« クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラなど… | トップページ | タカサゴクロサギ… »

2016年11月 6日 (日)

高砂狂騒曲…

大阪では約10年振りの観察となるタカサゴクロサギが飛来しているらしいとのことなので、取りあえず見に行って来ましたhappy01

現地に着いて、まずはカメラマンの数にびっくり仰天sign03

数百人はいましたねsweat01

改めてこんなにバーダーっているんだ…と感心したり、高価なデジイチと大砲がずらーっと立ち並ぶのを見て、カメラメーカーが苦境に立たされていると言うのはガセなんじゃないかなんて思ったりcoldsweats01

んで、肝心のタカサゴクロサギですが、蓮の葉の合間に隠れていて、なかなか姿が抜けない上に生憎の曇り空、しかも遠い…ということで、なかなか難しい条件でしたsweat02

それでも何とか証拠写真は撮れましたよ。

Dscf0182

Dscf0208

まずは、2重3重に陣取るカメラマンの頭をクリアする為coldsweats01、バリアングル液晶を駆使し、高いアングルからの撮影を試みました。

蓮の葉の僅かな隙間にチラ見えする小さな黒っぽい鳥を撮るというのはなかなか至難の技で、照準器を駆使して大体の場所を捕捉してから液晶を見ながら手を差し上げ、姿が抜けるポイントを探しましたcoldsweats01

しかもこれ以上カメラを上げると今度は手前の柳の葉が被ると言う微妙な角度sweat01

長い首を延ばして欠伸?
Dscf0213

僅かにでも動きを見せると凄まじいシャッター音が響き渡りますcoldsweats01

Dscf0282

ゆっくりと歩いて、全身が抜ける場所に移動してくれるのかなと思ったら、
Dscf0315

何と大きな蓮の葉の裏側に移動して全く見えなくなってしまいましたcoldsweats02

仕方ないので、急いで池の反対側に移動しました。

 
をを、こっち側からなら遠いけど、全身が見えるsign01

もちろん、陣取ったカメラマンの頭越しですが…coldsweats01

Dscf0332

Dscf0374_2

…蓮の葉を背にして鎮座する様はまるでお釈迦様のようですcoldsweats01

Dscf0374

Dscf0435

Dscf0438

「何やら騒がしいな…」

S0080452

S0060442

「うわっsign01あっち側も凄い人やsign03

S0110462

「騒々しいからあっち行こっsign01」…と言ったかどうかは知りませんが、今度は飛んで移動しました。

S0120466

S0120468

S0120469

この後、完全に蓮の茂みの中に隠れてしまったので、撤収しました。


いつまで此処に居てくれるかわかりませんが、取りあえず観察出来て、証拠写真も撮れたのでよかったですconfident

 

最近、こう言う「何年に1度の観察」と表現される珍鳥の飛来騒動が、割と頻繁に起きているような気がするのは、異常気象や地球温暖化のせいもあるのでしょうが、デジタルカメラやインターネット、SNS等の技術革新もその一因なんでしょうね。

フィルムカメラの時代には何百枚も撮影して数枚のOK写真を残すなんて荒業は一部のプロにしか出来なかった事だし、「何処にどんな種類の鳥が来ている」なんて情報がそれこそリアルタイムに共有される時代になったから、こんな大騒ぎにもなるわけで…。

野鳥写真が手軽に撮れるようになり、観察者が増えた事で、それまで見逃されていた鳥が発見される確率も格段に上がったと言う事なんでしょう。

本来遠くに出掛けなければ観察出来ない鳥が近所に飛来してくれるのは本当に嬉しい事ですが、折角羽を休めに立ち寄ってくれた鳥を驚かせて追い払ってしまう結果にしてしまうような事は厳に慎まないといけないですねconfident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

|

« クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラなど… | トップページ | タカサゴクロサギ… »

バードウォッチング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/68282205

この記事へのトラックバック一覧です: 高砂狂騒曲…:

« クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラなど… | トップページ | タカサゴクロサギ… »