんな時は決まってガラス戸を叩いたりしておやつを催促して来て、めでたくゲットすると満足して帰って行くのです。
1485423697800


今朝もクレクレアピールを始めたので、飛び出して来るところを久々に動画で撮影しましたhappy01

薄暗かったので、後から露出をいじったり、飛膜の様子がわかりやすいように2倍スローにしていますが…。

午後には恒例の爪切りもして、ご褒美のおやつをもらいました。
Rimg24865

Rimg24867

最近はあまりこちらには登場していませんが、元気に暮らしていますよ~happy01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

ルリビタキメスなど…

今朝のMF巡回。

新宮池でカワセミ。
P2020006

谷あいの原っぱではアトリ
P2010030

カワラヒワ。
P2020017

久し振りにルリビタキ(多分メス)。
P2020048

P2020052


帰り途にジョウビタキメスにも出逢いました。
P2020055

OM-D E-M5 Mark II

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »