« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月28日 (日)

2014年を振り返って…

今年ももうあと僅かとなりました。

本当に1年経つのが早くなったと感じますねcoldsweats01

折角備忘の為にブログをやっているので、ここらでこの1年を振り返ってみようかなと思い、自分でこの1年間の記事を読み返してみましたhappy01

齢を取るに従って、自分が書いた記事を読んで「こんな事があったんだsign01」と新鮮な驚きを感じることが多くなったのですがcoldsweats01、今年はあまりそう言った出来事がありませんでしたね~despair

年明けは沖縄で迎え、そこではノグチゲラの姿を垣間見たり、アカヒゲやミフウズラを見たりして、スタートはなかなか盛り上がったのですが、それ以降はあまり大きなトピックもなくsad

そんな中でやはり今年のハイライトはハワイ島での火山と星空観測でしたかねconfident

キラウエア火山は当時は活動がおさまっていて、何の危険も感じなかったのですが、その後活発化して溶岩流が民家を襲ったと言うニュースが伝わって来て、改めて火山活動の凄さを思い知りました。

後はやはりバードウォッチング関連の記事が多いですね。

こちらも凄い珍鳥を見たというような目立った出来事はありませんでしたが、出勤前の公園巡回は悪天候や特別な事情がない限り続いていますhappy01

一旦絞ったウェイトをリバウンドさせずに維持出来ているのはこの趣味のお蔭ですねcatface

 

それから今年は残念な出来事が相次ぎましたsad

ファットテールジャービルのカフェとモカが相次いで亡くなり、長年飼育していたクサガメの亀太郎を逃がしてしまい、最近はマサイヨロイトカゲも亡くなってしまいましたweep

気負い込んで導入したギュンターツリーラセルタも短期間の飼育で終わってしまいましたし…

この辺りは、ある程度飼育に対する経験値を積んだと言う思い込みもあって、コストダウンや省力化という間違った方向に工夫する傾向があったのが要因のひとつだと反省しています。

基本に立ち返って、生体に適した環境を如何にして作り上げるかと言うことを第一に考えた飼育をしていかないといけないですねthink

 
一方、今年新たにお迎えした生体は、ゴールデンマンテラ、マダラヤドクガエル、ホウセキカナヘビ。

マンテラとヤドクはペットショップのビンゴ大会でグラステラリウム3030をゲットしたのがそもそものきっかけでした。

ビバリウムでの飼育と言う、これまでとは少し違う形態での飼育スタートでしたが、これはこれでなかなか楽しいものですwink

生体の飼育と植物の育成の両方の側面があり、景観を作るという意味では水草水槽と同様の醍醐味がありますねhappy01

ヤドクガエルはその美しさから熱帯魚にも喩えられるのですが、飼育形態も熱帯魚飼育に似ていると実感しましたhappy01

来年は何とか繁殖に漕ぎ着けたいと思っていますconfident

ホウセキカナヘビはお迎えした時よりずいぶん大きくなりました。
初めての大型トカゲですが、ハンドリング可能なペットリザード目指して育成中ですwink

 
最後に棚卸しではありませんがbleah、現在同居中の生体を載せておきましょうcoldsweats01

フクロモモンガのラッテ
Rimg20375

ヒョウモントカゲモドキ達(レオ、アル、ジュニア、アルジュニ)…レオは脱皮中coldsweats01
Rimg20354Rimg20358

Rimg20357Rimg20355

クレステッドゲッコーのクレス
Rimg20376

ニホンヤモリ4匹
Rimg20342Rimg20345

サカラバネコツメヤモリ
Rimg20371

ホウセキカナヘビ
Rimg20067

ニシキマゲクビガメのあきら
Rimg20359

ミシシッピニオイガメの亀次郎
Rimg20360

カジカガエル2匹
Rimg20351

ミヤコヒキガエルのヒッキー
Rimg20341

ゴールデンマンテラ4匹
Rimg20365Rimg20372

マダラヤドクガエル3匹
Rimg20313Rimg20322

Rimg20335

そして熱帯魚達(60cm水槽2本)。

…結構いますねcoldsweats01

限られたスペースと世話に割ける時間を考えると、もう限界かな?とも思いますが、そこはそれ、一期一会の出逢いがあれば増えてしまうかもしれませんbleah

 

来る2015年はもっと楽しいニュースがある1年だといいのですが…confident

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

ようやくルリビタキに出逢えました!

昨日でようやく年内の仕事も終わったので、今朝はしっかり日が昇ってからMF巡回に出掛けましたhappy01

何たって出勤時間に間に合うように戻らなければならないという制約が無いので、今日はじっくりとルリビタキが出て来るのを待ってみようかとwink

とは言え、年末で何かとバタバタするし、年賀状も書かなきゃいけないので、じっくりと言っても限度はありますがねcoldsweats01

公園に到着し、昨シーズン毎日ルリビタキを観察していたポイントに行ってみると、何のことはない、あっさりとルリビタキ君に遭遇しましたhappy01

やっぱり普段はちょっと時間が早過ぎるんでしょうねwink
Dscf5454

Dscf5457_2

Dscf5461

多分昨冬と同じ個体でしょう。行動パターンが同じですwink
Dscf5465

林の中で薄暗い為、写りはイマイチですが、やっぱり綺麗な鳥ですねhappy01
Dscf5467

Dscf5485

Dscf5487

Dscf5488

これから日の出が早くなって来れば、出勤前にも逢えるかなあ…confident

春までずっと居てくれたら嬉しいんですがねwink

帰りに違うポイントでメスにも出逢えましたhappy01
Dscf5501

Dscf5506

後はアオジ。結構色が出た綺麗なオスでしたhappy01
Dscf5419

Dscf5446


何はともあれ、MFでもルリビタキに出逢えることが確認出来てよかったです~happy01

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

ルリビタキに出逢えず…

雨の翌日の日曜日、天気も良くなったので鳥の出もよさそうかなと思い、近所に探鳥に出掛けることにしました。

目標はルリビタキの撮影です。

ただ、色々と家の用事があったので、出掛けたのはお昼頃。

何処に行くか迷ったのですが、昨冬、綺麗なルリビタキを撮影していた神社の裏山に久々に行ってみることに。

ポイントに着くと、先客が1人いて、聞いてみると確かにルリビタキが出ているとかhappy01

1年振りの出逢いを期待して1時間弱粘ってみたのですが、残念ながら現れずsad

現れたのはキセキレイだけでしたcoldsweats01
20141221

この子も昨冬と同じ個体かもしれません。
水路のように見えますが、これ、道に出来た水溜りですcoldsweats01

このポイントが空振りに終わったので、今度はより確実に出て来そうな千里南公園に移動しました。

此処には先客はなし。昼過ぎだからなんでしょうかね。

水場の前に陣取って鳥を待ったのですが、結構風が強くて寒かったですshock

で、やって来たのは…

メジロ。
201412211

201412212

シロハラ
201412211_2

201412212_3

そしてジョウビタキオス。
201412212_4

201412213

201412211_3

結局、お目当てのルリビタキはやって来ないまま、体も冷えて来たし、年賀状も書かなければならないし…と言うことで、撤収して家に帰りましたsad

12月は何かと忙しいから、なかなかじっくり探鳥が出来ませんね~coldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

朝のMF巡回…

ここのところ、寒い日が続きますね~shock

大阪は名古屋のように雪が積もったりはしませんでしたが、それでも昨日の朝は池に氷が張っていましたsweat02
20141218

それからすると今朝は冷え込みも大分マシになったと思いますが、そもそも日の出が7時過ぎと遅いので、出勤前のMF巡回は本当に時間が限られてしまいますsad

何とか撮影出来る明るさになってからタイムリミットまで40分と言ったところでしょうかsweat01

今朝は少し出掛けるのが遅くなったので(それでも日の出前ですがcoldsweats01)、探鳥出来る時間は30分ちょっとかな~と思いながらMFを目指しましたconfident

公園の池も今朝は凍っていませんhappy01

でも、曇りがちなので日の出時刻を過ぎても薄暗い感じdespair

時間もないのでカワセミの池はパスして、時折ルリビタキが出没するポイントに向かいました。

到着して暫くすると、エナガとシジュウカラの混群がやって来ました。
でも木の上の方を飛び回っているので、空抜けの逆光だなあ…と思っていると、エナガ達の声に混じって「カッカッ…」「ヒッヒッ…」とヒタキ独特の声が聞こえて来ます。

声がする方に目を凝らすと、葦の合間を縫うように飛び回る地味な鳥を2羽発見coldsweats01

茂みの中を移動する様子から「ウグイスかな?」と思ってよく見ると、

ジョウビタキのメスと
201412192_2

ルリビタキのメスでした。
20141219 

201412192_3

201412193

どうやら、縄張り争いをしているようで、ジョウビタキの方が優勢な模様coldsweats01

やがて、ジョウビタキがルリビタキを追い払ってしまいましたsweat01
201412193_2

201412191

次に現れたのはジョウビタキオス。
201412191_2

201412192_4

池の畔に目を移すと、ヒクイナがいましたhappy01
20141219_2

201412192_5

先日の「解像度ひくいなsweat02よりは少しマシかな?coldsweats01
201412194_2

少しピンボケですが、全身が写っているので…
201412193_3

最後にやって来たのはアオジ。
20141219_3

…なんだかんだ言って、結構な撮れ高でしたねwink

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

XPERIA Z2 Tabletが修理から戻って来ました。

液晶の黄ばみが気になってドコモショップに修理に出していたXPERIA Z2 Tabletの修理が完了したとの連絡が、日曜日に留守電に入っていたので、昨日会社の帰りに受け取ってきました。

ショップに持ち込んだのが先週の火曜日で修理が終わったのが5日後の日曜日。
目安として伝えられた修理期間の10日の半分の5日で戻って来たことになります。

修理にしては随分早い返却なので、やはり新品交換なのか…?と思ったのですが、修理結果表を見る「画面部品を修理しました」となっていて、製造番号も変わっていませんでした。
20151215

と言うことは本当に分解修理したんでしょうか…。

因みに液晶の状態はこんな感じ。
Rimg20317

確かに黄ばみは改善されているようです(心なしか残っている気もしますがcoldsweats01)。

当然無償修理だったし、早く直ってきたのはよかったのですが、納得いかないのはショップで1時間も待たされたことannoy

故障窓口でなく、修理返却窓口に行っているのにですよangry

しかも事前にWebで待ち状況を確認し、修理返却窓口の待ち人数0人というのを見た上で、念の為、店に到着する直前にWeb予約を入れたら、何故か2番目になっていたのだけどdespair、それでも受け取るだけだからすぐ順番が回ってくるだろうと思っていたら、延々1時間待たされたんですannoyannoy

僕の前の客がえらく長引いていたせいもあるんでしょうが、そもそも修理返却窓口でそんなに時間がかかるって言うのはそもそも対応する窓口が間違ってるんじゃないでしょうかpunch

「修理が出来ましたから取りに来て下さい。」と言っておいて、1時間も待たせたら客は怒るやろannoyannoyannoy

修理完了品を返却するだけなんだから、臨機応変に手が空いている店員が対応して客を帰した方が店側もスムーズに営業を続けられると思うんですがねえ…。

まあ、窓口に行ってからデータのバックアップ方法がわからんとか、IDやパスワードを忘れたとかネットワーク暗唱番号がわからんとか言い出すスットコな客もいるらしいので、店も色々と大変なんでしょうが、それにしても残念な対応でしたねえpout

こんな事じゃ他のキャリアーへの流出を食い止めるのは難しいんじゃないかと思ってしまいますねangry

タブレットの方は無事にデータの復活も出来、メール設定も何とか成功(スマホと同じアドレスでマルチデバイス設定にしているので少しばかりややこしいのです)し、修理に出す以前とほぼ同じ状況に戻せたので、しばらくはこれで様子を見ようと思っていますconfident

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

アメリカヒドリのハイブリッドと同居人たちの近況…

今日は寒い中、ゴルフgolfに行ってきましたが、3時前に帰って来られたので、投票がてら、MFを探索して来ましたhappy01

晴れていたのですが、4時頃になると日が傾いてもう夕暮れの雰囲気ですconfident

本当に日が短くなりましたね。

日曜で人が多いせいか、朝の散歩の時ほど鳥影は濃くなく、これはという鳥との出逢いはあまりありませんでした。

唯一、気になったのがこの子。
Dscf4808

どうやらアメリカヒドリとヒドリガモのハイブリッドのようですconfident
Dscf4814

Dscf4830

…さて、先日導入したマダラヤドクガエルは、今のところ順調に馴染んできているようですconfident

基本的に用心深いので、隠れていることが多いのですが、時折外でハンティングしている姿を観察出来るようになりましたhappy01

わかりにくいですが、3匹勢揃いの写真ですcoldsweats01
Rimg20284

その後、超造形君とフィルムケースでシェルターを増築していますwink

アップで見ると結構怖い顔をしていますねcoldsweats01
Rimg20312

ゴールデンマンテラも元気です。

こちらも4匹全て確認するのは至難の業coldsweats01
Rimg20302


久々登場のラッテhappy01

恒例の週末の爪切りの後に撮影しました。
Rimg20296

Rimg20299

この後、大好物の「ぷちクロワッサン」を貰いましたよhappy01

相変わらず呑気に暮らしています~wink

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

青、黄、 ・・・オレンジ

今日はじっくりと探鳥出来る時間があったので、この季節の赤・青・黄三色撮影にでもチャレンジしてみるか…と朝から出掛けてみましたhappy01

まずは青。このところMFでも見かけるようになりましたが、確実に撮影出来る場所…と言うことで、千里南公園へ。

寒風吹きすさぶ中、待つこと暫し…ようやくルリビタキくんが出て来てくれましたhappy01
Dscf4552

Dscf4573

続いては黄色。

西の方の山に車を走らせ、ミヤマホオジロのポイントに行ってみると、こちらはあっさりと出て来てくれましたhappy01
Dscf4617

ほっぺたにお弁当が付いていますが…coldsweats01
Dscf4620

Dscf4636

Dscf4700

Dscf4742

Dscf4774

Dscf4792

メスタイプもwink
Dscf4609

Dscf4669

この時点で、青、黄色は達成happy01

残るは赤…という訳で、ベニマシコの姿を探しましたが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。

しかも、日は照っているものの気温が低くて体が冷え切ってしまい、昼過ぎに探鳥を断念bearing

もう少し寒さ対策をしておくべきでしたねdespair

と、言うことで、赤は撮れずじまいだったので、替りにオレンジでお茶を濁しておきますcoldsweats01

そう、ジョウビタキbleah
Dscf4539

Dscf4547


それにしても寒かった~shock

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

iZooで凄い事が!

ちょっと情報が古いですが(僕はたった今知りましたcoldsweats01)、iZooでボルネオミミナシオオトカゲが孵化したそうですねsign03

昨日付けの地元の伊豆新聞の記事がネットで拾えたので、こちらにリンクを貼っておきます(一定期間過ぎたらリンクは切れてしまうでしょうがsweat02)。

著作権の問題もあるので、コピペは出来ませんがcoldsweats01、2匹のメスが6個ずつ産んだ卵を、28℃で6個、27℃、26℃でそれぞれ3個ずつ孵卵器で保管したところ、27℃の卵が82日目(12月7日)にして孵ったと言うことですhappy01

白輪園長は「27℃で82~83日程度で孵化することが判っただけでも大きな成果。」と仰っていますが、本当にそうですよね。

記事には可愛い赤ちゃんの写真も載っています。
基本的には成体と同じ姿形ですが、尻尾や横腹に斑紋があるのが幼体独自の特徴のようです。

幻の生き物、ボルネオミミナシオオトカゲですから当然幼体の映像や資料もないわけで、今後育成していく過程の記録がとてつもなく貴重なデータになっていきますねconfident

iZooでは先頃、ヒロオビフィジーイグアナの産卵にも成功していて、その業績にはただただ「凄いsign01」と言う感想しか出てこないですcoldsweats02

ボルネオミミナシオオトカゲの赤ちゃんは孵卵器に入れた状態で一般公開されるそうです。

ああ、見に行きたいsign03 

でも、ちょっと遠いんだよなあ…sweat01

去年行った時は、ボルネオミミナシオオトカゲは尻尾しか見られなかったしcoldsweats01

どうせ行くなら今度はあわしまマリンパークのかえる館にも行ってみたい…などと思いを馳せながら会社で妄想しておりましたbleah

あ、この記事は昼休みに投稿してますからねsign01coldsweats01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

XPERIA Z2 Tabletの液晶不具合…

少し前から、XPERIA Z2 Tabletの液晶の端に黄ばみが出るのが気になっていました。

最初のうちは長辺の端の方がうっすらと黄色(オレンジ?)っぽいかな…という程度だったのですが、最近はちょっと濃くなってきたような…despair

因みにネットで「XPERIA Z2 Tablet 黄ばみ」で検索をかけると、結構ヒットしますsweat01

それによると、SONYでは「ある一定のロットの液晶の不具合…」と説明しているとか。

僕はそんなに神経質な方ではないと思っているのでcoldsweats01、多少のドット欠けやにじみなら全然気にせずに使い続けるつもりなのですが、無償修理をお願いするなら早い方がいいと思い、昨日購入したドコモショップに持ち込んでみました。

因みに液晶の黄ばみはこんな感じ。
Xperia_2Xperia2_3

ショップの窓口で思いついてスマホで撮影した写真なので、かなり不鮮明ですがcoldsweats01、端の方に黄ばみがありますよね。

因みにどの窓口に行けばいいかとちょっと迷いながら「故障窓口」に行ったので、「これは故障とは言えません。」と言われるかな…なんてちょっと心配していたのですが、あっさりと「ああ、液晶の不具合ですね。」と修理扱いになりましたcoldsweats01

やっぱり同じような相談事例があるんですかね…。

当然ながら、修理に出すには出荷時の状態に戻さなければならないので、microSDカードにデータ等をバックアップする必要があります。

まあ、ちゃんとバックアップアプリがインストールされているので、簡単な手間で済みますし、どのみち画像やメールデータやスケジュールはクラウドに上がっているので、万が一失敗しても何とかなるんですがねwink

修理と言っても、液晶をユニット交換して再度組み立てる…などという手間を考えると、新品に交換されるんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう。

因みに修理に出している間、代替機を無償貸与してくれるサービスもあるのですが、生憎古い型のタブレットしか在庫がないと言うことなので、このサービスは使用せず、替りに300ドコモポイントを受け取りました。
別にスマホも持っていてメールアドレスは共通なので、特に困ることもないかなと(じゃあ、タブレット要らないじゃんcoldsweats01)。

修理期間目安は約10日。

果たして無事症状は改善されるのでしょうか…。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

今季初のルリビタキ…

MF周辺にもルリビタキが来ているらしいとの情報は得ていましたが、僕自身はまだルリビタキのオスには出逢っていませんでした。

毎朝のMF巡回では限られた時間と言う事もあり、姿を見られずじまいで、週末の探鳥でも空振り続きdespair

と言う事で、「今日こそは…」と朝から千里南公園で粘ってみましたhappy01

それにしても寒いbearing 充分着こんだ筈なのに小1時間屋外で立っていると心底身体が冷えてきますpenguin

そろそろ限界か…と思った頃、ようやくお目当てのルリビタキくんが登場してくれましたsign03happy01
Dscf4276

Dscf4337

Dscf4342

なかなか綺麗なオスですhappy01

ルリビタキ君登場前にはメジロも集団でやって来てちょっとの間お相手してくれましたhappy01
Dscf4245

真冬snowの寒さで凍えそうになりましたが、何はともあれ、今季初のルリビタキオスを撮影出来てよかったです~happy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マダラヤドクガエルをお迎えしました!

とうとうヤドクガエルを導入してしまいましたcoldsweats01

マダラヤドクガエル エル コープ(EL Cope)と言うモルフです。

今回導入に至った経緯を説明すると、先日、2年ちょっと飼育していたマサイヨロイトカゲが亡くなってしまいcrying、飼育していたグラステラリウム3030が空いてしまったことから事は始まりました。

空っぽのケージを眺めていても寂しいし、どうしようかと考えて、辿り着いた結論は、「キイロショウジョウバエが結構なペースで繁殖していて、ゴールデンマンテラ達だけでは消化し切れないから、中型~小型のヤドクガエルを導入したらいいのでは…」というもの。

もともと、最初にビバリウムを立ち上げた時にはヤドクガエルを飼う気満々だったのですが、ショップに見に行った際にたまたまいたゴールデンマンテラに切り替えていた経緯もあったのでね…coldsweats01

しかし、グラステラリウムでヤドクガエルを飼育するには、餌の脱走対策を何とかしなければなりません。

観音開きのグラステラリウムは至る所からショウジョウバエが脱走してしまうので…coldsweats01

そこで、甚だ見栄えは悪いのですが、あり合わせの材料で脱走対策を施しました。

Rimg20074_2
まずは扉の支点の隙間を薄手のウールマットで塞ぎました。

 
 

少し判りづらいですが、隙間にウールマットが挟まるように固定しているのです。

 

ウールマットは柔らかいので、挟み込んでもさほど抵抗なく開閉出来ますhappy01

それから、前面のベンチレーション用スリットにもウールマットを貼り付けています。

これは内側から見た写真。
Rimg20072

Rimg20071_3
そして、正面にある左右の扉の隙間対策として、片方の扉の端にやはりウールマットを内側から貼り付けました。

 

鑑賞の邪魔にはなりますが、脱走を防ぐ方が優先ですthink

こうして一応の脱走対策を施してから、鉢底石を敷き、その上から鉢底ネットを敷いて、ヤシガラチップ、ヤシガラ土の順に敷いていきました。
Rimg20195Rimg20199Rimg20201

Rimg20196_2手前に写っている丸い物は、排水用のパイプ代りのエーハイム用ホースです。

ここにホースを突っ込んで、サイホンで排水する訳です。
カエルや餌が潜り込まないように木の枝で栓をしていますwink
 

そして、近所の山で採集して来たbleahコケを敷いて、流木を組んで、ブロメリアを配置して「なんちゃってビバリウム2号」の完成coldsweats01
Rimg20205

こうして何とか環境が整うと、1日でも早く生体を入れてみたくなるのが人情と言うもの。

本当は日曜日に行こうと思っていたのですが、土曜日のゴルフgolfが割と早く終わったので、帰りに「アクアテイラーズ」さんに寄って(かなり遠かったですが…coldsweats01)生体を買って来ちゃったと言う訳です。

アクアテイラーズ」さんは観賞魚ショップ(あるいはレッドビーシュリンプ)として有名な店で、以前から名前は知っていたのですが、今回あるHPからヤドクガエルを仕入れている事を知り、是非とも行ってみようと思っていたのですconfident

実際、入ってすぐのコーナーにヤドクガエルコーナーがあって、結構なレア種も含め数種類売られていたし、ビバリウム用品やブロメリア等も充実していて、かなり力を入れている事が伺えましたhappy01

綺麗にレイアウトされたビバリウムも沢山飾られていて、なかなか見応えがありましたよwink

折角なので、ブロメリアと、「極床 超造形君」と言うゼオライト含有の造形剤も買って来ました。
粘土細工のように立体的な造形が出来、苔やシダなども活着出来るというやつです。

マダラヤドクガエルは繁殖も視野に入れたかったので、確率を考えてトリオでお迎えconfident
Rimg20218

Rimg20225

Rimg20228

ケージに入れる前に、超造形君とフィルムケースを使ってシェルターを作り、新たに買って来たブロメリアを植栽して、ビバリウムをグレードアップしましたhappy01
Rimg20242_2

ケージに投入すると、案の定すぐにシェルターに入って行きましたcoldsweats01

団子になっていますhappy01
Rimg20230

その後、少し落ち着いたのか、ケージ内の探検をする個体もhappy01
Rimg20236

餌の脱走対策は、正面の扉の間の隙間が心許なかったので、ボール紙(ゴルフボールの箱です)を折って挟み込んでおくことにしましたwink
Rimg20244Rimg20245

(追記)霧吹きを頻繁にしたら、ベンチレーション口の内側のウールマットを止めているテープが剝れてきてしまったので(ちょっとは予想していたのですがcoldsweats01)、外側から防虫シートを貼り付けましたsweat01
Rimg20251_2Rimg20249


暫くはこれで様子を見ようと思っています。

早く新しい環境に馴染んでくれるといいのですが…confident

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

亀達の成長記録…

気が付けば、もう12月ですねsweat01

年齢とともに本当に月日の過ぎるのが早くなったと実感しますsweat02

この週末は、「そろそろ取り掛からないと…」とPCに向かって年賀状のデザインを考えたり(僕はペンタブを使ってイラストを描いているのです。)していましたが、なかなかいいアイディアが浮かばず、四苦八苦していましたsweat02(羊ではあまりイメージが湧かないんだなあcoldsweats01)。

後はいつもの週末のように生体たちのメンテナンスに追われていましたsweat01

水換えのついでに体重測定をしたところ、ミシシッピニオイガメ(ショップではカブトニオイガメで売られていたcoldsweats01)の亀次郎はめでたく100gに到達happy01
Rimg20052Rimg20047_2

久々に測った甲長も順調に伸びていますwink
20141201

ニシキマゲグビガメのあきらも同様に体重、甲長とも増えていますhappy01
Rimg20058_2Rimg20045


20141201_2

昨年の年末、ひょんな事で我が家の住人となった2匹ですが、もうすぐ我が家に来て1年が経つんですねconfident

毎日、餌くれアピールを繰り返し、爆食いをしている甲斐があって、亀次郎は体重が3倍に、あきらも2倍以上に増えましたhappy01

この調子で成長していくと、そのうち今の水槽では狭くなってしまうのかな…とちょっと不安になったりしてcoldsweats01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »