« カジカガエルの飼育8年経過… | トップページ | 訃報… »

2015年9月 6日 (日)

マリンワールド海の中道に行って来ました!

4日(金)に福岡で会議があり、本当に久し振りに福岡に出張して来ました(20年振りくらいかな)。

翌土曜日はフリーと言うことで、折角だから観光して帰る事にしたのですが、何処に行こうか悩んだ挙げ句、「マリンワールド海の中道」に行ってみることにhappy01

かなりマニアックな選択ですが、自称水族館マニアとしては、やっぱり押さえておかないとねwink

まあ、僕の場合はショッピングとか太宰府天満宮なんて選択肢はないのでbleah、当然の選択かとthink

前の晩に宴会でしこたま飲んで禁断のラーメン迄食べてしまってcoldsweats01、結構遅くなったにも拘わらず、朝は6時半に目覚めました(やっぱり歳ですなcoldsweats01)。
Dsc_0343Dsc_0344




朝食を済ませ、バスで博多駅に移動し(市内中心部は運賃100円均一なんですね。しかもバス会社は西鉄が独占。ダブルでびっくりしました)、みどりの窓口でJR往復切符とマリンワールドの入場券がセットになった割引切符を購入して、いざ海の中道に向かいます。

ホームで列車を待っている間に隣のホームに入って来た特急列車。
Rimg21595

Rimg21598

JR九州の特急車両ってなかなか男前ですねwink

別に鉄ちゃんじゃないけどついつい写真を撮ってしまいましたcoldsweats01

香椎駅で香椎線に乗り換えて海の中道に行くのですが、いきなり3両編成のオンボロ列車(失礼sign01)がやって来てびっくりsweat01

香椎線はなかなかローカル色豊かな路線でしたcoldsweats01

そして到着した海の中道駅は無人駅で改札はフリーパス状態sweat01
Rimg21599Rimg21602

あまりにも寂れた雰囲気に一抹の不安を覚えながら案内板通りに歩いていくと、おお、ようやく目指すマリンワールドが見えて来ましたhappy01

少なくとも、施設はそれなりに立派そうですcoldsweats01
Dsc_0355

9時半の開場時刻から間もないせいか、入場客もまだそんなに多くなく、すんなりと入場出来ました。

実は、「折角行くんだったら、バックヤードツアーに参加出来たらいいな…」と思っていたのですが、事前にHPで調べると300円と言う格安料金の上に1回15名(先着順)限定なので、参加するには開場と同時に並ばないといけないと思っていました。

「やっぱりもう少し頑張って1本早い列車に乗って(本数が少ないのでその為には後30分スタートを早めないといけないけどsweat01)、開場前から並ぶべきだったかなあ…」なんて思いながら、念の為バックヤードツアーの券売機をチェックしてみると、「10時からのツアー 残り11人」だとcoldsweats01

…って、まだ4人しか申し込んでないってこと?coldsweats01

おいおい、この水族館大丈夫かsign02 今日土曜日だぞcoldsweats01

とは言え、折角の機会ですから、バックヤードツアーのチケットを購入して、まずは一通り館内を見て回りました。

そして10時前にツアーの集合場所に行ってみると、参加者は5人sweat01 子供連れの4人家族と僕だけでした(おっさん1人で参加している僕は相当不思議に思われたでしょうねcoldsweats01)

何はともあれツアースタート。
Rimg21668

案内して下さった、飼育員の塚田さんですconfident

まず案内して貰ったのは、餌の調理場。

人工飼料等は使わず、魚や貝、イカなどをあげているそうです。
Rimg21670

Rimg21674

餌やりの回数と量はやはりしっかりホワイトボードに書かれて管理されていました。
Rimg21677

こちらはストックルーム(冷蔵庫)の中。

ブラインエッグに中国産とユタ産の2種類あるようですね。

やっぱりユタ産が孵化率高いのかな?(聞き忘れた。)
Rimg21678

入ると涼しいのを通り越して寒いです(当たり前か)。

そしてこちらは冷凍庫。
-22℃で管理されています。
Rimg21684Rimg21683

冷凍するのは保存だけじゃなく、寄生虫対策の意味もあるんでしょうねconfident

床に転がっているのは、土左衛門じゃなく(当たり前だ)、近くの浜に死体で打ち上げられたコマッコウだとか。
Rimg21686

研究用に冷凍しているんだそうです。

次に案内して貰ったのは、深海水槽のバックヤード。

深海水槽と言っても、100m~150mくらいのやや深い海に暮らしている魚達の水槽です。

サギフエ。
Rimg21688_2

トラザメの水槽。照明を制限するための工夫がされていますconfident
Rimg21689

流石に水温は5℃~12℃と低温に保たれていますconfident
Rimg21691

万が一大規模停電が起きると水温が急上昇して魚が死んでしまうので、先程の冷凍庫には海水を凍らせてストックしているんだそうですが、幸いこれまでに出番はないとのことでした。

そして最後にパノラマ水槽の上に連れて来て貰いました。
Rimg21698Rimg21703

水面の反射で上手く写っていませんが、マイワシの群れが凄い迫力です。
Rimg21709Rimg21715

これでツアーは終了。

時間にして40分くらいでしょうか。

これで300円は本当に安いですsign03

普段入れない場所に入らせて貰った上に丁寧に説明もして貰えるんですからねconfident

空きがあったら絶対に申し込んだ方がいいですよ。

では、展示されている生物の紹介でも。

この水族館の目玉のひとつ? シロワニです。
Rimg21737Rimg21743

パノラマ大水槽に5匹程、ゆったりと泳いでいますconfident
Rimg21635


旭山動物園が先鞭を付けた、アザラシの行動展示。
Rimg21746Rimg21747

スナメリ。顔が可愛いconfident
Rimg21766Rimg21767

ハンドウイルカとハナゴンドウのショー。

実はこれが一番の売りのようですが、僕はあまりショーとかには興味ないんですよね…bleah

イルカの追い込み漁が問題になり、水族館がイルカを導入出来なくなる…というのが問題になっていましたが、水族館=イルカのショーと言う固定観念は考え直すべきじゃないかなあ。

営業面からすると、集客の目玉なんでしょうけどね…。
Rimg21720Rimg21722_2

魚の種類や展示にはあまり目新しく感じる物はありませんでした。

 

沖縄のイノーの海を再現したオープンアクアリウム。

奥に泳いでいるのは爬虫類のウミヘビではなく、魚類のシマウミヘビです。

そりゃあ、猛毒だから、めったに噛まないと言ってもこんな展示は出来ないですよねcoldsweats01
Rimg21625

ウミガメ水槽。

卵と子ガメはもちろんイミテーションですcoldsweats01 面白い展示ですけどね。
Rimg21632Rimg21631


先程上から見せて貰った深海水槽wink

サギフエとトラザメ
Rimg21762Rimg21763


こんな遊び心は嫌いじゃありませんhappy01
Rimg21735Rimg21653

…たこ焼きの方は期間限定の企画展示ですが。

リュウグウノツカイとメガマウスザメの標本も展示されていました。
Rimg21650Rimg21651


Rimg21664Rimg21665

やっぱり深海魚とサメに力を入れているんですかね。

 
…と、言う事でマリンワールド海の中道のレポート終了ですconfident

びっくりするような珍しい魚はいないし、他の水族館にない特色があるかと言えば残念ながらありませんが、それなりに展示は充実していますから、魚好き、動物好きなら充分楽しめるんじゃないでしょうかconfident

ネックと言えばちょっとアクセスが不便なところ。

少なくともJRルートで行くと「どんな辺鄙な所に行くんだろ…」と言う不安を感じてしまいますbleah

そのせいか、混雑してなくて観やすい(営業的には駄目じゃんsweat02)のはいいですけどね。

それと、バックヤードツアーは絶対安いですsign01 たまたまあんなに空いていたのかもしれないけれど、申し込んで損はないと思いますよconfident

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

|

« カジカガエルの飼育8年経過… | トップページ | 訃報… »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観賞魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/61475437

この記事へのトラックバック一覧です: マリンワールド海の中道に行って来ました!:

« カジカガエルの飼育8年経過… | トップページ | 訃報… »