« アオバズクのペアを確認! | トップページ | アカメカブトトカゲの飼育環境など… »

2015年7月 6日 (月)

レプタイルズフィーバー初参加!

前回の記事でネタ振りしたインドアのイベントとは、「レプタイルズ・フィーバー」でしたhappy01

数年前から毎年大阪で開催されていますが、仕事のイベントと重なって行けなかったりして、実は今回が初参加coldsweats01

そもそもこの日は、昼過ぎに娘を迎えに行く必要があり、午前中はあまり時間が無いので、行くなら午後にゆっくり出掛けようか…と思っていたのですが、雨が降り出して探鳥をあきらめた時点でまだ9時で、開場時刻の10時には到着出来そうだったので、1時間ちょっとは見られるんじゃないかと予定を変更したのです。

開場してすぐは混んでるだろうけど、やっぱり人気の生体はすぐ売り切れてしまうでしょうからねwink

これ以上生体を追加するのも如何なものか…とは思いますが、先日ホウセキカナヘビを落としてしまって45cm水槽が空いたままなので、小型のカナヘビや地表性ヤモリで興味を引く生体がいれば…と言うのと、クレスの相方(メス)とかサカラバネコツメヤモリの相方(オス)がいたら買おうかな…とwink

そんな事を思いながら車carで会場のATCに向かいましたが、高速代をケチって土佐堀~咲洲トンネルルートで行ったのでbleah、会場に到着したのは10時15分頃でした。

会場に入ってみると、案の定凄い人sign03
Dsc_0236

それなりに広い会場ですが、通路を通るのも一苦労で、ゆっくり見て回る事なんか出来ませんcoldsweats02
Dsc_0240

それでも何とか一通りざっと見て、何を買おうか思いを巡らせます。
そう、あまり時間の余裕がないんですcoldsweats01

目に止まったのは、イベント価格で並べられていたアカメカブトトカゲ、オニプレートトカゲのベビー(尾が再生中っぽかった)、ヨロイトカゲ各種、カレハカメレオン、カベカナヘビ数種、ミイロヤドクガエルトリオ格安などなど。

あとはヨツメヒルヤモリとかヤシヤモリとか、ブルーゲッコーとかキガシラマルメヤモリとか、壁チョロ系も結構目に付きましたね。

もちろん、ヘビやモニター、カメ達もわんさかいたし、フクロモモンガやハリネズミなどの哺乳類やフクロウや猛禽類もいましたが、導入の可能性ゼロにつき完璧スルーbleah

そんな中で、空いている水槽のサイズや、装備、受け入れ後の手間などを考えて、一度飼ってみたいと思っていたアカメカブトトカゲの購入を検討することにしました。

そして、「爬虫類倶楽部」のブースに積まれていたアカメカブトトカゲのパックからオスメス2匹をチョイスし、めでたくお迎えする事にしたのですconfident
Rimg21156

Rimg21160

こちらがオス
Rimg21173

こちらがメス(らしいですcoldsweats01
Rimg21165

あまり大きくならず、強い照明も必要なく、丈夫といい事ずくめながら、夜行性で「陰気」なのが欠点…と言われますが、確かに「調子悪いんじゃないか」と思うぐらい不活発ですsweat02
Rimg21198

まあ、暫くは温度と湿度を高めにして、状態が安定するまで様子を見ようと思っていますconfident

他の戦利品?ですが、まずはこちら。
Rimg21180

各所で話題になっている、喰い付き抜群と言われる人工飼料、「グラブパイ」です。

うちのレオパやクレス達が食べてくれるといいんですがね…。

早速試してみたいところですが、イベント価格のコオロギも買って来たので、使用レポートはまた後程、コオロギが切れた頃にでもcoldsweats01

後は、これまたイベント価格で売っていたヤシ殻マットに、既にアカメカブトのセッティングに使用した水入れなど。
Rimg21181

ヤシ殻マットはアカメカブトのケージにも使用しましたが、これまでキッチンペーパーを使用していたクレスのケージにも使ってみました。
Rimg21189

キッチンペーパーはマメなメンテナンスが出来ない僕には向かないということでbleah

こちらの方が湿度の維持も出来そうですしね。

初めて参加した「レプタイルズ・フィーバー」ですが、「ぶりくら」と違って専門店が集結しているので、生体のラインアップが圧倒的に豊富な気がします。

トークイベント等も色々予定されていましたが、滞在時間1時間ちょっとでは見られる筈もなく…coldsweats01

やっぱりイベントを楽しむにはスケジュールがタイト過ぎましたsweat01

まあ、時間に余裕があっても、あの人出では人混みが苦手な僕は長時間いられなかったと思いますが…coldsweats01

とにかく、お目当てのブースの店頭に辿り着くまでが一苦労だし、複数の店舗を比較検討するなんて到底無理sign01という混雑ぶりでしたからね。

そんな状況ですから、実は掘り出し物の生体を見落としてるんじゃないかとも思いますが、見つけたからと言ってお迎え出来るとは限りませんし…。

と言うことで、今回縁があってお迎えしたアカメカブトをしっかりキープしていきたいと思っていますconfident

…次は「ぶりくら」かなcatface(「BLACK OUT!」もあるか…)

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

|

« アオバズクのペアを確認! | トップページ | アカメカブトトカゲの飼育環境など… »

アカメカブトトカゲ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/60615228

この記事へのトラックバック一覧です: レプタイルズフィーバー初参加!:

« アオバズクのペアを確認! | トップページ | アカメカブトトカゲの飼育環境など… »