« コリドラス稚魚その後… | トップページ | OM-D E-M5 MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROのレビュー »

2016年11月21日 (月)

デジカメ新調に続いての買い物ラッシュ(苦笑)…

撮影機器をOM-D E-M5 MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROの組合せに買い換えたのですが、その後も物欲?は収まらず、少しずつ関連部品を買い足していますcoldsweats01

まずはカメラバッグ。

カメラをバッグに入れて持ち運ぶのは、週末にちょっと足を伸ばす時ぐらいですが、普段の収納用にも、しっかりプロテクトしてくれるバッグが必要だなと思いました。

基本的は300mmしか使わない(他のレンズ持ってないしcoldsweats01)ので、レンズを装着したまま収納出来て、なおかつ出来るだけかさばらないバッグを探し、Lowepro カメラリュック フリップサイド300 13Lに決定しました。

収納力も充分だし、背中側が開く構造になっているので、安全な上にリュックを身体の前に回すと地面に降ろさずにカメラを取り出す事が出来ると言う点が気に入りました。

こちらはAmazonからの購入です。

商品が届いて早速収容してみましたが、すっきり収まる上にスペース的にも充分余裕があり、これならまだレンズ2~3本入れられますね~bleah
Rimg24443Rimg24449_2


カメラ収納スペースの上にはファスナー付きの小物入れがあるので、この中に使わないレンズキャップやカメラ同梱のストロボ(多分ストロボを使用する事はないんじゃないかな…bleah)を収納しておけます。

そしてバッグの次に欲しくなったのがこれ。

M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14です。

実際に撮影してみると、やはりもう少し寄りたいと感じたんですよね(FINEPIXが1000mm相当でしたから)。

デジタルテレコンで2倍に拡大(要するにデジタルズームですね)と言う機能もあるのですが、デジタルテレコンで撮影した写真を更にトリミングすると結構劣化しそうな気がするので…。

本当は暫く300mm単体で使ってから検討するつもりだったのですが、勢いが付いてしまったと言うのか、ついついポチッと購入してしまいましたbleah
Rimg24460 Rimg24462

装着してみると、全長もほとんど変わらないし、しっくりと馴染んでいい感じですconfident

Rimg24475 Rimg24471

因みに、以前から使っていた照準器、KYOEI マイクロポイントType-Sをホットシューに装着しています。

照準器については、ドットサイトプラケットを使って、左横に設置して両眼視(左目で照準器、右目でファインダー)すると言う方法も紹介されているのですが(例えばコチラ)、何だか目が疲れそうだし、オリンパスの照準器EE-1とアイポイントの高さも違うでしょうから、取り敢えずは回避coldsweats01

当面は鳥を見つけたら照準器と液晶モニターを使って証拠写真を撮り、それからファインダーで捕捉して追い込むと言う方法で行こうかと思っています。

ちょっと脱線しましたが、このテレコンバーター、専用設計だけにほぼ画質の劣化もなく300mmのレンズが420mm(35mm判換算840mm)F5.6になり、キヤノンやニコンのネ申レンズ、800mmF5.6(通称ハチゴロー)と遜色のない性能が得られる訳で、この製品が30Kを切るお値段で買えると言うのは本当にお買い得じゃないでしょうか(自分に言い聞かせているcoldsweats01)。

さて、ここまで買い揃えて、もう一つ気になっていたのがストラップです。

いくらマイクロフォーサーズレンズがコンパクトだと言っても、300mmともなればそこそこ重く、存在感で言えばカメラにレンズが付いているのではなく、レンズにカメラが付いているような感じになります。

この状態でカメラに取り付けた純正のストラップを首にかけて歩いていると、首にも負担がかかるし、何よりカメラのマウントに負荷がかかっている感じがしてちょっと心配になりました。

しかもテレコンを挟むとなると尚更負荷がかかる訳で…

そこで、カメラではなくレンズの三脚座に取り付けるタイプのストラップに変更する事にして、色々とネットで検索してみました。

結果、チョイスしたのがこれ、CARRY SPEED社のFS-SLIM MARK IIIと言う製品です。
Rimg24486Rimg24487_2

Rimg24488

昔はハクバが日本の代理店として輸入・販売していたのですが、所謂速写ストラップの先駆けであるBLACKRAPID社に特許侵害で訴えられてハクバが撤退し、現在は並行輸入品が細々と流通しているのみsweat02

因みにAmazonで検索してみると、ショルダーストラップに通気用の穴が開いた品がヒットすることがありますが、これはMARKⅡと呼ばれる旧商品で、長年使用すると穴の部分から裂けて来ると言う報告もあって、現在の形に改良されたようです。

ですから、この商品を購入する際はMARKⅢと言う表示を確認される事をお勧めします(僕のカメラはMarkⅡですが…bleah)。

早速取り付けて使用してみると、タスキがけにする事とショルダーバッドのお蔭で機材の重量感はかなり減少し、遥かに持ち歩きやすくなりましたhappy01
Dsc_0766

このストラップには吊り紐の長さを調節するアジャスターが付いており、撮影する時以外は短めにしておく事でカメラが腰の辺りの高さに安定し、歩きやすくなります。

左が撮影時、右が短くしたところ。
微妙な差に見えますが、長いままだとカメラが足に当たって歩きにくいです。
Dsc_0763_2 Dsc_0761

何より、レンズの三脚座で機材を支えることでバランスも良くなり、マウントへの負荷も軽減出来るので安心感が違います。

三脚座への取り付けは専用プレートに三脚ネジで取り付けるようになっていて、レンチも付属しているのでしっかりと取り付けられます。
Rimg24491

そして、プレートには可動ジョイントとボールヘッドが付属していて、それをコネクターでストラップに繋ぐようになっており、それぞれの部品も堅牢な作りで安心感があります。

また可動ジョイントのお蔭でプレートを平面に置くことも出来るし、プレートに三脚ネジ穴が開いているので三脚も使えるし、何よりこのプレート自体がアルカスイス互換のホットシューになっているのでアルカスイス雲台にそのまま取り付けられる…等々、とてもよく考えられた構造になっています(僕はアルカスイス雲台は持ってませんけどねcoldsweats01)。

OM-Dを購入以来数日間、毎晩のように宅急便が来るので、かなり家族からも訝しがられているのですがcoldsweats01、流石にこれで買い物も一段落にしようかなと思っています。

まあ、欲を言えばきりがなくて、カメラがコンパクト過ぎて少々持ち辛いので、バッテリーグリップがあればいいとか、三脚使用の時のためにアルカスイス互換雲台が欲しいとか、そもそも機材が重くなったので、ベルボンのUT-43Qでは役不足だとか、色々あるっちゃーあるのですがbleah、当面はこの陣容?で行こうかと。

あ、肝心の写真ですが、何度か服部緑地で撮影していますconfident

生憎、ずっと曇り勝ちで日の出も遅いので、悪条件下での撮影しか出来ていないのですが、逆にこの条件下でもFINEPIXよりも遥かによく写る(当たり前ですが)のと、5軸手振れ補正の威力には感動しています。

近いうちにその辺りのレビューも記事にしてみたいと思いますconfident

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

|

« コリドラス稚魚その後… | トップページ | OM-D E-M5 MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROのレビュー »

バードウォッチング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/68521078

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ新調に続いての買い物ラッシュ(苦笑)…:

« コリドラス稚魚その後… | トップページ | OM-D E-M5 MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROのレビュー »