« ベニマシコ、カシラダカ… | トップページ | アオゲラ… »

2015年3月 1日 (日)

R・ウアカリ導入…

性懲りもなく、また生体を追加してしまいましたcoldsweats01

導入したのは、ラニトメイヤ ウアカリ(Ranitomeya uakarii )。
和名ではウアカリヤドクガエルです。

うちには既にゴールデンマンテラ(Mantella auranliaca)とマダラヤドクガエル(Dendrobates auratus  'El Cope' )がいるのですが、餌のショウジョウバエが順調に増殖していて、毎日給餌しても消化し切れない状況になっているので、もう少しカエルを増やしても大丈夫かな?と密かに思っていたのですwink

ただ、ラックのスペースに限界があって、小さなケージしか設置出来ないので、小型種のペア飼いなら何とかなるかな?と考えていたところ、某所で「これはsign03」と言う個体を見つけたので思わずポチッとしてしまったと言う訳coldsweats01

…皆こうしてブレーキが効かなくなって深みにはまっていくんでしょうねbleah

いや、僕はそんな事にはなりませんよ(`・ω・´) ←(本当かsign02

さて、生体が届く前日にまずはお迎え準備sweat01

スペースの都合上、ケージは「極育養箱」を選びました。

実際にショップの販売陳列用にも使われていますし、餌の脱走対策も充分考えられているので。

20㎝×20cmと底面積は狭いですが、高さは36cmでまあまああるので、それを生かした立体的なレイアウトを作りたいなと思いました。

さて、まずは毎日の霧吹きに対応した排水対策ですが、このケージは底面が樹脂で作られているので、比較的容易に穴あけ加工が出来るというのも特長になっています。

僕も最初は底に穴をあけて排水口を作ろうかとも思ったのですが、そうすると当然底面に出っ張りが出るので、置き場所に制約が出来てしまうし、何気なく動かした時にバキッと破壊してしまう…なんて粗相もやらかしそうだし、何より穴を開ける工作そのものに躊躇を覚えたので、やはりサイフォンを使って吸い出す方式にしました。

極育養箱には天板の奥2ヶ所に耐圧チューブを通す為の穴が準備されています。

その穴を少し拡げて、シリコンチューブを通して底の水を吸い出せるようにセットしておき、いちいち扉を開けなくても排水が出来るように細工をすることにしましたconfident

当初は普通にシリコンチューブを底まで差し込んでおくつもりだったのですが、それだと土などでチューブが詰まってしまった時に一からやり直ししなければならなくなります。

そこで、予めパイプを埋めておき、そこにチューブを差し込む形にすることで再セットが簡単に出来るように工夫しましたconfident

埋め込むパイプは使わなくなったエーハイムのシャワーパイプ。
Rimg20794_2

底から2~3cmの部分に適当に穴をあけました。
Rimg20796_2

以前、水流を弱めるために穴を開けたエンドキャップがあったので、ここからチューブを差し込みます(工作が雑なのは見逃して下さいcoldsweats01)。
Rimg20795_2

そして、細かい土やゴミなど、詰まる原因になるものをシャットアウトするべく、ウールマットを巻き付けました。
Rimg20797_2

シリコンチューブを差し込んたパイプをセットし、軽石を敷いて、ソイルを敷き詰めます。
Rimg20802Rimg20803Rimg20804

レイアウトには、大きくなってきたマダラヤドクのケージのネオレゲリアの子株を借用bleah
Rimg20806Rimg20808_2

そして、これからは粘土細工のお時間happy01

「極床 超造形君」を使って、立体的なレイアウトを作っていきます。
Rimg20810Rimg20811_2

そして、この日は取りあえずここまで作り込みましたhappy01
Rimg20822

取りあえず…と言うのは、カエルと一緒におまけのアグレオネマが一株届くから(こう書くと、何処で購入したか判る人には判っちゃいますねcoldsweats01)。

因みに例の排水チューブですが、背面側に常時垂らしておき、排水する時にはこのキャップに繋ぎます。
Rimg20823_2Rimg20825




このキャップを空きペットボトルに嵌め、ボトルをベコッとへこませてから穴を指で塞いで戻すと、水が吸い出される仕組みwink
Rimg20826

さっそく試運転?してみると、ケージの高さ分揚程があるので、思いっきりへこませないとボトルまで落ちて来ないですが、一旦サイフォンが作動し始めたら後は下に置いておくだけで無事ほとんどの水を抜く事が出来ましたwink

 

そして本日、無事生体が届きましたsign01happy01

ゴールデンマンテラよりもさらに小さいですが、本当に綺麗ですhappy01

左がオスで右がメスかな?
Rimg20851_2Rimg20847

メスらしき個体はぷっくり太っていてすぐにでも産卵しそうwink
Rimg20841

おまけのアグラオネマ トリカラーもなかなか立派な株でしたhappy01
Rimg20834

急いでレイアウトを仕上げて、ケージに収容しましたhappy01
Rimg20872

ウアカリは物怖じしない性格なのか、早速ケージの探索を始め、特段隠れる様子もありませんhappy01
Rimg20900

Rimg20873_2Rimg20880

立体活動が得意なようで、ガラスの壁を器用にジャンプして移動します。

自然界でも主に葉の上で暮らしているんでしょうねconfident
Rimg20887Rimg20890_2

Rimg20893

それにしても綺麗なカエルですねconfident

早く環境に馴染んで、鳴き声も聞かせてくれるといいんですが…wink

いや~、モチベーションが上がって来ましたよsign01happy01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

|

« ベニマシコ、カシラダカ… | トップページ | アオゲラ… »

カエル」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/59102156

この記事へのトラックバック一覧です: R・ウアカリ導入…:

« ベニマシコ、カシラダカ… | トップページ | アオゲラ… »