« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

今朝のカワセミ…

今朝はすっきりとした秋晴れだったので、早朝散歩&撮影には恰好の条件でしたhappy01

いつもの池の畔に行ってみると、公園管理業者が派手な音を立てて草刈りをしていたのでcoldsweats02、「カワセミは来ていないかな?」と不安になったのですが、その手の騒音には慣れているのか、メスのカワセミはお気に入りの枝でマッタリくつろいでいましたhappy01

(画像はクリックすると拡大されます)
Dscf5384

Dscf5460

Dscf5484

Dscf5489

途中、オスも近くの枝に飛んで来たのですが、警戒心の強い彼はすぐに飛んで行ってしまいました。

Dscf5446_2

Dscf5449

出勤前の時間をやりくりして、何とか日の出後20分くらいの撮影タイムを確保しているのですが、これ以上後ろにずらすのは無理です。

カワセミ撮影の為に遅刻します…とは言えないですからねcoldsweats01


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

ジョウビタキペアに遭遇…

昨日、ちらりと見かけたジョウビタキですが、この週末に各地で観察されているみたいですねwink

そして、僕も今朝、いつものカワセミ池でしっかり遭遇しましたhappy01

(画像はクリックすると大きくなります。)
Dscf5103

Dscf5130

Dscf5132

Dscf5213

ジョウビタキはキビタキとかと違ってとてもフレンドリーで、あまり遠くへ逃げず、目の届く範囲で行ったり来たりしてくれるので、すばしっこいとは言え、撮影チャンスは結構ありますねhappy01

時折、ヒタキの語源になったと言われる「カチッカチッ」と言う声を立てながら、しっかりモデルを勤めてくれました。

メスもいて、ペアで僕の廻りを飛び回っていましたよwink

Dscf5147_2

Dscf5153

もちろん、カワセミにも出会えましたhappy01

Dscf5077

Dscf5087_2

…今朝は吐く息も白く、池には朝靄がかかっていて、さながら晩秋~初冬の佇まいでしたconfident

季節の移ろいの速さに驚くばかりです。



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

久々のカワセミとジョウビタキ♂…

今年は次から次へと大型台風typhoonがやって来ますねcoldsweats02

週末に向けて接近していた台風27号と28号は日本列島から離れたルートを通ったので、大阪は金曜日に強い雨が降ったものの、土曜日には何とか雨も上がってくれました。

実はこの週末は土日ともゴルフgolfの予定が入っていたのですが、おかげで何とかプレーすることが出来てよかったですconfident

Rimg16701悪天候が続くと、昼からどんよりと暗くて気が滅入ってしまうのですが、夜行性のラッテにとっては好都合なようで、消灯前からやたらにアクティブだったりするんですけどねcoldsweats01

 

Rimg16706Rimg16714

さて、日曜日の今日、ゴルフgolfが早く終わり、まだ明るい3時過ぎに家に帰ることが出来たので、近所の公園にカワセミ撮影に出掛けました。

2連荘のゴルフで疲れて帰って来てすぐ出掛けると言うのもかなり酔狂な感じですが、悪天候やゴルフがあって丸4日間カワセミ撮影出来てなかったので…coldsweats01

いつもの池に到着すると、カワセミはいるにはいましたが、入り組んだ茂みの中でじっとしていて、なかなか綺麗に全身が抜けませんdespair

おまけに日も傾いてきて、バックの水面は明るく、カワセミには光が当たっていないという最悪の状況…sad

それでも色々な角度からあれやこれや試してみて、何とか使える写真を数枚撮る事が出来ましたcoldsweats01

Dscf5008

Dscf5021

Dscf5030

Dscf5045

それから、今回は嫁さんを誘って一緒に出掛けたので、霊園の池に足を伸ばしてヌートリアの観察に…。

暫く待っていると子供(多分)のヌートリアが出て来てくれましたhappy01

Dscf5058

Dscf5066

そして、霊園からの帰りがけ、この秋初見のジョウビタキを発見sign01

相当薄暗かったのと、あっというまに飛んで行ってしまったので証拠写真しか撮れませんでしたが…coldsweats01


いよいよ、秋も本番になって来たんですね~confident

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

乾燥コオロギ…

※今回の記事にはコオロギの画像が登場します。

コオロギや昆虫は苦手だ…と言う人はどうぞスルーして下さいcoldsweats01

Rimg16642さて、家に活コオロギのストックがなくなったので、先日ぶりくらで仕入れて来た「乾燥コオロギ」を試してみる事にしました。

今まで、乾燥コオロギの存在は知っていたのですが、本当に食べてくれるかどうかちょっと疑問だったのと、活コオロギの入手にさほど不自由していなかったのとで、一度も試した事がありませんでした。

ところが、普段コオロギを買っている熱帯魚店「アフリカ」が、この10月末で閉店してしまう事になり、コオロギを買うのにちょっと離れたペットショップまで車で行かなければならない状況になってしまうので、今後のストック用に初めて乾燥コオロギを買ってみたのです。

余談ですが、近所の熱帯魚店で言うと、去年「ペットバルーン」が閉店になり、さらに数年前には「グレートアマゾン」という店が閉店になっていますsad

爬虫類を扱っている総合ペットショップも近所にあるのですが、ここも最近になって以前扱っていた餌コオロギを取り扱わなくなってしまいましたwobbly

やっぱり採算が取れないマイナーな趣味なんですかねえ…despair

とまあ、こんな事情で、餌コオロギの調達は結構深刻な問題なのですthink

保存が効くという事でいくと冷凍コオロギというのもありますが、家の冷凍庫には絶対入れさせてもらえませんからねcoldsweats01

Rimg16643さて、初めて開封して取り出してみた乾燥コオロギ。(画像は自主規制で縮小していますが、クリックすると大きくなりますcoldsweats01

クリルのように指でつぶれるくらいの堅さを想像していたのですが、思ったよりカチンカチンに堅いです。

Rimg16644取りあえず、ぬるま湯で戻し、養分の補給と香り付けの為クレスフードを少々振りかけ(ビバガのエボシカメレオン特集で紹介していたので)、更にカルシウムを加えて与えてみました。

まずはレオパ達。

アルジュニ、
Rimg16646Rimg16647_2

ジュニア、
Rimg16648Rimg16650


アル、
Rimg16658

Rimg16654レオ…と皆、何の問題もなく食べてくれましたhappy01

普段からピンセットにアタックしてくるくらいのがっつき軍団ですから、大丈夫だとは思ったんですがね。

Rimg16663そして、コオロギを食べない時もあるクレスも奪い取るように食べましたsign01

ちょっとガラスがクレスの糞で汚いですが…coldsweats01

 

Rimg16665ミヤコヒキガエルのヒッキーも…

まあこいつはパックマンフードも食べてくれる優等生?ですから、何の心配もしていませんでしたがcoldsweats01

Rimg16667

マサイヨロイトカゲも何の問題なくムシャムシャとhappy01

 

…と、言う訳で、乾燥コオロギは充分使えることがわかりましたhappy01

たまに死んでしまったコオロギを与えようとするとそっぽを向かれることもあったので、食い付きについては少し心配だったのですが、思いのほか好評だったようですhappy01

これならストックの手間もないし、活コオロギとそんなに値段も変わらないし、保存も効くので随分飼育が楽になりますねhappy01

何たってコオロギの世話が一番大変だったりしますからねcoldsweats01

カジカガエルやニホンヤモリ用に乾燥イエコのMサイズも買っておいたらいいかも…。

まあ、フタホシのピンヘッドサイズはわんさか生まれているので、もうしばらくするとSサイズには不自由しなくなるとは思いますがねwink

こんなに食べてくれるんだったら、もう少し買っておいたらよかったなあ…bleah

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

カワセミと冬のカモたち…

Dsc_0353この週末は久々に松江に帰省していました。

なので、野鳥撮影はお休みの予定でしたが、帰りの中国道の渋滞を避ける為に早目に帰途についたのが奏功し、4時前に自宅に帰る事が出来ましたhappy01

長時間運転した疲労感はありましたが、まだ日の入りまでは時間があるし、雨も止んでいたので、ちょっとだけカワセミ撮影に出掛ける事にしましたcoldsweats01

いつもの公園の池に行ってみると、いつものカルガモに混じって、ちょっとカラフルなカモの姿が。

キンクロハジロと、
Dscf4514_2

ホシハジロです。
Dscf4659_3

いよいよ冬の渡り鳥がやって来たんですねhappy01

 

そして、お目当てのカワセミくんは…ちゃんと出迎えてくれましたよwink 

曇り&夕暮れということで光が足らなかったので、写りはイマイチですが…coldsweats01

Dscf4535

Dscf4633

もう少ししたら池もカモ達で賑やかになりそうですhappy01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

すっかり秋らしくなりました。

めっきり朝晩涼しくなって、ようやく秋らしくなってきましたね。

日もすっかり短くなってしまい、早朝散歩に出掛けるころはまだ夜明け前…といった状況ですcoldsweats01

いつもの公園の池ではこのところ毎朝カワセミに出逢えるのですが、光量が足りない為、写真撮影には苦労しますsweat02

ISO感度を1600以上に上げてみても、ある程度スローシャッターでないと写らないので、どうしてもブレてしまうんですね。

Dscf3172

Dscf3194

まあ、それでもいい写真を撮る事をモチベーションにして、朝のウォーキングを続けていくつもりですwink

 

Rimg16615それから、ぶりくらでお迎えしたサカラバネコツメヤモリは、元気でイエコのSをパクついていますhappy01

取りあえずは順調でホッとしていますが、爬虫類は不調のサインが解りにくいのでしばらくは慎重に様子をみていこうと思っていますconfident 

Rimg16501「…最近僕の出番が少ないでしゅねpout

ああっ、ゴメンゴメンsweat02

ラッテも相変わらず元気に暮らしていますよ~happy01

これから寒くなるから、調子を崩さないように注意して下さいね~coldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

ぶりくら市2013…

ここのところ、カワセミなどの野鳥写真ばかりアップしていて、鳥ブログになりかかっているとの噂もありますが、今回は久々に爬虫類ネタですhappy01

そう、今年も行って来ましたsign01 ぶりくらに。

今年は流石にもう生体を増やすつもりもないし、無理に都合をつけてまで行かなくてもいいか…と、少し消極的だったのですが、幸い他の用事も入らなかったので、やはり行く事にしたのです。

生体は買わなくても、少なくとも餌は必要だし、動物愛護法改正後でこの業界の雰囲気がどう変わったか知りたいと言うのもありましたしね(何だか大袈裟ですけどbleah)。

Rimg16542さて、ぶりくらというと例年雨rainのイメージがあるのですが、今年は打って変わってどピーカンsun まさに行楽日和という気候になりましたhappy01

神戸ハーバーランドにも好天に誘われて出掛けてきた人々で賑わっていましたよ。

開場は11時ですが、別にお目当てがある訳でもないので、先に昼食を済ませ、1時過ぎに会場の神戸サンボーホールに到着。

Rimg16545入場料を支払って入ってみると…やはり今年もこの人混みですcoldsweats02

人気のブースは2重3重に人垣が出来ていて、近寄る事もままなりません。

移動するのも人混みをかき分けて歩かなければならなくて、一通り見て回るだけでも一苦労です。

とりあえず、ブログを通じた知り合いに挨拶をすませ、会場を2回りほどしたところで何とか全体の雰囲気がわかってきましたcoldsweats01

その頃になると、少し会場の混雑もマシになってきたので、ようやく各ブースのチェックスタートです。

Rimg16568Rimg16574全体の印象では、ヘビ(特にボールパイソン)、カメ、そしてレオパが多い印象を受けました。

僕の場合はヘビは家族の同意が得られそうもないのでNG、カメは意外にスペースと設備が必要なのでパス、レオパはもう4頭いるのでこちらもパス…と言う事で、これらのブースは本当に眺めるだけですcoldsweats01

Rimg16567カメレオンも多かったですね。

こちらもスペースの都合もあって二の足を踏んでしまいますcoldsweats01

Rimg16550おおっと思ったのは、このヒガシアオジタトカゲ。スキンコイデス・スキンコイデスなんですね。

流石の値段に2度びっくりですsweat01

Rimg16553_2爬虫類イベントと言いながら、哺乳類も年々増えているような気もします。

フクロモモンガは複数のブースで扱われていました。

Rimg16564何とオオコウモリまでcoldsweats01

Rimg16566こんな哺乳類も… こちらは意味合いが全然違いますがbleah

 

 

後、印象に残ったものをいくつか。

Rimg16559スベヒタイヘラオヤモリ。

こんなにじっくり観察したのは初めてです。何せ動物園等の展示では見つける事すら難しいので…coldsweats01

Rimg16563カメレオンモドキ。

おとなしい看板トカゲでした。

Rimg16572コブハナアガマ。

国内初ブリードだそうです。

Rimg16548各種ヤドクガエル。

いつかは飼ってみたいんだけどなあ…

Rimg16602まあ、こうした生体は目の保養とさせていただいて、フタホシコオロギのLとイエコのS、そして、コオロギフードと活餌を切らした時のストック用に乾燥フタホシを購入して帰る予定だったのですが…coldsweats01

Rimg16596とあるブースで目に止まったこいつ、サカラバネコツメヤモリのベビーをセッティングプラケ?ごと購入してしまいましたcoldsweats01

 

Dscf4338Dscf4353地味なヤモリではありますが、スペースも取らないし、大きくなると見応えもあるからいいかな? …なんて、要は完全にイベントの空気に呑まれた衝動買いですbleah

最終的に買うかどうか迷ったのですが、駄目元で料金交渉したらディスカウントして下さったので、思い切ってお迎えすることにしました。

やっぱりこういうイベントに行くと、何も買わずに帰るのは難しいもんですねbleah

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

ノゴマ@千里南公園

今日はまず箕面の明治の森に行ってみたのですが、バードバスにはヤマガラとメジロが来ただけというお寒い状況sad

そこで午後から千里南公園に移動してみました。

公園に到着して丘の方に歩いていくと、いきなり大砲を構えた集団がcoldsweats01

「何が出てるんですか?」と聞いてみると、ノゴマのオスとのこと。

早速、集団に加わって待機していると、ツツジの茂みからお目当てのノゴマが出て来てくれましたsign03

(写真はクリックすると大きくなります)
S0014007

因みにノゴマは初見初撮りなので、本当に嬉しい出逢いでしたhappy01

茂みの中からカメラマンの前に現れたかと思うと茂みに戻っていき、場所を変えてまた現れる…の繰り返しで、その度にバシャバシャ…と凄まじいシャッター音が響き渡り、まさに千両役者の風格でしたよcoldsweats01

S0074038

オレンジ色の喉元がチャームポイントhappy01
S0094054

S0154091

S0164103

S0214154

S0333368

S0334230

S0513440

S0593466

S0623479

S0653496

S0863577

S0993645


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

雨が降る前にカワセミ撮影…

今朝は台風の影響で雨rainの予報だったのですが、朝起きたらまだ降っておらず、東の空が明るかったので、いつもの公園に行って来ました。

しかし、やはり雲が厚くて相当薄暗かったため、撮影条件は相当厳しかったですcoldsweats02

かろうじて撮れたのがこのレベル。

Dscf3094_2

仕方ないので、昨日撮影の写真を何枚か。

Dscf2951

Dscf2980
尾羽をスカートのように広げているのが可愛いですねwink

Dscf2999

Dscf3027

Dscf3051_2

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

今朝もいつもの池でカワセミ…

今朝も出勤前にいつもの公園の池を巡回。

2羽のカワセミが出迎えてくれました。

しかし、日の出が遅いですね~。

6時半でもまだ薄暗く、F5.6のレンズでは、ISO感度を相当上げないと厳しいです。

Dscf2759

Dscf2773

Dscf2811

Dscf2814

Dscf2840

Dscf2845

かと言って、コンデジと言いながらかなりごついFinepix HS50 EXRを持って会社に行く訳にもいかず、これから冬にかけてちょっと頭が痛いですcoldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

カワセミ、キビタキ、マミジロ、そしてまさかの…

土曜日の今日は午前中いっぱい使って鳥見を楽しみましたsign01happy01

普段は出勤前の30分ちょっとが勝負ですからね~。

休みの日ぐらいはしっかり観察したいものですconfident

まずは千里南公園。

コサメビタキ、キビタキ、オオルリといった目撃レポートがアップされているので、期待して行ったのですが、モーニングタイムでは出逢えませんでしたsad

でも、牛ヶ首池のカワセミ君は出迎えてくれましたよ~happy01

(写真はクリックすると大きくなります。)
Dscf2489

Dscf2504

Dscf2522

この後、もう少し粘ろうかとも思ったのですが、ここで雨rainが降り出して来たので、一旦車carに戻って雨宿り。

そうこうしているうちに箕面記念の森の開場時刻が近づいてきたので、そちらに移動することにしました。

バードバスの近くに陣取って、待つこと暫し…

お腹の白いオリーブ色の小鳥がやって来ました。
多分、キビタキのメスでしょう。
Dscf2635

相当薄暗く、コンデジ(Finepix HS 50EXR)ではちょっと厳しい条件だったのですが、ISO感度1600、F5.6で、シャッタースピード40分の1秒(それ以下ではブレてしまう)にして無理矢理撮影していますsweat02

当然、画像補正ありですcoldsweats01

Dscf2637

Dscf2644

Dscf2622

Dscf2678

Dscf2629


そして、次にやってきたのはマミジロのオス。

トレードマークの白い眉がよく目立っていますhappy01

Dscf2610

Dscf2649

ヤマガラも…happy01

Dscf2690


そしてそして、隣の木から何だか大きな鳥?が飛び移ってきましたsign01

ん? …なんだこいつはsign02

Dscf2591

なんとsign01 ニホンリスです~~sign03happy01

Dscf2596

Dscf2600

Dscf2605

Dscf2609

まさか、このバードバスにニホンリスが来るとは…coldsweats01

思わぬ珍客も観察出来て、久々に収穫の多い一日となりました~happy01

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

カワセミ@服部緑地

桂坂野鳥遊園ではほんの一瞬の出逢いに終わってしまいましたが、出勤前に通っている緑地公園では、この一週間、毎日カワセミと出逢う事が出来ましたhappy01

この池には少なくとも3羽暮らしているようですが、よく一緒にいるのはそのうちの2羽。

(写真はクリックすると大きくなります。)

Dscf2180

Dscf2341_2

ペアーかな?と思っていたのですが、今朝は1羽がじっと枝に止まっていて、もう1羽が近づくと羽をはばたかせて鳴き声を上げ、アピールしていたので、親子かもしれません。

Dscf2439

ひょっとしてこの子が幼鳥かな?

Dscf2465

Dscf2468_2

こちらは成鳥(オス)…?

Dscf2133

Dscf2143

だんだん判別がつかなくなってきましたcoldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

桂坂野鳥遊園…

前回の記事にあるように、先週末は京都に出掛けていたのですが、泊りがけで出掛けていたので、「桂坂野鳥遊園」にも行って来ました。

身内の家が桂坂にあり、何度かお邪魔しているのですが、行く途中で「桂坂野鳥遊園」を記した標識を見た事があり、前から気になっていたのです。

今回、こちらの家に泊まらせてもらうことになったので、ネットで色々調べてみたのですが、HPはあるものの、あまり更新頻度が高くなく、お世辞にも賑わっているとは思えない感じでしたcoldsweats01

近況を調べてみようと公式HP以外のブログも検索してみたのですが、あまり目新しい訪問記は見つからず、この時期どんな鳥が来ているかはさっぱりわかりません。

ただ、冬場にはオシドリを始めとするカモ類が観察出来るものの、夏場はあまり期待出来なさそうなことは想像がつきましたcoldsweats01

Dscf2121Dscf2122は言え、百聞は一見にしかずと言う事で取りあえずは行ってみる事にcoldsweats01

入口には茅葺屋根の門がしつらえてあり、なかなかいい雰囲気を醸し出しています。

Dscf2099_2Dscf2100
門をくぐって入ってみると、「観鳥楼」と言う名前の観察小屋がありました。

Dscf2118小屋の中には、備え付けのフィールドスコープや双眼鏡が備え付けてあり、なかなか設備は充実しているな…という印象です。

既に先客が一人、自前のデジスコをセッティングして観察中でした。

Dscf2102Dscf2109そして小屋から見える風景がこちら。

 

何とも自然感溢れる雰囲気をたたえた池が目前に広がり、如何にも野鳥がいそうな風景じゃないですかsign01

しかし、何故か鳥の気配がしませんcoldsweats01

カルガモが2羽、端っこの方にいるのと、小屋のすぐ近所でシジュウカラが鳴いているぐらいで、目前に広がる素晴らしい池にはスズメやヒヨドリ、セキレイの姿すら見えず、鳴き声ひとつしないのですsweat02

「何もいないなあ…」と思った矢先、視界の隅に青い物体がよぎりました。

いたーーーsign03

Dscf2108カワセミですsign01 慌ててカメラを構え、2~3枚手持ちで撮影し、折角だから三脚をセッティングして撮ろうと準備を始めたところで、カワセミは池の奥の方に飛んで行ってしまいました。

…結局それから1時間くらい待ったものの2度とカワセミは出て来ず、ブレブレの「証拠写真」が残っただけsad

その間、何人か入場者があり、中には600mmの大砲を抱えていらした人もいましたが、少なくとも僕がいた間は全くのボウズだったみたいですcoldsweats01

常連さんらしき人の話では春から夏の間、カワセミが子育てをしていて、4羽が確認出来たらしいのですが、最近さっきの1羽が残りの個体を追い払ってしまって、1羽しかいなくなってしまったんだそうですsad

この園内にはハイキングコースもあるのですが、結構荒れ放題で、途中で行き止まりのようになっていました。

林の中ではヤマガラとコゲラの姿は見たのですが、如何にも野鳥がいそうな風景からすると拍子抜けするほど鳥がいない…という印象でしたねdespair

今度は冬場、オシドリがいる(本当にいるんだろうかcoldsweats01)季節に訪れてみようかな…。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »