« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

近況報告…

最近は野鳥撮影ネタばっかりで、登場回数がすっかり減ってしまったうちの毛むくじゃら達bleah

Rimg17486_2まずはラッテ。

ここのところ、朝にケージから出て来ておやつの「ぷちクロワッサン」をもらうのが日課になってしまっているのですが、朝の忙しい時間に「おやつちょうだい~sign03」「ここから出して~sign03」と猛烈アピールしてくるのでちょっと困り者ですcoldsweats01

それでも最近は、モモンガフードも割と食べてくれるようになったので(マリオンのフードが一番好きみたいですhappy01)、その点は大きな進歩ですけどね。

Rimg17482ラッテ以上に久々の登場になるcoldsweats01ファットテールジャービルのカフェ。

最近は砂浴び用のビンに床材のチップを大量に運び込んでベッドにしてしまっていますsweat02

寒いからなんですかね…coldsweats01

相方のモカはどうやらまだ寝ている様子confident

みなお蔭様で呑気かつ元気に暮らしていますよ~confident

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

カメ達の身体測定と探鳥記録(カワセミ、ヒバリ、ケリなど)…

久々に我が家の住人の話題ですconfident

ニシキマゲクビガメのあきらとカブトニオイガメ(ミシシッピ?)の亀次郎がうちに来て、1ヶ月ちょっと経ちました。

なので昨日の換水の際に身体測定をしてみることに。

Rimg17466 Rimg17468

あきらが甲長82mm→84mm、体重が74g→78g。

亀次郎が甲長56mm→57.5mm、体重が31g→37g。

2匹とも順調に育っているようで何よりですhappy01

201401260728trim夜行性のラッテは朝まだ部屋の中が暗いうちは「外に出して~sign01」と猛烈にアピールしてきます。

今朝も、ピョンと飛びだして来て、僕の腕に掴まって大好物の「ぷちクロワッサン」を食べました(暗がりの中なので見辛い写真ですみませんsweat02)。

Rimg17475 
3かけら食べた後、ようやく帰って行きましたが、まだ爪切りをしていなかったので、手首にはミミズ腫れが…sweat01

この後、しっかり爪は切らせていただきましたcoldsweats01

 

さて、今日は午前中は近所の公園のカワセミ池に。

今日もオスのカワセミくんがモデルを勤めてくれました。
愛想のよかったメスは何処に行っちゃったかな?
Dscf6186

この日、彼はダイブ~水浴びを繰り返していたので、連写で撮ってみましたhappy01

S0136290

S0146297

S0146298_2

S0146299_3

S0146300_2

S0146301

S0146302

S0146303

後はモズやジョウビタキのオスメスを観察したぐらい。
Dscf6308

Dscf6311

Dscf6330

午後から河川敷にも出掛けてみましたが、風が強くて鳥影が少なく、寂しい限りでしたsad

辛うじてアオジと、
Dscf6454

土手でヒバリを撮影。

しかし、ヒバリの保護色は凄いですね。
隠れる所が無い草原なのに、数メートル離れると全く見つけられませんsweat01
Dscf6349

Dscf6369

Dscf6433

Dscf6474_2

帰りに羽の模様が目立つカモメのような鳥が飛んでいるのを見かけたので、追跡して観察してみたところ、ケリでした。
Dscf6507_2

Dscf6510

今日の鳥見は収穫が少なかったですね…sad

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

ミヤマホオジロ初撮り…

今日は新規開拓してみようということで、以前バーダーさんに伺った少し北の方の森に行ってみる事にしました。

ターゲットはミヤマホオジロですhappy01

実は、午前11時迄に戻らなければならない用事があったので、もう少し近場で…とも思ったのですが、駐車場parkingが9時からオープンという場所が多い中、此処の駐車場parkingは24時間のコインパーキングなので結果的に探鳥の時間が多く取れるかな?と判断したのですwink

ナビに従って車を走らせ、7時30分過ぎには現地に到着(早っ!coldsweats01

霜柱を踏みしめて森の径を歩いて行くと、そこかしこから鳥の声がこだまして、鳥影が濃そうな期待を抱かせますconfident

何せ初めて訪れる場所なので、ポイントが何処にあるのかさっぱりわからないのですが、これだけ冷え込んでいるのだから山の上よりは麓の方が鳥がいるだろうと、山に登るルートではなく、麓の低木林の方に行くルートを選んで進んでみました。

すると、道端の草むらの中で動き回る小鳥を発見sign01

おお、ベニマシコですhappy01

綺麗な紅色をしたオスでしたが、残念ながら顔は草の陰sad
20140125075222

アオジもいました。
20140125080414

それからしばらく歩いて行くと、道ばたの茂みから数羽の鳥が飛び立って行きました。

飛び立った箇所を見ると、少し開けた場所に朽木が横たわっており、何やら草の種のようなものが散らばっています。
誰かが此処に餌を撒いているのかな?

何となく、誰かのブログで見かけたような感じのする風景だしcoldsweats01、多分ここがポイントだろうと判断して、三脚を据えて暫し待ってみる事にしましたconfident

予感は的中sign01暫くすると、チッ、チッという鳴き声が聞こえて来て、数羽の小鳥がやってきましたhappy01
頭に黄色と黒の模様…やったーsign01 ミヤマホオジロ、初見初撮りで~すsign03

20140125090539

冠羽をたたんだところ。
20140125090438

20140125090517

20140125090649

メスもconfident
20140125090406

20140125090722_2

20140125091051

合間にルリビタキメスも出て来てくれました~happy01
201401250857331

20140125090906

20140125085817

と、言う事でターゲットのミヤマホオジロもクリア出来たし、収穫の多い探鳥になりましたhappy01

これで今日はお腹いっぱい…という感じだったのですが、午後は午後で、また家族の買い物の合間にオシドリ池でオシドリを撮影。

ラッキーな事に明るい内から数羽出て来てくれていましたhappy01
Dscf6088

Dscf6090

その後、まだ時間があったので、例のルリビタキ公園で綺麗なオスのルリビタキを撮影happy01
20140125144020

20140125145939

と、今日もやっぱり野鳥三昧の休日になりました~happy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

野鳥撮影機材としてのFinepix HS 50 EXRの実力は?

Finepix HS 50 EXRを購入して、8ヶ月ちょっと経ちましたconfident

Rimg17455 購入してから今日まで、ほぼ毎日のように使用して来たので、ここらで2度目のレビューをしてみたいと思いますhappy01 (1度目はこちら

題して、「野鳥撮影機材としてのFinepix HS 50 EXRの実力は?」

…と、偉そうな事を書きましたが、前にも書いたように僕は写真に関しては全くのど素人sweat01
今までフルオートのコンパクトカメラしか使った事がありませんしbleah、野鳥撮影に目覚めたのもここ1年半ぐらいのこと。
カメラが趣味…とは口が裂けても言えないような人間ですが、そこはそれ、素人ならではの目線でこのカメラの長所短所をまとめてみたいと思いますcoldsweats01

まずは「百聞は一見に如かず。」と言うことで、恥ずかしながらこれまで撮影した写真をごらんいただきましょう。

(写真はクリックすると拡大表示されます)

まずはメインキャラクター?のカワセミから

カワセミ

撮影日時 2013/11/30 7:52:04
シャッター スピード 1/480 F 5.6 ISO感度 400

Dscf8435

撮影日時 2013/12/07 7:30:20
シャッター スピード 1/140 F 5.6 ISO感度 400

Dscf9546

撮影日時 2013/12/07 7:33:34
シャッター スピード 1/160 F ナンバー 5.6 ISO 感度 320

Dscf9583

撮影日時 2013/12/23 8:27:08
シャッター スピード 1/160 F 5.6 ISO感度 320
Dscf0893

アメリカヒドリ
撮影日時 2013/12/28 9:33:19
シャッター スピード 1/200 F 5.6 ISO 感度 100

Dscf1793

トモエガモ
撮影日時 2013/12/23 8:45:52
シャッター スピード 1/56 F 5.6 ISO感度 400

Dscf1085

ノゴマ 
撮影日時 2013/10/12 13:18:00
シャッタースピード 1/58 F 5.6 ISO感度 400
S0623479_2 
※連写モードでの撮影。

そして、最新作?ルリビタキ

撮影日時 2014/01/19 13:55:08
シャッター スピード 1/56 F 5.6 ISO感度 400

Dscf5413large

どうでしょう。アップロードのサイズ制限の関係から、全て幅を1000ピクセルに縮小していますが、そこそこ撮れているし、充分な画質に見えませんか?

因みにカワセミの写真を縮小せずにトリミングしてみると、こんな感じ。
Dscf0893trim

フルサイズにすると、さすがにセンサーの小ささによる画質の粗さ(手ブレもねcoldsweats01)が目立ちますが、この大きさで鑑賞する事はまずありませんし、僕の場合は基本的にPCでの閲覧と、ブログやfacebookでの共有がメインなので、横幅1000ピクセルでも大き過ぎるくらいですcoldsweats01

それにバードウォッチングと言っても出勤前とか家族が買い物している隙間時間にちょこっと撮影しているだけ(最近はそうでもないという噂もありますがbleah)ですし、写真を作品として捉えてコンテストに応募するなんて事も全然考えてなくて、単にその鳥と出逢えた記録を残して置きたいだけなので、画質については今のところ全く不満はありませんwink

ですから、このカメラはRAWでも記録出来るのですが、専らJPEGで記録していますconfident

もちろん僕だって、この先退職して時間が自由に使えるようになったら、ロクヨンの大砲とか、デジスコとか、デジボーグとかを持って珍鳥を求めて遠征したり、何時間も粘って飛翔写真を撮ったりとかしてみたい気持ちもありますが、今の状況では高級機材も宝の持ち腐れになる事は明白ですからね…coldsweats01

まあ、当面はこれ以上の画質を求める事は無いと思います。

そして望遠性能、これは本当に凄いですhappy01

光学ズームだけで42倍、35mm判換算で1000mm相当ですから、まさに超望遠。

その上、超解像ズームと名付けられたデジタルズーム、これがまた優秀で、超解像の名前に恥じず、条件が良ければ光学ズームと遜色ないぐらい綺麗に写ります(素人目ですが)。

これまで使っていたデジカメのデジタルズームは悲しいくらい画質が落ちてしまっていた事を思うと技術の進歩に感心するばかりですwink

この超解像ズームを使うと84倍、2000mm相当の超望遠になるのですから、デジスコも真っ青ですね。

因みに上の写真もノゴマ以外は(断言は出来ませんがcoldsweats01)84倍のデジタルズームで撮影している筈です(連写モードでは超解像ズームは使えませんから) 。

なかなかの解像度と言えるんじゃないでしょうか?

んで、一番悩まされるのはやっぱり手ブレですね。

手ブレ補正機能はもちろんついていますが、それでもやっぱりブレるのです(完全に腕の問題ですなcoldsweats01)…。
まあ、言い訳をさせて貰えば、2000mmの望遠を手持ち撮影したら大体ブレると思いますがね(開き直っとるbleah)。

じゃあ三脚使えばええやん…と言う事ですが、三脚使ってもブレるんですよ…coldsweats01

Rimg17454_2と言うのは、シューの取り付け位置がカメラ本体なので、レンズを伸ばすとかなりフロントヘビーになってバランスが悪いのです。

それに三脚を使うと、このカメラの最大の武器、機動性が失われる気がして、水飲み場にくる鳥をじーっと待つようなシチュエーション以外は割と手持ちで頑張っています。

手ブレを排除する一番の方法は、シャッタースピードを速くすることですが、その為には充分な光量が必要です。

しかしながら、野鳥撮影は林の中など薄暗い条件になることも多いし、ましてや僕は出勤前の早朝に撮影するのでスローシャッターでも何とかしなければいけないことが多いのです。

結局、柵や木を有効利用してブレを抑えたり、後は息を止めて「ブレるなよ~」と念じながら撮るとかcoldsweats01

ファインダーを覗いて撮るのが基本ですが、被写体があまり動かない時はカメラを持った両手を伸ばして液晶画面を見ながら撮影する事もあります。

首にかけたストラップと両手の三点でカメラを支えるイメージですが、この方が安定する気がするんですよね。
眼鏡を掛けてる関係上、ファインダーよりも見やすかったりしますし。

バリアングル液晶はこういう撮り方の時に大変便利です。
枝の間にいる鳥を撮影する際に、無理な体勢を取らずにローアングル、ハイアングル撮影も出来ますからね。

後は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」で、デジタルなのをいい事に何百枚もシャッターを切って、一枚でも上手く撮れていればラッキー…と割り切っていますbleah

それから望遠撮影の時はファインダーに被写体を入れるのが一苦労ですよね(特に液晶画面を見ながら撮影する時)。

僕は被写体を見失ったら、一旦マクロ側にズームアウトして視界を拡げ、被写体を真ん中に入れてから、素早くズームして撮影するようにしていますが、そんな時、こいつのズームリングが手動だということが大きな強みになっています。

絶好のシャッターチャンスにファインダーから鳥の姿を逃してしまって、慌ててファインダーに捉え直してピントを合わせているうちに飛ばれちゃった…sadなんてことが本当によくありますからねcoldsweats01

じゃあ電動ズームと比べてどれだけ速いか…って言うと実は大した違いはないかもしれませんが、自分の手で動かして間に合わなかったら諦めがつくじゃないですか(何じゃそりゃcoldsweats01)。

高倍率コンデジは他社も出しているし、富士フイルムからも他に50倍ズーム機も出ている中、敢えてこいつを選んだ決め手は実は手動ズームだったのですが、まあ正解だったかなと思いますhappy01

超高速AFと言うのもこいつの謳い文句なのですが、これについては??な部分もあります。

と言うのは、光量不足の条件下では合焦するのにそれなりに時間かかるし、背景とのコントラストがはっきりしないと背景の方にピントが合ってしまう事もしばしばあるからです。

結局、シャッターを半押しして被写体にAFロックしてから撮影する事が多いのですが、まあ、これは仕方ないんでしょうかね。

後、レンズ交換が出来ないというのは本来短所なんでしようが、ホコリなどの侵入の心配がないというのは逆に長所になるかもしれません。

ですから保管や持ち運び、メンテナンスに気を使わないで(本当は気を使わないとダメなんですがcoldsweats01)じゃんじゃん使えるし、家族とちょっと外出する時も「一応持って行っとくか…」と気軽に持って行けるのがいいですねwink

Rimg17429 気になる事と言えば、最近、グリップのゴムの部分が剥がれて来てしまいました。

多分、毎朝寒い屋外と暖かい室内を行き来しているので、露がついてしまって糊?が効かなくなってしまったんでしょう。
実際、両面テープのようなもので接着されていましからcoldsweats01

修理に出すのも面倒くさいし、修理代ももったいないから瞬着で補修しちゃいましたがbleah

まあ、このあたりの造りのチープさは値段が値段なのでしょうがないでしょう。

そう、実はこのカメラの一番凄いところはそのコストパフォーマンスの高さですhappy01

何たって今なら30K円くらいで手に入るんですから…。

この値段でこれまで一眼レフ+超望遠レンズという、多額の投資をしないと実現しなかった望遠撮影が出来る訳ですから、本当にありがたい話ですよね。

僕の希望としては、もっと野鳥撮影に特化したカメラ、例えば広角域を無視して、400~1200mm相当をカバーしたF4ぐらいの明るい望遠ズームレンズ付きのカメラなんてのを出して欲しいのですが…。
売れるかどうかは別にして、技術的には可能なんじゃないかなあ…happy01

何はともあれ、Finepix HS 50 EXRはこれから野鳥撮影を始める人や、手軽に使うサブカメラとしては充分導入する価値のあるカメラじゃないかな…と思いますhappy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

引っ越したよ…

去年のぶりくらで連れて帰って来たサカラバネコツメヤモリですが、順調に育って大きくなり、流石にプラケのSでは手狭になったのでこの週末に一回り大きなケージに引っ越しましたhappy01

Rimg17438 Rimg17433

Rimg17431

この子は乾燥コオロギでもパクパク食べてくれるので、結構飼いやすいヤモリですね。

これで暫くは大丈夫かな…wink Rimg17449

 

因みに最近出番の少ないラッテもお蔭様で元気ですよ~happy01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

綺麗なルリビタキ!

今朝は、大阪でも雪snowが降るという天気予報でしたが、朝起きると日が差していたので、取りあえずMFの公園へ出掛けました。

先週、撮影出来なかったコイカルのメスに再チャレンジしようかと足を伸ばしてみましたが、ポイントに到着してもコイカルはもちろん、イカルの群れも見当たらず、バーダーの方も一人もいませんでしたsad

もう抜けてしまったんですかね…despair

そのうち、チラチラと降っていた雪snowがだんだん本降りになって来て、うっすらと積もり出し、カメラも濡れそうになったので、一旦家に戻りましたsweat01

途中で撮影した乗馬センター。馬も寒そうですcoldsweats01
Dscf5185

この寒さに雪snowという条件では、鳥もあまり見られないだろうから、今日はもう無理かな?と思っていたのですから、午後になって太陽sunが顔を覗かせたので、駄目元でルリビタキの公園まで行ってみる事に。

そして、この決断が大正解sign03

ポイントに到着するといきなりルリビタキ君が現れてくれたのですsign01happy01

写真はクリックすると拡大表示されます。
Dscf5199

Dscf5253

Dscf5258trim

日が当たると綺麗なブルーがより美しく映えますねhappy01
Dscf5321

ちょっとトリミングしてみました。
Dscf5321trim

今日は前回と違って、長時間モデルを勤めてくれたので、200枚以上撮影することが出来ました(かなりの枚数がNG写真でしたがcoldsweats01)。

Dscf5335

ようやく全身が抜ける場所に出てくれたのですが、残念な事にちょっとピン甘です(カメラぶれかもsweat02)。
Dscf5375

至近距離での撮影だったので、コンデジ(Finepix HS 50EXR)でもかなり綺麗に撮れたのではないでしょうかhappy01
Dscf5394trim

Dscf5402

トリミングで顔部分アップ
Dscf5402trim

背中のブルーも押さえておきましょうwink
本当にこの個体は綺麗な色をしていますねhappy01
Dscf5414

そして、これが本日のベストショット(自薦ですがcoldsweats01sign01
尻尾は動いていますが、全身が写っていてピントもしっかり合っているかとhappy01
Dscf5413

同じ写真を少し大きいサイズで…confident
(クリックで拡大されます)
Dscf5413large_3

…実は先週の日曜日、連日の出逢いを期待して同じポイントで2時間以上粘ったのですが、全く姿を見せず、見事に空振りに終わっていたのですcoldsweats01

そんな事もあり、今日はあまり期待せずに出掛けたのですが、とても嬉しい「倍返しsign01」を食らった気分ですhappy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

河川敷でベニマシコ、オオジュリン…

今朝は出発する直前まで(正確には家を出た時も)何処に行こうか悩みましたcoldsweats01

近所の公園でコイカルにリベンジするか、北の山の方へ行くか、ルリビタキの公園か…と迷いましたが、曇っていて気温が低いので山は鳥影が薄いだろうと判断、午前中いっぱい使えるので、折角だから足を伸ばそうと思い、近所の公園もパス。

結局、気温は低くても風はあまり吹いていないので、久々に淀川河川敷に行ってみる事にしましたhappy01

駐車場parkingに車carを停め、ワンド方面へ歩いて行くと、芝生の上で餌を漁っているヒドリガモ軍団に遭遇happy01

Dscf4826

S0044845

ふと上空を見上げると、魚を捕まえたミサゴがカラスに追われていました。

Dscf4853

ワンド方向に歩いて行くと、ススキの中を何やら茶色い小鳥が動き回っています。

スズメかホオジロか?と思ってススキの間に目を凝らしてみると、どうやらオオジュリンのようですhappy01

オオジュリンなら僕にとっては初撮りなので、ススキの原っぱを見渡せるポイントに立って、姿が抜けるのを辛抱強く待ちましたhappy01

ようやく撮影出来たのがこれ。

オオジュリンのメス
Dscf4886

Dscf4887

そしてオスも。冬羽なので頭の黒い頭巾がありませんcoldsweats01
Dscf4906

Dscf4926

こう言う背景とトーンの似通った被写体にピントを合わせるのは、AFでもなかなか難しいですねsweat01

その近くでアオジも撮影出来ましたよ。
Dscf4938

それから暫く歩いて行くと

何やら草の穂をついばんでいる小鳥を発見。

をを、ベニマシコですsign01

ようやく見つけることが出来ましたwinkこれまで何度か河川敷を訪れたものの、ちらっと姿を見かけただけで撮影する事が出来なかったので、今回、是非とも見たかった鳥ですhappy01

これまた、なかなか姿が抜ける場所に出てくれなくてやきもきしましたが、ずっと採餌してくれていたので、何とか撮影する事が出来ました。

その名の通り綺麗な紅色のオスhappy01
Dscf5030

Dscf5041

Dscf5066

Dscf5067

Dscf5072

Dscf5076

紅というより茶色っぽいメスcoldsweats01
Dscf4969

Dscf5002

Dscf5092

…という事で、今回は念願のベニマシコを含む初撮り2種と大変収穫の多い鳥見になりましたhappy01

実はこの後、午後に少しだけ山の方にも行ってみたのですが、やはり全然鳥がいなかったので、河川敷に行ってみて大正解だったと思いますconfident

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

久々に爬虫類ネタ…

鳥見については火曜日以降は毎朝出勤前の10分~20分、カワセミの撮影をするだけで、特に目新しいネタはありませんsad

Dscf4658

それに、このところ完全に野鳥撮影ネタオンリーになっているので、久々にうちの住人達の話題をhappy01(一応、爬虫類ブログにエントリーしてますしねwink

まずはレオパ達。今日のメニューは乾燥コオロギだったのですが、皆元気にがっついていましたhappy01

Rimg17405 レオ

Rimg17408_2 アル

  

 

Rimg17410 アルジュニ

Rimg17412_2 ジュニア

 
皆、食欲旺盛でありがたいことですhappy01

Rimg17417そして、同じく乾燥コオロギを食べるマサイヨロイトカゲ。

Rimg17401去年のぶりくらで連れて帰って来たサカラバネコツメヤッモリも随分大きくなりました。

そろそろプラケSからの引っ越しを考えないといけないかな…wink

 

それから、処分価格でうちにやって来たbleah、カメ2匹。

Rimg17390 まずはニシキマゲクビガメのあきら。

水槽は管理しやすいように底砂を取っ払いましたwink

配合飼料(エーハイムのスティック)をバクバク食べていますhappy01

Rimg17392 ナチュラルに笑っているようなとぼけた表情が何とも言えず癒しになりますconfident

結構活発に動き回るので、見ていて飽きないカメですねhappy01

Rimg17384Rimg17375そして、カブトニオイガメとの触れ込み?で我が家に来たのですが、どう見てもミシシッピニオイガメっぽい亀次郎coldsweats01

こいつも懸命に水面に浮いたスティックを必死にパクついています。

Rimg17382小さな体でちょこまかと動き回る姿がおもちゃっぽくて可愛いですが、こいつは普段は隠れてじっとしていることが多いです。

何気にフィルターがパワーアップされていたりして(まあ、それでもマメな水換えが一番なんでしょうが)wink

年末にバタバタで導入した2匹ですが、無事にうちの環境に馴染んでくれたようで、ひとまず安心…と言ったところですhappy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

コイカル撮れずイカルだけ…

昨日の午後と今日の朝、コイカルがいるというポイントに行ってみました。

イカルは数十羽の群れでいましたが、集団で次から次へと移動していく上に、枝被りもあって、1羽しかいないというコイカルのメスを見つけるのは至難の技sweat02

ちらっと「あれかなsign02」と言う個体を見つけましたが、すぐに飛び立ってしまい、撮影出来ずsad

結果的にイカルの写真を量産する結果となりましたcoldsweats01

まあ、イカルに出逢えたのも久し振りなので、写真を載せておこうと思いますwink

20140112140538

自慢の嘴でエノキの実?をパチッパチッと音を立てて割って食べています。

20140112135250_2

偶然ですが、実をパチッと砕いた瞬間が写っていましたhappy01
201401121406061

201401121406062

黄色い嘴を真っ黒に汚して夢中で食べていますねwink

20140112140800

20140112141016

20140112142058

後は、途中の池で撮ったヨシガモや、

Dscf4582

別の公園で撮影したツグミなど。

Dscf4601

Dscf4610

コイカルについてはリベンジしたい気持ちはあるけれど、果たして次の週末までいてくれるんでしょうか…coldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

念願のルリビタキ…!

今日は、最近綺麗なルリビタキが出没しているという公園に初めて行って来ました。

「本当にいるのかな?」と半信半疑で山道を登って行くと、大砲を抱えたバーダーさん数人と遭遇happy01

これで、取りあえず場所は間違っていないことがわかりホッとしましたが、一体どの辺りに現れるのか、どこで待っていたらいいかもさっぱりわかりませんdespair

現地到着して30分くらい経った頃、いきなり、バシャバシャ…とシャッター音がして、

「来たよsign01」と声がhappy01

そして、主役の登場ですsign03 歩道の柵や、枝を渡り歩いて、やがて、切り株の上に止まりました。

どうやら、此処に餌が置かれている事があるようで、しばらく餌を探す様子を見せた後、また飛び立って行ってしまいまいたwobbly

…その間、1分くらいでしょうか。

そして、その後1時間くらい待ちましたが、結局二度目の飛来はなく、あきらめてその場を立ち去りましたdespair

そして、撮影したのがこの写真。初見初撮りで舞い上がっていたせいもあって、ピンボケやブレ写真の連発で、まともに写っている写真はこの1枚のみsweat01

写真はクリックすると拡大表示されます。
Dscf3843

後、飛び去る前に撮ったこの写真が何とか見られるかな?coldsweats01

Dscf3846

それでも、念願のルリビタキを撮影出来てよい鳥見になりました~happy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

久々にMFで鳥見…最後はオシドリで締め

仕事始めからの長い一週間が終わりcoldsweats01、久々にゆっくりMFでの鳥見が出来ました。

もちろん、出勤前の鳥見(と言うかカワセミ撮影)は続けていましたが、如何せん時間が足りなくて、消化不良の日々が続いていましたからねwink

まずは、いつものカワセミくんにご挨拶happy01

ここ2、3日はいつもの愛想のよいメスではなく、オスが相手をしてくれています。

Dscf3502

それから、「ジュッジュッ…」と地鳴きをしながら飛び回るウグイスも何とか撮影出来ました。

S0233552

S0233561

S0253586

イカルが来ているという情報もあったのですが、残念ながら出逢えず、アメリカフウの梢でカワラヒワの群れを観察しただけ。

Dscf3640

Dscf3644

Dscf3706

後、アオジも観察出来ましたhappy01

Dscf3672

Dscf3333

この後、探鳥会らしき大集団がやって来たので、午前中の鳥見はこの辺で切り上げることに。

午後も、家族が買い物をしている30分程の時間を使って別の公園のオシドリ池で撮影してきましたwink

ちょうど日が翳り始める頃に、集団で茂みの中から出て来たので、小枝被りのポジションからですが、開けた場所で撮影する事が出来ましたhappy01

Dscf3748

Dscf3761

Dscf3763

Dscf3784

やっぱり集団で撮影すると、相当華やかな絵になりますねwink
Dscf3798

おまけ;オシドリ池のカワセミくんcoldsweats01
Dscf3730

明日は新規開拓でもしてみようかなあ…confident

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

年末年始沖縄旅行(5)  チョウゲンボウ、ミフウズラとか…

さて、2014年の新年は色々あってホテル日航アリビラ」で迎えましたcoldsweats01

前日は一応、年を越してから寝たので、朝はゆっくり寝てようかと思っていたのですが、悲しいかな、目が覚めたらまだ7時coldsweats01

折角なので、ホテル周辺の探索に出掛けることにしました。

昨日、トレッキングツアーのガイドさんが、「アリビラの周辺はサトウキビ畑が拡がっているので、チョウゲンボウやヤツガシラ、ミフウズラ辺りが見られるかもしれませんよ。」と言っていたので、ターゲットはその3種ですwink

外に出てみると、天気は快晴happy01

東の空が明るくなって、まさに日が昇る寸前でした。

そして、これが2014年の初日の出sun

サトウキビ畑に昇る太陽ですhappy01

Dscf2744

この辺りはサトウキビ畑や電照菊の畑が広がっていて、だだっ広く単調な景色なので、鳥を探すポイントが今一わかりませんdespair

時折、シロハラやイソヒヨドリ、スズメが農道を横切って行きますが、なかなか目ぼしい鳥を見つける事が出来なかったのですが…

上空を翼の長い鳥が横切って電柱にフワリと止まるのを発見sign01

おお、チョウゲンボウですsign01

どうやらネズミ?を捕まえたようで、電柱の上で一心にむしって食べています。

Dscf2755

Dscf2760

Dscf2766

Dscf2772

これで、めでたく1種クリアーhappy01

出来ればヤツガシラを見つけたいところですが、なかなか見つけられませんdespair

背の高いサトウキビの中に潜り込んでいたらお手上げなので、休耕地?の草むらを中心に探しますが、シロハラ、スズメ以外はシロガシラ、セッカが見つかるぐらい。

Dscf2800Dscf2784

そろそろあきらめて宿に戻るか…と思った頃、畑の中を茶色い小さな鳥が歩いているのを見つけました。

やった、ミフウズラですhappy01

Dscf2777

Dscf2780

これで、ターゲット3種のうち、2種を観察する事が出来た訳です。

本命のヤツガシラは見られませんでしたが、1時間ちょっとの鳥見としては上出来でしょう。

Rimg17323Rimg17324この後、宿に戻り、体験プログラムなるものに参加。

娘はビーチコーミングでフォトフレームを製作し、僕はシーサーの絵付けに挑戦しましたhappy01

下描きもなく、いきなりアクリル絵の具を筆で塗っていくので、結構難しいものがありましたねcoldsweats01

Rimg17367出来上がった作品がこれ。

今度必ず出逢えるよう願いを込めてヤンバルクイナを描いてみましたwink

ちょっと子供っぽいデザインですが、まあいい記念にはなったかとconfident

この後、昨夜娘がビンゴでゲットしたランチ券coldsweats01を駆使して、豪華ランチをいただいてからホテルを後にし、まだまだ時間があるので(何せこの日の宿、残波岬ロイヤルホテルは目と鼻の先ですからcoldsweats01)北谷町まで買い出しに出掛けました。

地図を見ると北谷町のイオンの横に広大な北谷公園があったので、僕はそこで鳥探しをする事にしましたが、公園と言っても単なる運動公園だったので(中日ドラゴンズのキャンプ地らしいですねcoldsweats01)、メジロ、イソヒヨドリ、ヒヨドリ、シロガシラ、ダイサギを撮影した程度。

メジロ(お腹が白いのでリュウキュウメジロかな?)
Dscf2807

イソヒヨドリ
Dscf2817

ヒヨドリ(これも全体に黒っぽいのでリュウキュウヒヨドリかも。)
Dscf2832

シロガシラ
Dscf2823

海辺にいたダイサギ(だと思うcoldsweats01)…ピンボケですが。
Dscf2831

買い出し(僕は鳥見)を終えた後は、来た道を戻るようにして、4泊目の宿、「残波岬ロイヤルホテル」に向かい、ホテルのすぐ向かいの御菓子御殿読谷本店に併設された居酒屋「花笠」でこの旅行最後の沖縄料理に舌鼓を打ったのでしたhappy01

Rimg17353Rimg17351Rimg17354


Rimg17355Rimg17356_2Rimg17357


この店は、料理の種類も豊富だし、価格もリーズナブルでおススメですよwink

と、言う事で楽しかった5日間の旅行もあっと言う間に終わりsad、翌朝那覇空港に車を走らせ、午前11時過ぎの飛行機airplaneで大阪に帰ったのでした。

因みに、旅行中、我が家の住人達はどうしてたかと言いますと…

この時期、夏場と違って、部屋の温度が低くてもそれぞれのヒーターで対応出来ます。

ですから、爬虫類達は5日間くらい全然大丈夫。

問題は哺乳類のラッテとカフェ・モカですが、ラッテは固形フードを多目に入れておけば大丈夫だと言う事は確認済み(他に食べる物がない時に嫌々食べる程度なので、先に全部食べてしまう心配がない)confident

モカも多目に入れても残すタイプなので多分大丈夫…。なので、問題は餌があるだけ食べてしまう大食いのカフェでした。

Rimg17189_2 Rimg17193_2 そこで引っ張り出して来たのが、昔使っていた熱帯魚用の自動給餌器。

タイマーで定刻になると餌を入れたケースが回転し、餌を落とす仕組みになっているやつです。

これにハムスタープラスを入れて、念の為夜2回作動するようにセットして出掛けたのでした。happy01

中で落ちた餌が散らばってしまわないようにペットボトルを使った漏斗も自作しましたよwink

Rimg17135 おかげで皆、元気にお留守番してくれていましたhappy01

旅行は無事家に帰るまでが旅行と言いますが、うちの場合は住人達が元気に留守番出来て初めて成功と言えるので、今回の旅行もいい旅行だったと言えるんじゃないでしょうかhappy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

年末年始沖縄旅行(4) いよいよやんばるの森トレッキング

さて、ようやく「やんばるの森3時間トレッキング」のレポートですcoldsweats01

事前にツアーガイドの方に、野鳥中心に生物を観察したい旨伝え、状況をお聞きしました。

それによると、朝と違って昼間なので、鳥影は薄いが、これから案内する場所にはノグチゲラの縄張りもあるし、アカヒゲの縄張りもあるので、運が良ければ遭えるでしょう…とのこと。

ヤンバルクイナは梅雨時の朝なら結構見られるが、今の時期はあまり出て来ないとかdespair

因みに生息数の多いのはもう少し北部の東側だけど、これから向かう森にも数羽確実に棲息しているので、全く遭えない訳ではないらしいです。

運のいい事に、今回のツアー参加者は我々3人のみhappy01

期待を胸にツアーガイドさんの運転する車に乗り込みました。

目的地は国頭村森林公園。
雨上がりで足場が悪いので、比較的整備された道を歩けるコースを選択していただきましたconfident

Dscf2659歩き始めるとすぐに、イタジイ(スダジイ)やヒカゲヘゴの茂る鬱蒼とした森の中に入っていきましたhappy01

 

まさに原始の林ですね~confident

 

Dscf2666_2
恐竜が出て来てもおかしくないような、神秘的な光景が広がります。

しかし、朝と違って鳥の声はほとんど聞こえず、時折ヒヨドリの鳴き声が響く程度despair

 

本当に野鳥に出逢えるかな…という不安が少し頭をもたげますが、こうしてこの森の中を歩いているだけで、心が満たされるような気がするから不思議です。

やがて、小川が横切っているポイントがあり、オキナワシリケンイモリを観察出来ましたhappy01

Dscf2672

Dscf2677

下の写真のように背面に黄色の斑紋が入る個体が多いのが、オキナワシリケンイモリの特徴だそうです。

ガイドさんは流石に全ての事に詳しく、固有植物の特徴とか、ヤンバルクイナやノグチゲラの食痕など、次から次へと教えてくれますhappy01

実際、道端の赤土の法面には、ノグチゲラがハンミョウの幼虫を探して掘り返した跡が無数にあり(ノグチゲラはキツツキには珍しく地面に降りて採餌します)、この森にノグチゲラが棲息しているという確かな手応えを感じました。

それから暫くして道のすぐ横の林からノグチゲラのドラミングの音がsign01

ガイドさんも含めて林の中に目を凝らしますが、一瞬黒い影が横切った気がしただけで、この時は視認することが出来ませんでしたdespair

その後、キャンプ施設を通って、今は使われていない炊事場や炭焼き施設跡まで歩いて行くと、オス・メスペアのアカヒゲが飛び回っているのを発見sign01

柱や枝の陰に隠れて、なかなか捉えることが出来ませんでしたが、オスが一瞬開けた場所に止まりました。

慌ててシャッターを切りましたが、残念ながら背景にピントが合ってしまい、失敗写真wobbly

Dscf2671

止まった場所が屋根の下で暗かったせいもあるかもしれませんねcoldsweats01

この後、アカヒゲのペアは森の奥へと消えて行ってしまいましたsad

ガイドさんによると、ここは先程のアカヒゲのテリトリーで、よく出没する場所なんだとか。

この近くには最近まで使われていたノグチゲラの営巣木もありました。

今でもたまに塒として使われているそうですconfident

Dscf2670

そんな説明を聞いていると、鳥の鳴き声がし、ガイドさんが、

「ノグチゲラsign01 近いですよsign03」と。

声のする方向に足音を忍ばせて歩いて行くと、道端の木の茂みに何やら黒い影が動いています。

必死に姿が抜けるアングルを探して撮影を試みましたが、入り組んだ枝の中なので枝が邪魔になったり、手前の枝にピントが合ったりで、上手く撮影出来ませんcoldsweats02

それでも、何とか撮影したのがこの写真。

Dscf2682

Dscf2685

Dscf2687

枝の奥にぶら下がっている姿が確認出来ますよね?coldsweats01

この後、飛び去る姿は撮影出来なかったものの、しっかりとこの目で確認しましたhappy01

ガイドさんに画像を見せると、

「頭が赤いからオスですね。よかったですねsign01」と喜んでもらえましたhappy01

この他には、メジロやウグイスを撮影したり、

Dscf2694_2Dscf2697


モウセンゴケの仲間や日本で最初に咲く寒緋桜を撮影したりしましたが(植物についてはもっと色々教えてもらったのですが、専門的過ぎて覚えられなかったcoldsweats01)、

Dscf2678Dscf2700


ツアーから戻って確認したら撮った枚数が意外に少ないのにびっくりしました。

それでも、念願のアカヒゲやノグチゲラの姿も確認出来たし、何よりもやんばるの森を体感出来たので、とても充実したツアーだったと思いますconfident

ガイドさんがいるのといないのとでは、楽しめる度合いが全然違いますから、「値段が高いから…」などと言わず、一度は体験してみる事をおススメしますwink

さて、楽しかったツアーも終了し、後は3泊目の宿、「ホテル日航アリビラ」目指して車で移動sweat01

Dscf2705

ホテルでは、豪華なバイキングをいただいた後、恒例の年越しイベント、ビンゴ大会や花火などを楽しみ、新年を迎えたのでした。

(部屋のベランダから撮影した年越し花火。2014年のイルミネーションは残波岬ロイヤルホテル。目と鼻の先なんですね)

蛇足ですが、娘にとって大きな誤算だったのは沖縄に日本テレビ系列の局がないこと。

楽しみにしていた「ガキの使い年越しスペシャル」が見られなかったのを大層嘆いておりましたcoldsweats01

沖縄で年越しする方は、予めガキ使を予約録画しておいた方がいいですよ~happy01

そんな訳で(どんな訳や)、その(5)に続きますcoldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村


にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

年末年始沖縄旅行(3) やんばるの森でアカヒゲに遭遇…

さて、沖縄旅行の3日目。

いつもの習慣で早く目が覚めた僕は(やっぱり齢ですなcoldsweats01)、まだ薄暗い内に家族が寝入っている部屋を出て、車carで森の方向に向かいました。

Dscf2561_2 

比地大滝方面に向けて車を走らせて行くと、キャンプ場の駐車場parkingがあったので、そこで車を停め、歩いて探索することに。

 

車外に出ると、まるでシャワーのように鳥の鳴き声がこだまし、あちこちでキツツキのドラミングの音が響き渡っていますconfident 多分、ノグチゲラでしょう。

 

Dscf2555 

天候は今にも泣き出しそうなどんよりとした曇り空でしたが(実際、小雨がポツリポツリと落ちていた)、この鳥達の活性反応には胸が躍る高揚感を覚えましたねconfident

 

まだ夜が明けきっていない中、清流沿いに歩いて行くと、やがてキャンプ場が姿を現しました。

 

どうやらキャンプ場は現在工事中で閉鎖されているようです。

失礼して中に入ってみると、目の前の道を何羽かの鳥が歩いて横切って行きます。

シロハラやシジュウカラ、ヒヨドリ達です。

Dscf2567

Dscf2593


光量不足もあって、どうしてもブレてしまいますね…。

そもそもこんな薄暗い内から出掛けて来たのは、運が良ければ夜行性のヤンバルクイナに遭遇できるかも…と思ってのことでしたが、残念ながら全く見かける事は出来ませんでした。

すると、目の前に赤茶色い小鳥が飛来するのが見えました。

「すわ、アカヒゲかsign02」と思いそっと近寄ってみると、確かにアカヒゲですsign01happy01

動きがすばしっこく、あちらこちらに移動するし、ISO1600でもスローシャッター気味になる条件の悪さと、舞い上がってしまってなかなかファインダーに収められなかったこともあり、証拠写真しか撮れませんでしたwobbly

Dscf2575

Dscf2577

この後、数メートル先の枝に飛来して綺麗な囀りを聞かせてくれると言う絶好のチャンスもありましたが、フォーカスが合う前に飛び立たれてしまいアウトsad

Finepix HS 50EXRはクラス最速のAFを売りにしていますが、対象物とバックのコントラストがはっきりしなかったり、薄暗い条件下では合焦するまで結構時間が掛かるんですよねwobbly

まあ、所詮コンデジだし、値段も値段なのでしょうがないんでしょうが…coldsweats01

この後、サシバを見つけたり、

Dscf2587

Dscf2588

ウグイスを至近距離で見たりしましたが、ドラミングの音だけでノグチゲラの姿は見られず…despair

もう少し粘ろうかと思った矢先に本格的に雨rainが降り出したので、実り多かった朝の探索を切り上げる事にしましたconfident

宿に戻って家族と朝食を摂った後は、1時間ばかりテニスtennisをしたり、ショッピングしたりして時間つぶし。

とは言え、僕は腱鞘炎?で手首が痛いので、あまりプレーせず、最近テニスtennisにはまっている嫁さんと娘が主に打っていましたが…。

僕はと言えば、テニスコートにいたムラサキオカヤドカリと戯れたり、

Dsc_0467


上空に現れたミサゴを撮影したり、

Dscf2620

金網越しにセッカを撮影したりbleah

Dscf2624


そうこうしているうちに「やんばるの森3時間トレッキングツアー」のスタート時刻の13時が近づいて来ましたhappy01

午前中の雨rainも上がり、薄日も差して来たし、風もあまり吹いていないので条件は悪くはない筈ですwink

さて、どんな出逢いが待っているんでしょうか…

と、ここまでが長くなってしまったので、トレッキングの模様は次回の(4)で…coldsweats01

話を引っ張り過ぎてすんまそんヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

年末年始沖縄旅行(2) 突然の予定変更…

さて、旅行2日目の朝。

習慣で早く目が覚めたのでcoldsweats01、ホテルの周辺を散歩してみました。

「残波岬ロイヤルホテル」と言う名の通り、海に面して立地しているので、ビーチまで歩いて行くことが出来ますhappy01

ホテルの庭の芝生にはイソヒヨドリが我が物顔で歩いていましたhappy01

これはオスですね。綺麗な体色をしていますwink

Dscf2418

Dscf2458

沢山写真を撮っていると、「何勝手に撮っとんねんsign01」と睨まれてしまいましたcoldsweats01

Dscf2474

姿も綺麗で、素晴らしい鳴き声を聞かせてくれるのに、目つきは結構悪いんですねbleah

さて、この日はさらに北上してオクマまで行く予定ですが、途中にどうしても寄っておかなければならない所があります。

そう、「沖縄美ら海水族館」ですsign01

沖縄自動車道の許田ICで降りて、途中「道の駅 許田」で前売り割引券を購入し、美ら海水族館に向かいました。

いや~、相変わらずの人気ですね。

駐車場parkingも行列だし、館内も来場者で溢れかえっていますcoldsweats02

Dscf2480_2

この日は曇っていたので、残念ながら太陽光が燦々と降り注ぐ水槽の光景は見られませんでしたsad

あの強烈な太陽光が降り注ぐと、本当に綺麗なんですけどね…。

 

Dscf2498
それでも「黒潮の海」のジンベエザメは存在感抜群でした。

Dscf2502
他にもジンベエザメを展示している水族館はありますが、ここの個体は本当に大きくて立派です。

 

 

 

Dscf2505
そして、もう一つの見どころは真下から見上げるジンベエザメ。

まるでダイビングをしているような気分を味わえますねwink

 

 

 

もう少しじっくりと見たかったのですが、あまりにも人が多くてゆっくり出来ないので、早々に切り上げ、オクマ方面に向かう事にしましたcoldsweats01

途中、昼食を摂った「道の駅 大宜味」で何やら猛禽類が上空にいるのを発見、その後国道58号線沿いの電柱に止まっているサシバを見つけ、カメラに収める事が出来ましたhappy01

Dscf2533_2

Dscf2536

Dscf2541


さて、そうこうしているうちに無事に「JALプライベートリゾート オクマ」に到着しました。

当初の予定では、此処で2泊し、この日の夜に「夜の生き物探索ツアー」に、翌日は「やんばるの森3時間トレッキング」に参加することになっていたのですが…

チェックインを済ませたところで、何やら奥からスーツ姿の人が出て来て、
「少しお話させていただきたいのですが…。」と切り出しました。

ロビーのソファーに場所を移して話を聞いてみると、何でもダブルブッキングが発生したため、どうしても翌日の部屋を確保しなければならなくなり、2泊以上の客に相談しているのだとか。

「これは決してお願いではありません。」と付け加えながら、「協力していただけるなら、同等以上のホテルをこちらで確保した上に、当ホテルで利用できる施設利用券を1万円分進呈致します。」だと。

「わかりました。部屋で家族と相談して返事します。」と取りあえず返答したのですが、「ホテルがグレードアップして、おまけがつくならいい話やん。」というのが本音wink

嫁さんの意見も同じだったので、部屋から電話して、翌日のチェックアウトをトレッキング終了後の16時頃にしてもらう事を条件に協力を申し入れました。

これで、明日の宿は「ホテル日航アリビラ」に変更sweat01 何と毎日宿が変わる(1泊目と4泊目は同じホテルだけど)という変則旅行になったのでしたcoldsweats01

楽しみにしていた「夜の生き物探索ツアー」ですが、気温が低く状況が悪いので、生き物に出逢える可能性が非常に低い…とのことで中止になってしまいましたsad

と言う事で、この日は夕食後に軽くナイターテニスtennisを楽しんで終了。

何だか波乱の幕開けを感じさせる一日となりました。

…その(3)に続きますcoldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

年末年始沖縄旅行 その(1) シロガシラとかキンパラとか…

今年の年末年始は9連休sign01

特に休暇を足さないで9連休というのはサラリーマンにとっては最長の連休と言えるでしょうconfident

折角なので、今年はちょっと無理して沖縄でのんびりと過ごすことにしましたhappy01

沖縄と言っても、流石に真冬のこの時期に泳ぐわけにも行かないので、やんばるのトレッキングツアーへの参加を旅行の目玉に計画を立てたのでした。

もちろん、いつものお供、高倍率コンデジのFinepix HS 50EXRを携えて。

沖縄ならではの野鳥や野生動物を撮影しようという魂胆ですwink

今回はツアーに割安なものが見つからなかったので、飛行機とホテルをそれぞれ自分で予約することにして、飛行機の早割りや、会社の提携ホテルの利用など、色々とやりくりして、何とか4泊5日の旅程を完成させました。

危なかったのはレンタカー。飛行機と宿が確保出来てホッとして予約を忘れていて、出発1ヶ月前になって、「そろそろ押さえておくか…」とネットで予約を試みたら、何と、沖縄本島のレンタカーはほぼ全滅状態coldsweats02

必死になって各社のHPを探して奇跡的にトヨタレンタリースに1台だけ空きを発見、何とか確保することが出来ましたが、公共交通機関があまり発達していない沖縄でレンタカーがないと大変な事になるので、混雑する時期は最初にレンタカーを確保しておく事をお勧めします。

Dscf2479_2総勢3名なのでエコカーか、もしくは軽自動車でもよかったのですが、唯一手配できたのはマークXでしたsweat02

料金とガソリン代は割高になってしまいますが、背に腹は代えられないですからねcoldsweats01

さて、29日の朝に那覇空港に到着し、レンタカーを確保してから、まずは昼食がてら「沖縄アウトレットモールあしびなー」に。

昼食後、当然のように家族は買い物をしに勇んで出掛けて行きましたが、僕は早速鳥探しですwink

あしびなーに来るのは2度目なので、近くに干潟のような河口があることをわかっていましたからね。

因みにこの季節の沖縄は、大阪で言えば春くらいの気候。日が差せばシャツ1枚でもいけるくらい暖かくなりますが、曇って風が強い日はダウンジャケットのような防寒着が必要になりますconfident

川沿いに海に向かって歩いていくと、案の定シギの仲間がちらほらと。

これは冬羽のムナグロ(だと思うcoldsweats01

Dscf2292

Dscf2310

これはキアシシギかな?(シギの仲間の同定には自信がありませんsweat01

Dscf2232

Dscf2241

それから、中州の木の上で見張っているミサゴを発見sign01

Dscf2272

Dscf2275

見慣れない綺麗な鳥を見つけたので(もちろん初見)、興奮して何枚も写真を撮り、その後ネットで調べてみたところ、シロガシラという鳥だとわかりました。

何でも台湾から持ち込まれたタイワンシロガシラが沖縄本島南部で繁殖し、農作物に被害を及ぼしているそうですcoldsweats02

沖縄では害鳥かもしれませんが、本土では見かけない鳥なので、記念に載せておきますconfident

Dscf2329

Dscf2358

Dscf2379

Dscf2386

後、川沿いの茂みでは、

アカハラや、

Dscf2119

Dscf2120

セッカが観察出来ました。

Dscf2153

イソヒヨドリもしっかり撮影しましたが、彼等は翌日以降、本土のヒヨドリ並みに頻繁に見かけましたcoldsweats01

やっぱり海が近いということなんでしょうか。

Dscf2167

そして、またまた見かけない…というか、ペットショップでは見かける鳥の一群がcoldsweats01

どうやらキンパラのようです。

篭ぬけ鳥が自然繁殖しているんでしょうね。

Dscf2199

Dscf2200

Dscf2211


どの鳥も本土と比べると警戒心が薄いというか、あまり人を怖れないような気がしましたconfident

家族が買い物をしている間の1時間ちょっとでこれだけ出逢えたのですから、幸先のいいスタートと言えるでしょうwink

さて、そろそろいい時間になってきたので「あしびなー」を後にし、この日の宿「残波岬ロイヤルホテル」(ここは会社が提携しているのでメンバー料金で利用できるのですhappy01)に向かいました。

ホテルは1泊目が「残波岬ロイヤルホテル」2、3泊目が「JALプライベートリゾート オクマ」(ここでやんばるのトレッキングを楽しむ予定)、そして4泊目はまた「残波岬ロイヤルホテル」という予定なのです(帰りの飛行機が午前便なので、少しでも空港に近づいておこうという作戦wink)。

さて、どんな出会いが待っているでしょうか…wink

と、言う事でその(2)に続きますcoldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます。

2014
※画像はクリックすると拡大されます。

あけましておめでとうございます。

今年も当ブログをよろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »