« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

アカゲラ…

今朝、出勤前の公園巡回でアカゲラに遭遇しましたhappy01

日が昇り切ってなく、まだちょっと暗かったのと、遠かったので、証拠写真のみcoldsweats01
Dscf1537

Dscf1539

Dscf1541

数日前にも見かけたので、しばらく定点観測してみることにしますconfident

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

日光浴…

今日はまさに秋晴れsun快晴の一日でした。

朝から久々に大阪城公園に出掛けてみましたが、オオルリメス?とコサメビタキとキビタキメスが撮れた程度despair
Dscf1475_2Dscf1483Dscf1506

豊国神社裏でジュウイチを撮影している集団に混じってしばらく待ちましたが、飛翔する姿を肉眼で見ただけで、残念ながら撮影は出来ませんでしたcrying

日差しが強烈な上に気温も上がって来て、流石にしんどくなったので、昼前に撤収して引き揚げて来ましたcoldsweats01

週末のノルマ、生体のケージのメンテナンスと亀の水換えに取り掛かりましたが、折角の天気sunなので、生体達は自然光でのバスキングですwink

まずは先週お迎えしたギュンターツリーラセルタ達。
Rimg19689_2Rimg19698_2

カナヘビらしからぬ薄くて尖った顔がユニークですねhappy01

ペアで仲良く?バスキングhappy01
Rimg19742

そのうち、オスの方が脱皮し始めましたconfident
Rimg19714Rimg19718

ここでも余り物のステンレスネットが大活躍。
名付けて「脱走&拉致防止ネット」ですwink
Rimg19731

もちろん、ホウセキカナヘビもhappy01
Rimg19729

亀達も水換えの間、強制甲羅干しです。
Rimg19704Rimg19730

Rimg19728_3
ラッテは日光浴しませんから、遊具?を日光消毒wink

Rimg19722

ラッテは予めポーチに避難していたのですが…

 

 

物音が気になって出て来たら天井がないもんだから、ちょっと慌てていますcoldsweats01
Rimg19727

おかげでケージもすっかり綺麗になって、臭いも取れました(ラッテは不満でしょうがcoldsweats01)。

やっぱり太陽sunの力は偉大ですね~happy01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

野鳥撮影の頼れる相棒です(^^)/

にほんブログ村のブログトーナメントと言う催しに「ご自慢のカメラトーナメント」と言うのがあったので、参加してみましたhappy01

これまでにも何度か記事にしていますが、僕は富士フィルムのFinePix HS 50EXRを使用して野鳥撮影していますhappy01
Rimg14783

こいつは見た目はデジタル一眼っぽいのですが、レンズ交換の出来ない普通のデジタルカメラです。
こうした高倍率ズーム機をネオ一眼なんて呼ぶこともありますが、要はコンパクトデジタルカメラ、所謂コンデジの仲間なんですね。

とは言え、そのズームの倍率は光学42倍。
35mm判換算でなんと1,000mm相当の望遠性能が得られるのが最大の魅力で、野鳥撮影には心強い武器となります。
Rimg14777

さらに「超解像ズーム」という1.4倍、2倍のデジタルズームがありますから、最大84倍、2,000mm相当まで寄れる訳ですね。

この性能が3万円程度のカメラ1台で得られるというのは凄い事ですhappy01

この望遠性能を一眼と望遠レンズで揃えたらそれこそ数百万円かかるし、デジスコやデジボーグで組んでもやっぱり数十万円かかってしまいます。
それに装備が大掛かりになって出勤前の散歩に手軽に持ち出すと言う訳にはいかなくなりますから…coldsweats0120140423

もちろん、画質、描写力と言う点では一眼に及ぶべくもなく、普通のコンデジクラスと割り切らないといけませんsweat02
僕はこのFinePix HS 50EXRの他にリコーのCX3というコンデジを所有していますが、画質の点では大差なく、飼育生体の写真などは相変わらずCX3で撮影しています。

当然ながらこういう製品の技術開発のスピードは速く、去年の5月に購入したFinePix HS 50EXRも既に生産中止になり、言わば型落ちモデルになってしまいましたwobbly
富士フィルムの現行モデルは光学50倍だし、他メーカーからは60倍モデルも出ていて、キヤノンからは間もなく65倍モデルsign01も発売される状況ですcoldsweats02

でも、こと画質においては必ずしも新製品ほど優れているとは言えないんじゃないかと思うのですconfident

デジカメの画質を表現する指標としてよく使われるのが画素数です。
確かに同じ大きさの写真で比較した際に画素数が多いほどきめの細かい写真になるであろうことは容易に理解出来ますね。

20140423_2でも、1000万画素以上の画素数が必要となるのは、A3以上の大きさのプリントをした時ぐらいで、PCのモニターで見るのがせいぜいの僕からしたら300万画素もあれば本当は充分なのです。
そもそもブログにアップ出来る容量はも~っと小さいですからねcoldsweats01

よく言われることですが、それよりも大事なのは受光部分である撮像素子(イメージセンサー)の大きさです。
被写体の情報は全てここから得ている訳ですからね。

現在の高倍率コンデジのほとんどは1/2.3インチと言うサイズの撮像素子を使っていますが、これはフルサイズと呼ばれる高級一眼の1/30の大きさしかありません。
それなのに画素数は1800万とか1600万とかフルサイズと同じ画素数を謳っているので、1画素辺りの有効面積は物凄く小さくなってしまい、それが描写力の差になっているというのは否めないのです。

その点、FinePix HS 50EXRは画素数は1600万ですが、1/2インチという少し大きなセンサーを搭載しているので、ちょっとだけマシなんじゃないかなあ…と思っていますcoldsweats01

まあ、センサーサイズが小さいおかげで35mm換算で1000mm相当の望遠効果が得られている訳なので、小さくする事を全否定することもないのですが…coldsweats01

でも、もっと古い設計のコンデジであるCX3が、画質に遜色がないと感じるのは、1/2.3のセンサーだけど1000万画素だと言うのも理由のひとつなんじゃないかと。

要はコンパクト化とそれによって犠牲になる画質をどの辺で折り合いをつけるかということなんでしょうが、あんまり画素数を欲張らなければ無理はなくなるのになあ…と思うのですよ。
まあ、そこに拘るのならフルサイズの一眼を買いなさいってことですかねcoldsweats01

それから、このFinePix HS 50EXRのもうひとつの長所はズームリングが手動だと言うこと。

現行の高倍率コンデジは全て電動ズームになってしまっていますが、やっぱり手動の方が速いし、雰囲気出ますよねbleah

レンズフードが標準で付いているのも嬉しい点です。
これも鏡胴が完全に収納されない手動ズームの故なんでしょうが…。

まあ、その分携帯性に難があるということもありますがねcoldsweats01

そして、今回、照準器マイクロポイントType-Sを導入したことで、被写体の捕捉が格段に楽になり、もはやオールドボーイとなったFinePix HS 50EXRは現役の戦力としてバリバリ働いているのですconfident
Rimg19422_2Rimg19424

とは言え、僕もいつかはデジイチにロクヨンの大砲を装着したり、本格的なデジスコを導入して「作品」と呼べるような綺麗な野鳥写真を撮ってみたいのですが、平日の出勤前と週末だけの探鳥には、当分このカメラでいいかな~と思っていますwinkDscf1413

Dscf1372

と、言う事で、久しぶりににほんブログ村のトーナメントに参加してみました~bleah

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

またまた生体追加…

実は昨日、また生体を追加してしまいましたcoldsweats01

ブラックアウトでホウセキカナヘビをお迎えしたばかりなので、自分で自分に「おいおい、大丈夫かcoldsweats01」ってツッコミたいところも正直あるのですが、実はずっと悩んでいたのです。

その生体とは、ギュンターツリーラセルタ。
Rimg19621

先月、とあるショップ(ネタばらしすると「CANDLE」さんですcoldsweats01)でニホントカゲの幼体を思わせる(もっと綺麗ですが)華麗な体色の小さなカナヘビがわんさか入っている水槽を見て、衝撃を受けたのが最初でした。

その日は「いやいや、衝動買いはいかんthink」と思いとどまってコオロギだけ購入して帰宅したのですが、その後、店に行く度に水槽を覗き込んで店長に色々聞いたり、ビバガのバックナンバーの特集記事を読んだりして情報収集し、「やっぱり飼ってみたい…」と言う気持ちが段々高まっていったのです。

先日のブラックアウトでもギュンターは販売されていて、イベント価格で多少安かったので相当迷ったのですが、2体しかいなくてペア取りに不安があった為見送ったということもありました。

そして先週末はナゴレプ。
「CANDLE」さんも出店されると聞いていたので、「ひょっとしたら売り切れてしまうかも…sweat02」とちょっと不安になっていた事もあり、祝日の昨日、にゴルフgolfに行った帰り(ホームコースからの帰途から近いので)に店に立ち寄ってみたのです。

すると、水槽の置き場所が移動していて、一瞬「え、もう売れた?」と焦った後、別の場所にまだいるのを確認、でも随分数が減っていたので思わず「ペアで下さいsign01」と言ってしまったという訳coldsweats01

と、言う事でめでたく?ペアでのお迎えですcoldsweats01
Rimg19626_2

改めてじっくり観察するとサイズが小さいうえにやけに薄っぺらだし、コオロギの食べ方もがっつく感じではなくちょっと不安も感じるのですが、何とか繁殖にまで漕ぎ着けたらいいなと思っておりますconfident

一方、先住者のホウセキカナヘビは餌喰いも絶好調happy01
Rimg19638_2

アップで撮るとまるでモニターのような存在感ですconfident
Rimg19646

Rimg19647




早くもホウセキカナヘビのトレードマーク、ブルーの水玉模様が出始めていますよねwink

こちらも成長が楽しみですconfident

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

タカの渡り観察と箕面の山…

今日は朝からすっきり晴れるsunとの予報だったので、足を延ばして高槻市の萩谷総合公園に行ってみましたhappy01

この公園ではタカの渡りが観察出来るということで、高槻Hawks萩谷調査隊なるグループが毎日観察をしていると聞き、一度行ってみたいと思っていたのです。

「タカの渡り全国ネットワーク」のHP によると、多い日はサシバやハチクマが数百羽も観察出来るとのことなので、否が応にも期待は高まりますconfident

今年のデータを見ると、既に渡りのピークは訪れている気もしますが、昨日が一日曇り勝ちの今一つの天候だったのと対照的に今日は朝からよく晴れるという予報なので、上昇気流が発生しやすい本日は絶好のコンディションじゃないか…という希望的観測もありましたしwink

さて、7時30分過ぎに公園の駐車場parkingに着いてみると、既にかなりの数の車が止まっていましたsweat01

後で分かったのですが、同じ公園内の球場で高校野球の秋季大会が行われていて、あの大阪桐蔭が試合をすると言う事で、来場者が多かったようですcoldsweats01

10時過ぎに引き上げる時には駐車場に入り切らない車が10台以上行列していましたからねcoldsweats02

観察会場に到着すると、既に数人の方がカメラやフィールドスコープを据えて観察されていました。

まだ渡りは観察されていないようでしたが、近くの(と言っても200m以上先ですがsweat02)杉の木にサシバが止まっているとの事。

スコープを覗かせていただくとバッチリ見えるのですが、僕のFinepix HS 50EXRではせいぜいこんなもの(かなりトリミングしています)sad
Dscf1031

その後、もう少し遠くの杉の木にハチクマが止まっていると教えてもらいましたが、こちらは僕のカメラの限界を超えていましたsweat02
Dscf1062

その後、あちこちでサシバやハチクマの飛翔が始まり、僕が滞在していた2時間半ちょっとでも、恐らく数百羽以上観察されたと思いますhappy01

ただ、結論から言えば、コンデジでは全く無理sweat02

想像以上に被写体が遠く、まずは肉眼では見つけることすら困難ですsweat01

稀に真上など近い距離を飛んで行くこともありますが、いくら照準器を使っていてもデジタルズーム84倍の狭いフレームに入れることは至難の技。その上被写体が小さすぎて全くAFが効きませんsad

仕方ないので、マニュアルフォーカスにして遠くの鉄塔にピントを合わせておき、後は「下手な鉄砲も…」でひたすら何枚もシャッターを切ったのですが、ボツ写真のオンパレードでした。

やはりタカの渡りを撮影するには一眼と超望遠レンズが必要だし、加えて双眼鏡かフィールドスコープがなければどうしようもないことを痛感しましたcoldsweats02

そんな中で辛うじて写っていたのをトリミングしたのがこの写真ですcoldsweats01

電線の向こうに6羽のタカが写っています(84倍でこの大きさsweat02
Dscf1091

ハチクマ…と思われる個体たちcoldsweats01
Dscf1167

Dscf1170

Dscf1173

Dscf1174

これはサシバっぽいかな?coldsweats01
Dscf1176

Dscf1196


…と言う事で、「タカの渡りを観察して来ました。」とはお世辞にも言えないお寒い結果だったのですが、皆さんとてもフレンドリーで、排他的なところなど欠片もなく、「何番鉄塔の右2時の方向sign01」とか、「四本電線の左上sign01」とか声を掛け合って皆で協力して観察している様がとても印象的で、大変心地よい時間を過ごす事が出来ましたhappy01

因みに件のHPによると、僕が帰ってからも次々と集団が飛来し、何とサシバ1420羽、ハチクマ206羽が観察されたようですsign01
まあ、あのままもう少し留まっていても、僕の装備では満足の行く写真は撮れてないでしょうけど…coldsweats01

まあ、今度はちゃんとした機材を持って再度チャレンジしたいと思っています(何時の事やらcoldsweats01)。

 

さて、一旦帰宅した後、午後は家族の買い物をしている間に箕面記念の森に行ってみました。

バードバスで30分ばかり粘ってみましたが、やって来たのはシジュウカラ1羽のみsad

あきらめて帰る途中、林の中を飛び回る小鳥を発見sign01

エゾビタキでしたhappy01
Dscf1268

Dscf1273

Dscf1306

Dscf1323_2

どうも今年はエゾビタキ、コサメビタキの当たり年のようで、特に北摂地区には多く入っているように思えますconfident

そして、他にもちょこまか動き回る小鳥を見つけ、飛ばれたり枝被りだったりと散々苦労して撮影したのがこれ。
Dscf1317

Dscf1328

う~ん、メボゾムシクイか、センダイムシクイか…と悩みましたが、このピンボケ失敗写真が手掛かりにcoldsweats01
Dscf1326

頭央線がないので、メボソムシクイのようですねwink

帰り際に2種をゲット出来、何とか帳尻合わせが出来たかな…という探鳥でしたcoldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

久々に住人達の近況…

今日は特に用事もないので、じっくりと生体達の世話をしましたhappy01

まずは亀達の水槽の水換え。

換水中は強制甲羅干しです(今日は曇ってますがcoldsweats01

ミシシッピニオイガメ(店ではカブトニオイとされていましたが)の亀次郎。
Rimg19582

ニシキマゲクビガメのあきら。
Rimg19576_2

ついでに身体測定です。 今回は久々に甲長も測ってみましたwink
Rimg19570Rimg19572

うちに来てから約9ヶ月ですが、体重だけでなく、甲長も順調に成長しているようですhappy01
Photo_2

先日お迎えしたホウセキカナヘビは、天気のいい日はベランダでケージごと日光浴させますが、今日は曇っていたので、外に出しませんでした。
Rimg19543

蓋は随分前、ラッテのケージの改造をした時に買ったステンレスの金網の残りで自作しましたcoldsweats01

カラスなどに襲われたら大変ですからねwink

餌はコオロギの他に人工飼料や果物なども与えていますが、人の手に慣らす為にこんな事もやっていますwink
Rimg19548Rimg19549

こうして根気よく慣らしていって、手乗りカナヘビ?を目指したいな…とcoldsweats01

今日はUV灯で気持ちよさそうにバスキング中ですhappy01
Rimg19595

さて、こちらは本当に久々登場のサカラバネコツメヤモリ。
Rimg19589

かなりすばしっこく、脱走が怖いのでハンドリングは無理ですが、比較の為に手を添えてみましたcoldsweats01
Rimg19586_2

去年のぶりくらから連れて帰った時は、こんな小っちゃかったので(水入れのペットボトルの蓋と比べて下さい)、随分成長したモンですconfident
Rimg16589Rimg16593

食欲旺盛で、ピンセットから乾燥コオロギでもリザードフードでもパクパク食べる優等生ですhappy01

そして、真打ち?はやっぱりこのシト。
Rimg19568

涼しくなって、僕がパーカーを着るようになったお蔭で、外に出してもらえる頻度が増えて喜んでいると思います(多分bleah)。

Tシャツ、短パン姿の時に乗られたら体中ミミズ腫れになっちゃいますからねcoldsweats01

他にも住人達はいますが、皆、元気で暮らしていますよ~happy01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

キビタキ、コサメビタキ@服部緑地

今朝、出勤前の公園巡回で、キビタキとコサメビタキを観察出来ましたhappy01

昨日は鳥影もあまりなく、声もほとんど聞こえない寂しい状況だったのですが、今朝は少し賑わっている模様happy01

何分、平日は出勤前の少しの時間しかなく、粘れなかったので、証拠写真レベルですけど…coldsweats01
20140918

20140918_2

20140918_3

いつもの池のカワセミ♀も今朝は撮影出来ましたhappy01
20140918_4

本格的な秋に向け、この調子で賑わってくれると嬉しいのですが…confident

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

エゾビタキ多し… @箕面公園

今朝も箕面公園にconfident

相変わらず大日駐車場parkingの回りや大滝の上の梢にエゾビタキが沢山入っていました。

(写真はクリックすると拡大表示されます)
Dscf0653

Dscf0599

Dscf0734

Dscf0720

Dscf0671

Dscf0693

Dscf0695


コサメビタキもいました。
Dscf0602

Dscf0613

Dscf0626

これは…キビタキメスですかねcoldsweats01
Dscf0641

Dscf0643


久々のカワガラス。

何やら魚をゲットしたようですhappy01
Dscf0628

Dscf0739

Dscf0630


他にはホオジロの幼鳥など…
Dscf0586

ビジターセンターの方にも上がってみましたが、やはり面子はエゾビタキ、コサメビタキ達で、こちらはあまり数が多くなかったです。



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

コサメビタキとエゾビタキ@箕面

久々に箕面の山に行って来ましたconfident

先日の大雨の影響が気になっていましたが、箕面ドライブウェイは箕面山荘の下の所でまだ復旧工事中で、片側交互通行になっていましたsweat01
Dscf0558

大日parkingに車carを駐車し、降りてみると、何羽かの小鳥が飛び回っていました。枝から飛び出してUターンして戻るような特徴的な飛び方。
ヒタキの仲間かな?と望遠で寄ってみると、おお、やっぱりコサメビタキのようです。

(写真はクリックすると拡大表示されます)
Dscf0376

Dscf0386

Dscf0390

いや~、それにしても照準器の威力は大したもんですねwink

ヒタキのようなすばしっこい鳥でも、さっと捕捉出来てチャンスを逃しませんhappy01

これまで、何度フレームに入れ損なって飛ばれてしまった事か…coldsweats01

もっと早く導入すればよかったとつくづく思いました。

川の浅瀬で水浴びするコサメビタキ達wink
Dscf0345

Dscf0349


エゾビタキもいました。
お腹の縦列斑がしっかりわかりますconfident
Dscf0406

Dscf0408

Dscf0432

Dscf0452


この個体は…ちょっとオリーブがかっていて、尾に黄色が出ているからキビタキメスでしょうか。
Dscf0448

Dscf0446


コサメビタキは結構入っているらしく、至る所で追っかけっこをしているのが観察出来ましたhappy01
Dscf0557


これまで、コサメビタキもエゾビタキも遠目のピン甘写真しか撮れてなかったので、今回少しまともな写真が撮れてよかったですhappy01




にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

ホウセキカナヘビのケージセッティング…

昨日、発注していた品物がチャームから届いたので、早速ホウセキカナヘビの住居をセッティングしました。

やっぱり通販は便利ですよね~。この料金だと送料無料だしhappy01

ケージは、まだベビーなのでそんなに大きくなくてもいいけど、UVを照射するのでやっぱりガラス水槽の方がいいだろう…とこれを発注しました。
Rimg19510

単品よりもセットの方が安いというのは理解に苦しみますが、コスパは抜群ですねhappy01

エアポンプや投げ込みフィルターは無駄になりますが、まあ、ストックしておけば役に立つこともあるでしょう(と言いながら既に2セット分ストックがあるんですがbleah

Rimg19512UV灯はこれ。
ソケットとリフレクターが付属してリーズナブルな価格だったのでこれをチョイスしましたが、現物を見たら結構でかかったですsweat01

蛍光灯ですが、集光型のリフレクターが付いているので、バスキング効果もちょっと期待していたのですが、直下と他の場所の違いは+4℃ぐらい。思ったほど温度勾配は付いていませんでしたdespair

しばらくこれで様子を見ますが、交換する時にはパワーサンのような水銀灯も選択肢に入れた方がいいかもしれません。

床材はヤシ殻で、植木鉢のシェルター、水入れのみのシンプルなセッティングです。
Rimg19515


Rimg19511_2 

後、人工飼料も購入したのでさっそく水にふやかして与えてみたところ、パクパクと食べてくれましたhappy01

これを食べてくれれば、栄養バランス的にもいいし、何より楽ちんですねhappy01

前日はドライフルーツも食べてくれたし、本当に何でも食べるいい子ですwink

ランプを点けててしばらくしたら気持ちよさそうにバスキングをする姿が見られましたconfident
Rimg19517Rimg19528

この後、すぐに床材に潜っちゃいましたけどねcoldsweats01

この住まいを気に入ってくれてスクスク育ってくれればいいのですが…

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

ブラックアウトでお迎えした生体…

「BLACK OUT!」でお迎えして来たのは、これ。
Rimg19489

ホウセキカナヘビのベビーですhappy01

2014年7月生まれのドイツCBとのこと。
Rimg19498

もともとトカゲやヤモリが好きで、スペースと予算の都合上、小型のポピュラー種を色々と飼育しているのですがcoldsweats01、もう少し見映えのする中~大型種も飼ってみたいと思っていました。

カナヘビに関しては、4年前のぶりくらラセルタルームさんのアイセントラウトカナリアカナヘビを触らせてもらってから、その美しさと存在感、そしておとなしさにびっくりし、「神経質でバタバタする」というそれまでのカナヘビに対するイメージが一変し、「いつかは飼育したい」と思わせる憧れの種になっていたのです。
アイセントラウトのような激珍種はとても手が届かないですけどねcoldsweats01

そして先週のこと、コオロギを買いに行ったショップにでっかいアダルトのホウセキカナヘビがいたので、店の人に聞いたところ、ちょうどベビーも何匹か入荷していて、「ベビーの頃から慣らしていけばベタ慣れになりますよ。」と説明されて一瞬ぐらっとなったのですが、「流石に衝動買いはいかんsign01」と思いとどまったのですcoldsweats01

そんな折に、ブラックアウトでこの子に出会ってしまい、しかもイベント価格となると、やっぱり見逃せないですよね。

とは言え、ちゃんと飼えるかどうか不安もあり、随分迷ってブースを行ったり来たりしたのですがcoldsweats01、最後は「このタイミングを逃したら、もう飼えないかもしれない。」と決断したという訳です(件のショップには申し訳ないですが、そう言う巡り合せだったんですねcoldsweats01)。

ハチクラの店員さんに聞いたところ、「餌はコオロギだけじゃなく、フードや野菜などもバランスよくあげた方がいい。バスキングスポットを作って紫外線もしっかり当ててあげて下さい」とのことだったので、取り急ぎ水槽と紫外線灯をポチッと発注しておきました。

当面はあり合わせのプラケ住まいをしてもらいますが…wink

現在の体重は12グラムconfident
Rimg19500

お迎えしたからにはしっかり大きく育てて、ハンドリング可能なペットリザードにするべく頑張りたいと思いますconfident

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

予定外のブラックアウト参戦…

日曜日の今日はゆっくり寝ていようかと思っていたのですが、前日ゴルフgolfで朝早かった事もあり、夜かなり早く床についたため、結局、いつもと変わらず6時過ぎには目が覚めてしまいましたcoldsweats01

確か雨rainの予報だったな…と思いながら、タブレットで雨雲レーダーを確かめてみると、取りあえず午前中は雨雲がかかる様子は全くありませんhappy01

「となれば、行くしかないsign01」と早速探鳥に出掛けることにしましたhappy01

先日の大雨rainで箕面ドライブウェイが一部通行止めになってるらしいsweat02との事なので、行き先は近所の千里南公園に。

到着してすぐに丘の上でエゾビタキらしき鳥を発見、新兵器のマイクロポイント Type-Sのお蔭で、何とか証拠写真を撮る事が出来ましたwink ピントは合っていませんがsweat02
Dscf0088

Dscf0089

Dscf0090

コサメビタキっぽい鳥も見つけましたが、すぐに見失ってしまいましたsad
Dscf0098

メボソムシクイ?もいましたよ。
Dscf0116

それから桃が島のカワセミを撮影して帰宅しました。
Dscf0136

Dscf0138

Dscf0144


そして、帰ってからはラッテのケージの大掃除sweat01

久々に全部分解して洗ってから天日干ししました。
Rimg19452

ケージがなくなったラッテはちょっとしたパニックにcoldsweats01
Rimg19456

Rimg19463

すぐに元に戻すからちょっとの間待ってておくれよwink
Rimg19461_2

はい、元に戻しましたよhappy01
Rimg19470

安心して休んで下さいconfident
Rimg19472

 

さて、用事を午前中に片付けたので、午後はコオロギでも買いに行くか…と思い、念の為ショップのHPで確認すると(時々イベント参加等で休んでいることがあるので)、何と今日は「BLACK OUT!」に出店する為お休みとのこと。

「しょうがない、他のペットショップに買いに行くか…」と思いながら、よく読んでみると、何と、会場は大阪城ホールじゃありませんかsweat01(恥ずかしながら当日まで知らなかったcoldsweats01

それなら、大阪城ホールに行けばコオロギも買えるし、色々な生体も見られるな…と思い直し、15時からの半額入場を目がけてbleah 電車trainで大阪城ホールへ向かいました。

着いてみると、大阪城ホールの回りは凄い人sign01

そして、何十人も、いや百人以上の人がホールの横に並んでいますsweat02

一瞬、「え~sweat01そんなに人気あるの~sign02」とビビりましたが、列の最後尾には「立ち見列」の表示が…。
何の事はない、ゆずのコンサートの観客でしたcoldsweats01

そりゃそうですよねcoldsweats01

とは言え、「BLACK OUT!」も凄い人出でしたよ。
Rimg19480

会場があまり広くない事もあって、じっくり見て回る余裕はありませんでしたsweat02

半額入場が始まってすぐという事もありますが、終了2時間前でこの状況ですから、オープン直後は大変だったでしょうねsweat02

「撮影禁止」の店も結構あったので、あまり写真は撮っていません。

ついつい撮ってしまうのは、爬虫類じゃなくてこんな店。
Rimg19473Rimg19479_2

そう、フクロウ・猛禽類です。

真ん中のハヤブサくんをよく見ると
Rimg19476

↓閲覧注意! クリックすると大きくなりますが、ピンクマウスが写っています。
Rimg19478

…お食事中だったりしますcoldsweats01

 

全体の印象は、やはり専門店が何十店と出展しているので、生体の数と種類は豊富でしたね。

結構レオパが多かったのと、哺乳類では極小ネズミ、アフリカンドワーフマウスがたくさん売られていました。
相当殖やされているんでしょうね。

さて、僕はコオロギを仕入れて終わりにするつもりでしたが、ハチクラさんのブースである個体に目が留まり、予定外のお迎えをしてしまいましたcoldsweats01

何をお迎えしたか…は、次回のご報告と致しますbleah

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »