« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月26日 (金)

カワセミ若、ムシクイ@服部緑地

今朝のMF巡回。

日本庭園でムシクイを撮影。
Dscf5367

何とか撮れていたのがこの1枚だけなので、何ムシクイかはわかりませんcoldsweats01

それから、今朝もカワセミ若がやって来てくれましたhappy01
Dscf5446

そして、見事に朝食の魚をゲットsign01
Dscf5379

ブルーギルのようですね。
Dscf5387

Dscf5403

この後、岩から飛び込んで水浴びをしていたので、連写撮影を試みましたが、日陰だったこともあり、僕のカメラでは綺麗に写せませんでしたsweat02
S0015419





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

服部緑地のカワセミ…

暦の上では処暑を過ぎ、暑さも一段落する筈なのですが、大阪は相変わらず猛暑日sunが続いていますcoldsweats02

朝の公園巡回も、朝のまだ涼しい内に気分良く回るのが企画意図?なんですが、一廻りして家に戻る頃には汗びっしょりsweat02

それでも、少しずつ日の出時刻は遅くなり、空の色も何となく秋めいて来たようにも思えますが…。

これでもう少し気温が下がれば、秋の渡り鳥達も観察出来るんでしょうが、服部緑地は相変わらず夏枯れ状態despair

唯一楽しませてくれるのはカワセミの若鳥くんhappy01
Dscf5306

ここのところ、大体決まった時刻(僕が訪れるのが朝の決まった時刻と言うのもありますが)に日本庭園に現れてくれます。
Dscf5319

Dscf5305

木の枝でハンティングの練習かな?
Dscf5288

Dscf5283

Dscf5278

Dscf5340

Dscf5277

Dscf5354


カワセミは新宮池や菰ヶ池でも見かけますが、此処は観察しやすいのがいいですねwink




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

猛暑対策…

いや~毎日暑いですね~sweat01

今年の大阪の暑さは半端じゃありません。

テレビtvの天気予報で「那覇の最高気温34℃」「大阪の最高気温36℃」と言うのを見て思わず「なんでやねんsign03」とツッコミを入れる毎日ですcoldsweats01

思い立って7月、8月の大阪の天気・気温を調べてみたら、
July3August

 

 

何と、この2ヶ月で最高気温が30℃以下だったのは僅かに3日だけsweat02
8月に入ってからは、17日に最高気温34℃だった以外は全て35℃超えの猛暑日と言う、何とも恐ろしい状況になっていますcoldsweats02

しかも、梅雨明け以来、雨らしい雨も降っていないんですねsweat01

そんな中、我が家の生体達は家族旅行の留守中も含め、何とか無事に暮らしていますhappy01

一番頼りになるのはやはりエアコンですね。

生体達のケージはリビングに置いてあるので、家族が在宅している間は大丈夫。

いくら節電の為に我慢しても30℃を長時間超える事はないですからねcoldsweats01

心配なのは日中留守にする時ですが、旅行中などはタイマーで日中の気温の上がる時間帯に数時間運転する事で最悪の状況を回避出来たと思います。

ヤドクガエル達はそれに加え、ケージ内の温度を少しでも下げるべく、ミスティングの回数を増やしています(8時、12時、15時、20時の4回)。

そして、高温だけでなく、蒸れる事も危険なので、より蒸れやすい(と思われる)バルダリウムケージはサーモ制御でファンを回しています。
Rimg23829

因みにこれ、アクアリウムでの使い方とは逆で、下から上に風が行くように(ケージ内の空気を吸い出すように)設置しています。

ケチ臭く、1つのファンで2台のケージを賄うようにしていますが、これで前面ガラスの曇りが綺麗に取れるので、ちゃんと機能しているんじゃないでしょうか。

サーモは28℃以上でスイッチが入るように設定していますが、ほぼ1日中回ってますねcoldsweats01

そのお蔭か、バルダリウムケージの住人、イチゴヤドクガエル・バスティメントス(Oophaga pumilio 'Bastimentos')も、イミテーターヤドクガエル・カイナラチ(Ranitomeya imitator 'Cainarachi' )も、特に調子を崩す事なく過ごしています。
Rimg23834Rimg23826

マダラ、キオビ、バンゾリーニ、ウアカリ達が暮らしているグラステラリウムやワイルドプラネット、極育養箱と言ったケージは、天井が全て金網になっているので、蒸れに関しては大丈夫かなと思っています。

そして、一番心配だったのは彼等の餌のショウジョウバエ。

昨年の夏は全滅させてしまって、コオロギの孵化子とかで何とか乗り切ったのですが、今年は飼育個体がかなり増えているのでbleah、何とかハエをキープしたいと思い、以前買って使っていなかったペルチェ式の小型冷蔵庫を引っ張り出してみたのですが

Rimg23820hosei

何とこれが大正解で、今のところ順調に維持出来ているのですhappy01

容量が小さいので、入れられる容器の数には限りがありますが、今の飼育個体数を充分賄えるくらいは入っていますconfident
Rimg23837Rimg23836


因みにキイロが8割、トリニドが2割ぐらいかな。

トリニドはマダラとキオビしか食べないので、「小は大を兼ねる」ってことでbleah

最初は酸欠になるんじゃないかとか、真っ暗では殖えないんじゃないかとか心配したのですが、案ずるより産むが易しでしたねwink

 

…我が家の生体唯一の哺乳類のラッテは、意外に暑さに強いのか、夏でもフリースのポーチに入って寝るくらい平気なようですwink
1471680088551

それでも時々ローリーネクターで水分と養分補給をしたりしてますよconfident
Rimg23793_2


猛暑はまだまだ続きそうだけど、皆元気で乗り切ってくれよ~confident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

センダイムシクイ…?

今日も暑~い1日でしたねsweat02

世の中オリンピックで盛り上がっていて、寝不足気味な人も多いのでしょうが、僕は「時差12時間の中継を見るのは無理sign01」と端からあきらめていて、普段通り早目に寝ていますcoldsweats01
結果もダイジェストも翌日にこれでもかと言うほど見られますからねbleah
まあ、そこまで入れ込んでないという事なんでしょうが、それでも卓球などは見応えありましたね~。
こう言う普段はあまり観ないスポーツで盛り上がるのがオリンピックのいいところでしょうconfident
話が逸れましたが、要はオリンピック期間中だろうが、普段通り6時頃に目を覚ましてMF巡回を続けているという事が言いたかった訳でcoldsweats01
今朝も新宮池でカワセミを撮影。
Dscf5179
その後、日本庭園でもカワセミを確認。
Dscf5199
Dscf5190
日本庭園でカワセミの出待ちをしている間に、メジロらしき鳥を数羽見つけたので、撮影を試みたのですが、すばしっこくてピンボケ写真しか撮れませんでしたsweat01
後からその写真をPCで確認してみたら、あれsign02メジロじゃなくてムシクイじゃないですかcoldsweats01
Dscf5186
鳴き声も聞いてないし、この写真1枚ではちょっと判別出来ませんが、センダイムシクイですかねぇ…。
そろそろ秋の渡りが始まってるんでしょうかね。
もう少ししたらMFも賑やかになるのかなあ…。
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

この週末も暑かった…

いや~、暑いですねえsweat01

水風呂にでも浸からないとやってられませんcoldsweats01
Rimg23739

Rimg23758

 

…この週末は、父の初盆の法要があり、家族で松江に帰省していました。

日程的には帰省ラッシュ、Uターンラッシュのピークにあたるので、土曜日は朝5時過ぎに出発し、帰りの日曜日は朝6時に向こうを出て、何とか渋滞を回避して帰って来ましたconfident

お蔭で家に着いたのが朝10時前と、日曜日もまる1日有効に使えました。

と、言っても、亀達の水換えやラッテの爪切り、ヤドクガエルケージのトリミングを行ったぐらいだけど…coldsweats01

 
メンテナンスしつつ撮影したヤドクガエル達の写真でも…confident

マダラヤドクガエル エル・コペ(Dendrobates auratus 'El Cope')
Rimg23771

相変わらず、扉を開けると逃げるどころか近寄って来ますcoldsweats01
Rimg23761

Rimg23764

ウアカリヤドクガエル ゴールデン・レッグ(Ranitomeya uakarii 'Golden Legs')
Rimg23745

Rimg23733_2


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

ヤドクガエルのストラップ…

大変sign01 ヤドクガエルがケージから脱走してるsign03
Rimg23697

…な~んて、流石にそこまでは思いませんが、なかなかよく出来てますね。

これは、ガシャポンのケータイストラップです。
Rimg236971

先日、「パパのケータイにちょうどいい。」と家族が買って来てくれたのですwink

因みにペントリヤドクガエルですな。
Rimg23708


これはこれで嬉しいんだけど、既に僕のスマホにはアザンティックのアマガエルが付いてるし…coldsweats01
Rimg23700_2

人によってはドン引きされてしまいそうなスマホになっちゃったかもcoldsweats01
Rimg23704_2

まあ、如何にも僕のケータイらしいからいいんですが…coldsweats01

…と、言う事でネタがないので、本当に小ネタを記事にしてみましたbleah

Rimg23662

「え~ そんなんだったら、僕等の事書けよ~sign01











にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

久々にカワセミをじっくり撮影出来た。

sun猛暑というより酷暑と言った方がいい日々が続いていますねsweat02

常夏の島ハワイよりも大阪のほうが確実に暑いですcoldsweats01
この暑さでは昼間に探鳥に出掛けようなどと言う気はさらさら起きないし、朝の公園巡回でも汗だくになって帰宅する日々が続いていますsweat01
ここのところ、MFの服部緑地では、菰ヶ池で幼鳥が2~3羽ザリガニやエビを獲る姿が観察されていますが、
Dscf4631
今朝は久々に新宮池で大きな魚を咥えたカワセミを撮影した後、
Dscf4887
菰ヶ池に言ってみたものの、1羽もおらず、蓮が綺麗に咲き揃っている山ヶ池を巡回してもカワセミの姿はなく、
Dscf4647
あきらめて戻ろうと思ったら、何と隣の日本庭園にカワセミを発見sign01
やっぱり小魚を獲っていますhappy01
Dscf4910
メスの若鳥のようですね。
Dscf4954
 
Dscf4948
すぐそばに歩経路があって近くを人が通った為、池の対岸に飛び移って行きました。
Dscf4923
と、思ったらもう1羽、手前の島の松に飛んで来ました。
Dscf4968
やはりメスのようです。
お蔭で久々に近い距離でじっくり撮影出来ました。
Dscf4970
 
Dscf4984
 
Dscf4991
いつもこうやって日本庭園のような開けた場所に来てくれると、撮影も楽で助かるんですがね…confident
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

2016年ハワイの旅④

滞在4日目は本当に何もせずにホテルでのんびりしてましたhappy01

と、言うのもそもそも最終日だと思い込んでチェックアウトしようとして「チェックアウトは明日ですよ。」と指摘されたぐらいなのでcoldsweats01
旅行前に滞在計画を立てるどころか、旅のしおりですらろくに読んでないからこんな事になるんですねsweat01
やらかしてしまった時はかなりショックでしたが、後の祭りなのでオマケの1日だと思ってのんびり楽しむことにしました。
プールサイドで寝そべって本を読んだり、ちょっと泳いだり、中庭を散歩したり…。
やっぱり気になるのは動植物。
ブラウンアノール(Brown anole)は至る所でバスキングしていたし、
Dscf4486Dscf4567_2


ヒロオヒルヤモリ(Gold dust day gekko)も目を楽しませてくれました。
Dscf4574
英語名のGold dustと言う名がぴったりですね。
今回はあまり野鳥の写真は撮れなかったけど、
コウカンチョウ(Red-crested Cardinal)
Dscf4464Dscf4463_2

キマユカナリア(Yellow-fronted Canary)
Dscf4456

オナガカエデチョウ(Common Waxbill)
Dscf4283Dscf4284

ホノルル市の鳥、シロアジサシ(White Tern)現地名マヌオクー
Dscf4537Dscf4549
などが目を楽しませてくれましたconfident
そして、翌日に本当にチェックアウトしてcoldsweats01、帰宅しました。

毎度の事ながら、6日間留守にしたので、一番心配したのは生体達の事。

特に今年の猛暑では、下手すると日中40℃以上になるので、エアコンをタイマーセットして昼間に一定時間冷房を入れたり、ヤドクガエル達はミスティングの回数を増やしたり(その代わり1回当りの時間を短くして)とそれなりに対策はして出掛けたのですが、皆何とか無事でいたのを確認した時は本当にホッとしましたhappy01

と、言う事で今年の夏の家族旅行も無事終了ですconfident


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

2016年ハワイの旅③~ハマクア・マーシュでの探鳥~

滞在3日目は家族でカイルアツアーに参加。

嫁さんと娘の目的は言うまでもなくショッピングですが、僕も初めて行く町なので、物は試しで行ってみようかなと言う事で。

とは言っても、彼女達のショッピングのお供をするつもりはなくbleah、適当にぶらぶらしてようと思っていたのですが、バスの中で配られたパンフレットによると、近くにハマクア・マーシュと言う湿原があると言うので、まずはそこに行ってみることにしました。
Dscf4375

因みに持参したポケット図鑑(ハワイ旅行に図鑑を持って行く奴も珍しいと思うけどbleah)にもちゃんと載っていましたよ。confident
Dscf4377_2Dscf4379




バスの乗降場所で家族と別れ、地図の方向に歩いて行くとものの5分でハマクア・マーシュに到着。

思ったより小じんまりした印象ですが、如何にも水鳥が居そうないい雰囲気です。
Dscf4208_2Dscf4260

観察小屋や観察台のようなものがあるのかと思いきや、そんな気の効いたものはなく、道路沿い(しかも途中から歩道が途切れているsweat02)から観察しろと言う状況coldsweats01

それでもラムサール条約に定められたポイントの証拠もありました。
Dscf4230Dscf4231

Dscf4217

看板によると、此処で見られるのはAe'o(クロエリセイタカシギ)、'Alae ke'oke'o(ハワイオオバン)、'Alae 'ula(バン)、Koloa(ハワイマガモ)、'Auku'u(ゴイサギ)らしく、看板通りの水鳥を実際に観察しました。

看板に載っていなくて、多くの個体数が見られたのが、アマサギでした。パッと見チュウサギにも見えるのですが、頭に微かにオレンジ色が残っている個体もいるし、嘴もそんなに長くありません。
Dscf4216Dscf4229

Dscf4366


後は、街路樹にいたManu-ʻai-mīkana(メキシコマシコ)ぐらい。
Dscf4302Dscf4311

Ae'o(クロエリセイタカシギ)は遠い場所にしかいませんでした。
Dscf4252Dscf4346

'Alae ke'oke'o(ハワイオオバン)も沢山いました。
Dscf4349

ハワイらしく、サーフィンしているアラエ・ケオケオhappy01
Dscf4336_3

と、思ったら、何かに襲われて片足がない可哀想な個体でしたweep
Dscf4332

'Alae 'ula(バン)。日本のバンに似ていて、日本語標記でもバンとなっていますが、ハワイ固有種で絶滅危惧種らしいです。
Dscf4225

現地名Koloaはハワイマガモを指すようですが、純粋種は既に絶滅していて、此処にいるのはマガモとの交雑種らしいです。
Dscf4219

ʻAukuʻu(ゴイサギ)。ホテルの池にも沢山いたので、特に有難味もない感じですcoldsweats01
Dscf4211Dscf4226


そのうち、雨rainが降り出し、強くなりそうな感じだったので、急いでショッピングセンターに避難sweat01

暫しスタバで休息し、そのまま家族と合流して昼食にハンバーガーを食べた後、また別行動で町の探索に出掛けました。

ところが、またまた雨rainが降り出し、今度はBOOKENDと言う古本屋で雨宿りする羽目になりました。

今度の雨rainはなかなか止まず、かなり長居させて貰ったので、こんなマニアックな本を購入してしまいましたbleah
Dscf4391


結局カイルア滞在中ずっと雨模様だったのですが、この後バスでワイキキに戻ったら、打って変ってからっと晴れて青空が覗いていたので、これは地理的な要因からかもしれません。

カイルアはワイキキからは山を挟んだ北東側にあるので、湿度を含んだ貿易風が山にぶつかって雨が降りやすいんでしょう。

この後、ワイキキ水族館に行ってみたのですが、残念ながらペパーミント・エンゼルフィッシュは既に死んでしまったとの事で展示されていませんでしたbearing
Dscf4414

ホテルへの帰り道、ホノルル動物園にも寄ってみましたが、今度は爬虫類館がリニューアル前で閉館しているとの事sad
Dscf4461Dscf4458

お目当てのコモドオオトカゲ(だけじゃないけど)が見られないので入ってもしょうがないか…とパスする事にしました。

と、言う事でこの日はちょっと消化不良な1日になってしまいました。

…もう少しだけ続きますcoldsweats01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

2016年ハワイの旅② ~野生のマダラヤドクガエルに出逢えました!~

さて、滞在2日目は、「オハナ熱帯雨林ハイキング」に参加する日です。

もちろん、ショッピング命の家族とは別行動coldsweats01

2年前に「マノア滝ハイキングツアー」に参加して、ホノルル近郊でもそれなりの自然が味わえる事がわかったので、今回も1日はトレッキングツアーに参加しようと思ったのです。

同じ「マノア滝ハイキング」でもよかったんですが、どうせなら違う場所にも行ってみたいと思い、このツアーにしたのですが、一つ難点は日本語ガイドが漬かないと言う事。

まあ、全く英語が喋れない訳でもないし、動植物の名前ぐらいなら片言でも通じるだろうと、鷹揚に構える事にしましたcoldsweats01

実は今回の目的と言うか願望はもう一つあって、それは野生のヤドクガエルを見たいと言う事。

もちろん、ヤドクガエルは中南米にいるのですが、ハワイにもヤブ蚊駆除の目的で移入されたマダラヤドクガエル(Dendrobates auratus)が棲息しているのです。

厳密に言えば野生のヤドクガエルとは言い難いのですが、やはり飼育者としては自然に棲息している姿を見てみたいですからね。

ただ、直前になって色々調べてみると主な棲息地はマノア渓谷らしいので、やっぱり前回と同じツアーにしたらよかったかもとちょっと後悔しましたが、後の祭り(ギリギリまで何の準備もしなかった罰ですねbleah)。

それから同じく移入種なのですが、ジャクソンカメレオンも見られたらいいなとも思っていました。

さて、ピックアップ時刻になっても迎えの車が現れなくてヒヤヒヤしましたが、15分位遅れてようやく現れ、無事にツアースタートです。

ガイドはテリーさんと言うハワイ生まれの方で、同行者はカリフォルニアの3人家族。
Dscf4107

当然ながらネイティブ英語で会話が飛び交い、こちらは半分も内容が聞き取れない状況sweat01

適当に相槌を打って車内の会話を遣り過ごしながら、車窓を眺めていると、何となく前回と同じような場所に向かっているじゃないですか。

何の事はない、行き先はやっぱりマノア渓谷だったのですhappy01
これにはちょっと拍子抜けしたのが半分、マノアならヤドクガエルを見られるかもと期待したのが半分でした。

さて、車を降り、虫除けスプレーや飲み水などを渡しながら、テリーさんが、「何か希望はあるか?」と聞いてきたので、「Poison Dart Frogが見たい」「それとJackson's Chameleon」と言ったら、テリーさん曰く「Poison Dart Frogは多分いると思うよ。Chameleonはいるにはいるが、あまり動かないので却って見つけるのは難しいんだ。」だと。

リップサービス半分だろうとも思いながら、この返事にはちょっと期待が膨らみましたconfident

それにしても、1人で参加して来てこんな事を言い出したのですから、テリーさんにも同行者にもえらくマニアックな日本人だなと思われた事でしょうcoldsweats01

何はともあれ、ハイキングスタート。
途中、テリーさんは「ヤドクガエルはこう言った場所にいる事が多い」とか、「この枝にジャクソンカメレオンがいた事がある。」などと丁寧に教えてくれました。

ガイドと言う職業柄か、他にも植物の名前や由来、更にはハワイの植生や歴史に至るまで矢継ぎ早に説明してくれるのですが、早口なネイティブ英語なので、聞き取るのが大変sweat01

途中聞き流していたら、時折明らかに僕に向かって話しかけて来るので、英会話のレッスンを受けているような妙な緊張感を感じましたcoldsweats01

マノア渓谷の熱帯雨林もやはり移入された植物が多く、巨大に育ったポトスやモンステラ、更にはバナナやコーヒーの樹もありました。

バナナ。
Dscf4097

コーヒー。
Dscf4145

その他目を楽しませてくれた植物coldsweats01
Dscf4095Dscf4130


Dscf4143Dscf4153


地面には、野生のオジギソウもありました。

アメリカ本土からやって来たようです。

そして、いきなりその時はやって来ましたconfident

朽ちかけた廃屋に差し掛かったところで同行者の高校生くらいの男の子が「Something leapssign01」と声を上げ、廃屋の床下に潜んでいたマダラヤドクガエル(Dendrobates auratus) を発見してくれたのですhappy01sign03
Dscf4190

Dscf4111

Dscf4116
マダラヤドクの中でもなかなか綺麗な個体ですねhappy01

暗がりにいた上に、逃げないように遠目から狙っているので、あまり綺麗には写っていませんが…sweat01

いや~、これで今回のツアーに参加した甲斐がありましたsign01

いくらそれなりの数が棲息していると言っても、こうやって限られた時間の中で出逢えるかどうかと言うのは運ですから、本当にラッキーだったと思います。

それと、日本から来たマニアックなオヤジの為に一緒になって探してくれたガイドさんと同行者のお蔭でもありますねconfident 有難い事ですhappy01


目的を達成した充足感に浸りながら、目的の滝に向かって登って行きましたが、どうやら前回のツアーとは目的地の滝も通るルートも違うようです。

マノア渓谷にはいくつかの滝があり、トレッキングルートもいくつかあるみたいですね。

また、ハワイの樹木は成長が早いせいか、いきなり倒れて道を塞ぐ事もあるらしく、微妙にルートが変わる事もあるようです。

↓こんな風に…
Dscf4101

前回のルートはトレイル・ランをしている人がいるくらいしっかりした道で、ツアー以外の一般客も多かったのですが、今回のルートは小川越えもある、割と険しい道で、我々の他には別のツアーの1グループしか出会いませんでした。
Dscf4140

そして竹薮の中をかき分けるようにして登って行き、
Dscf4147

ようやく目的の滝に到着。
前回のマノア滝よりは水量が少ないですが、落差はかなりのものです。
Dscf4170kako

ヤブ蚊対策に長袖長ズボンで参加したので、汗びっしょりになっていますcoldsweats01

此処でツチガエルのような地味なカエルを発見sign01
Dscf4182_2Dscf4184

これも移入種だろうと思い、後で調べてみると、Wrinkled Frogと言う名で1895年か96年に何と日本から持ち込まれたとのことなので、本当にツチガエルのようですcoldsweats01

帰り道もテリーさんはあちこちを探して「こう言う場所にヤドクガエルがいることが多い。」等と教えてくれましたconfident

往路でヤドクガエルを見つけた廃屋近辺迄戻って来ると、他のツアーのガイドがカエルを見つけたらしく、捜索の真っ最中でした。

近くに寄って行くと、彼が朽ちたトタン板を捲った瞬間、小さなカエルがジャンプして草むらに逃げ込むのが見えました。

一瞬の出来事でしたが、それは確かにマダラヤドクガエルでした。

撮影した個体よりは黒い部分が多いように見えたので、多分別個体でしょう。

と言う訳で、2匹目のドジョウならぬ2匹目のヤドクガエルは撮影出来ませんでしたが、1匹撮影出来た上にもう1匹見る事が出来たのだから、もう大満足ですhappy01

ショッピングやビーチばかりが取り上げられるオアフ島ですが、ホノルル近郊にこんな豊かな自然があるんですね。

偶には街や海だけでなく、山に行ってみるのもいいと思いますよ~happy01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年ハワイの旅①

今年の夏の家族旅行は2年振りのハワイに行って来ました。

毎度の事ながら僕の仕事の関係でなかなかスケジュールが決まらず、出遅れたのもあって、「のんびり出来るなら何処でもいい。」となって、無難にオアフステイのツアーに落ち着いたのです。

嫁さんと娘は完全に買い出しモードで気合いが入っているのですが、僕は手首の調子が良くなくてゴルフをする気も起きないので、1日はジャングルトレッキングツアーにでも参加して、後はホテルでのんびり過ごそうかな…と。

出発3日前にVELTRAで「オハナ熱帯雨林ハイキングツアー」を予約。予約確定の連絡がないまま関西空港を出発しました。

多少不安はありましたが、多分、参加者が確定してからホテルのピックアップ時刻を決めるんでしょうcoldsweats01

飛行機airplaneはANAの臨時便だそうで、ハワイ人気は相変わらずのようですsweat01

飛行機はB787で最新鋭の機体ですが、エコノミークラスはやっぱり狭いsign01

特に前のシートとの間隔が狭くて、窓際席から通路に出るのはかなり大変でしたsweat01

ほぼ予定通り、現地時刻の朝8時にホノルル空港に到着。

ツアーバスでアラモアナ・センターのJTBプラザに連れて行かれました。

ホテルのチェックイン時刻まで相当時間があるので、それまでアラモアナ・センターで時間を過ごします。
とは言え、ショッピングに興味ない僕は昼食で家族と合流した以外は、スタバでのんびりお茶していましたcoldsweats01

ありがたかったのは、JTBプラザやスタバはもちろんのこと、アラモアナ・センター全体にも無料WiFiが開通していたこと。

国際ローミングを利用しないので、WiFiが使えないとインターネットもメールチェックも出来ないんですよね~coldsweats01

因みに、VELTRAから翌日のツアーの予約確定バウチャーも無事送られて来ていましたhappy01

この後、15時過ぎにホテルにチェックインし、家族は再度ショッピングに出掛けcoldsweats01、僕は少し部屋でマッタリした後、ツアー特典になっているラウンジでビールを飲みながら過ごしたのでしたconfident

…続きますcoldsweats01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »