« ルリビタキ、アトリ…@服部緑地 | トップページ | アトリ@服部緑地 »

2017年1月18日 (水)

図鑑.jpのこと

最初に断っておきますが、これはステマ記事ではありませんcoldsweats01

僕と山と渓谷社やインプレスグループには何の利害関係もないので、この記事によって何か見返りがある様な事は一切ありません(あったら嬉しいけどbleah)。

そもそも、このブログにそんな影響力もないので、断るまでもない話なんですがcoldsweats01

 
さて、昨日から会員制図鑑読み放題サービス、「図鑑.jp」がスタートしているのをご存知でしょうか。

野鳥コースなら、年会費¥3,000で現状8冊の図鑑がPC、タブレット、スマホ等で読み放題になるサービスです(閲覧出来る端末は3台まで)。

山と渓谷社がスタートしたサービスですが、現時点で文一総合出版(「BIRDER」を出しているとこね)、平凡社の図鑑もラインナップされています。

昨年末に間もなくこのサービスがスタートすると言うニュースリリースがあって、ずっと気になっていたので、昨日さっそく入会しましたhappy01

と、言うのも、もともと電子書籍で詳しい野鳥図鑑があれば欲しいな…と思っていたからなんです。

探鳥の時に図鑑があると便利だと言うことは皆さん異論がないと思いますが、実際に持って行くかと言うと、二の足を踏んでいたと言うのが正直なところ。

携帯性を重視してポケット図鑑にすると、当然ながら収録種は限られてしまう上に、1種1枚の写真or絵しかないと言うことになって、なかなか種の同定には使えなかったりするし、かと言って本格的な図鑑はとてもじゃないけど携帯出来ない…とまさに「帯に短し襷に長し」だったのですね。

その点、Kindleのような電子書籍なら、何冊持って行っても重くないし、スマホでも何とか見られるので、絶対に使い勝手がいいんじゃないかと思っていたのです。

ところが、本格的な野鳥図鑑の電子版は僕の知る限りまだ出版されていません。

そのうち出版されないかな~と思っていたところにこのサービス開始のニュースだったので、まさに渡りに船だった訳です。

ただ、買い取りではなく年会費制なので、毎年\3,000と言うランニングコストがかかるのをどう考えるかですが、使用頻度を考えたら決して高くはないかな…とconfident

と言うのも、僕は昔から図鑑を見るのが好きで(逆に小説とかはほとんど読まないbleah)、空いた時間についつい手に取って眺めて過ごす事が多いのですよ。

小学生の時は夏休みの読書感想文を動物図鑑で書こうかと思ったくらいですから(流石に実行はしませんでしたが)coldsweats01

それが現状8冊の図鑑を常に持ち歩けるようになり、隙間時間、待ち時間とか、電車内とか、退屈な会議中とか(こら)に好きなだけ見られるんですから、充分値打ちがあるんじゃないかと思うのです。

まあ、不要になったら解約すればいい訳ですしねwink

因みに現在閲覧可能なのが以下の8冊です。
Screenshot_20170118114442

…「日本のワシタカ類」なんて、とてもじゃないけど持ち歩けないぐらいでかい上に、既に絶版になっていて、図書館でしか読めないような図鑑ですが、これがスマホで読めるんだから嬉しい限りですhappy01

またスタート時点では8冊ですが、今後追加になる予定もあって、「原色日本野鳥生態図鑑」などもいずれ追加される計画があるらしいとの事sign01

更に便利なのは、これらの図鑑を「横断検索」してくれる事で、例えば「ルリビタキ」で検索すると、即座に複数の図鑑の掲載ページがヒットして、そのまま閲覧出来る訳です。
Screenshot_20170118133757

そして、下のほうに論文を探す…というのがありますが、Google Scholarでネットに上げられている論文まで探せるんですsign03happy01

まあ、実際に使うかどうかは別にして…ねcoldsweats01

因みに、タブレットはともかく、そもそもスマホで図鑑は読めるのか…とちょっと不安もありましたが、ピンチアウト(指で拡大するやつね)を駆使すれば何の問題もなく読めましたhappy01

ただ、Androidの「ブラウザ」アプリには対応していないらしく、Android ver.5.0のXPERIA Z2tabletでは閲覧出来たのに、何故かAndroid ver.6.0のXPERIA Z3では読み込みエラーが生じてしまったので、Google Chrome経由で利用しています。

まあ、そもそも「ブラウザ」アプリに関しては、古いバージョンではサポートが終了しているようなので、これを機に標準ブラウザをGoogle Chromeに変更しようと思っていますが。

若干話が逸れましたが、兎に角僕のツボに嵌まったサービスで、喜んで利用し始めたところですhappy01

もちろん、良いことばかりではなく不便なところもあって、一番残念なのはインターネット環境がなければ使えないところですかね。

都市公園とかなら大丈夫ですが、山奥での探鳥の時には使えない可能性が大sweat02

端末にダウンロードして使えるようなれば解決するのですが、料金面とかをクリアしても端末のメモリ容量の問題もあるので、当面は難しいでしょうね。

まあ、暫くは通信環境が整ったところのみでの使用を前提にdocomoユーザーの優位性(山間部などでは多少繋がりやすい)を享受しましょうかねwink

それから、現状では図鑑をスキャナーで電子化したものだけなのですが、将来的には電子版に特化して動画や音声再生が出来る図鑑が出て来れば嬉しいです。

そうなれば、鳴き声や飛び方を手掛かりに種を同定出来るかもしれませんから…。

その辺は今後の発展に期待ですねconfident

あ、そうそう、全く触れていませんでしたが、野鳥コースの他に植物コースと言うのもあって、そちらは年額\5,000で読み放題になります。

僕は最初から「野鳥コース」一択だったので、全く無視していましたけどbleah

でも、そのうち「魚」コースや「両棲・爬虫類コース」なんて出来たら、料金次第では揺らぐかもしれませんcoldsweats01

サービスインが1月17日と元日を過ぎている事に配慮してか(契約は1月~12月の1年間)、現在両コースとも2割引のキャンペーン中です(宣伝したったcoldsweats01good

気になる方は「図鑑.Jp」で検索されてはいかがかと…。

リンクを貼ったらアフィリエイトじゃないかと疑われるからね~(誰も疑わんてcoldsweats01)。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

|

« ルリビタキ、アトリ…@服部緑地 | トップページ | アトリ@服部緑地 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/69286969

この記事へのトラックバック一覧です: 図鑑.jpのこと:

« ルリビタキ、アトリ…@服部緑地 | トップページ | アトリ@服部緑地 »