« カワセミ若、ムシクイ@服部緑地 | トップページ | マダラヤドク子ガエルその後… »

2016年9月 1日 (木)

マダラのオタマがようやく上陸…

昨日、マダラヤドクガエル  エル・コペ(Dendrobates auratus 'El Cope')のオタマが上陸しましたhappy01
201608313

最初のヤドクガエルとしてマダラヤドクガエル エル・コペ(Dendrobates auratus 'El Cope')を導入したのが一昨年の12月

その後初めて産卵を確認したのが今年の3月でした。
それから何度か産卵を繰り返し、未受精卵も含めると数十個の卵を産んだのですが、上陸にいたったのは今回が初めてsweat02
残念ながら他に育成中のオタマはいないので、当面1匹のみが上陸まで育ったことになります。
その間、ウアカリ(Ranitomeya uakarii )などで何度か産卵~ハッチまで至ったケースはあるものの、いずれも育成途中で駄目になってしまっていて、これはやはりオタマの育成方法に根本的な問題があるのかもしれませんsweat02
と言うことで、今回上陸したオタマは、長い期間を経てようやくカエルまで育った記念すべき第1号なのですが、、実はこのオタマ自身もえらく上陸まで時間が掛かったのです。
ハッチしたのはなんと4月8日。
20160408


4月16日に撮影した写真。もう既にオタマの形になっています。
20160416
ハッチした時から割りと大きなオタマだったので、期待していたのですが、その後もサイズは大きくなっていくものの、何故かいつまでたっても脚が出ませんでした。
4月21日撮影の写真。既にブルー掛かっていて、この時はすぐにでも脚が出ると思っていました。
20160421
ところが、後脚が出たのはハッチから3ヶ月以上経った7月くらい。
それくらい成長が遅かったので、8月1週に家族旅行で6日間家を空ける間に落ちてしまうだろうと思っていたら、何と1週間持ち堪えて、しかも前脚が出ていましたcoldsweats01
 
8月10日の写真。
20160810_3
 
右脚は出ているものの、左脚は出ておらず、その部分が瘤のように膨れていたので、SLSのような奇形だろう…とやっぱりあきらめていました。
ところが、2週間後、根性で?左脚を出して来ましたcoldsweats01
これは8月27日の写真。
20160827
その後の展開は早かったです。
あれよあれよと言う間に体色が変わり、マダラヤドクらしい模様もくっきりと出現。
 
これは8月29日。
20160829
そこで、上陸に備えてのセッティングに変更。
 
因みに8月29日の事です。
201608292 201608293
 
 
 
そして翌8月30日。
もう上陸寸前ですsweat01
20160830_320160831_2



そして、翌31日、朝覗いてみたら、既に上陸してたと。
201608312_3


と、言う訳で、前脚が出てからは早かったものの、ハッチから上陸まで何と5ヶ月近くもかかってしまったのです。
こんな事ってあるんですかね。
まあ、お蔭で上陸したてでも体調は15mmくらいあり、小さ目のキイロなら余裕で食べられそうなのは良かったです。
慌ててトビムシとか調達しなくても済みますからね。
20160901


暫くは湿度を保つことに注意して育成していきたいと思いますconfident
 
 
 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

|

« カワセミ若、ムシクイ@服部緑地 | トップページ | マダラヤドク子ガエルその後… »

カエル」カテゴリの記事

ブルーゲッコー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/67286033

この記事へのトラックバック一覧です: マダラのオタマがようやく上陸…:

« カワセミ若、ムシクイ@服部緑地 | トップページ | マダラヤドク子ガエルその後… »