« EXPO'70パビリオン… | トップページ | 名古屋港水族館… »

2013年9月 7日 (土)

藤前干潟のハヤブサ…

この週末は名古屋に出掛けて来ましたhappy01

金曜日の午後から名古屋で会議があり、懇親会付きなので宿泊、翌日はフリーと言う大変ありがたい出張だったのです。

大阪から名古屋は新幹線bullettrainで1時間弱と、下手すれば通勤出来るくらい近いのですが、意外に名古屋でゆっくりすることはありません。大体通過するだけなんですよね。

折角の機会だから土曜日は名古屋を少し観光してみようかと思った訳ですconfident

まあ、僕の事ですから、一般的な観光地には行く筈もないのですが…bleah

 

さて、当日、金曜日。会議の後、懇親会&2次会、そして旧知の友人の呼び出しによる3次会sweat01もあってホテルの部屋に戻ったのは日付が変わった後でしたsweat01

にもかかわらず、翌土曜日目覚めたのは6時過ぎcoldsweats01
すっかり年寄りの生活パターンが染みついてしまったようですsweat02

当初の予定では名古屋港水族館に行くつもりだったのですが、営業時間は9時30分から。まだまだ時間があります。

朝食を食べながら作戦を練り直し、まずは藤前干潟に行ってみる事にしました。

平成14年にラムサール条約に登録されたと言う干潟を一度見てみたかったのと、野鳥観察館が9時からオープンしていて、デジスコ体験も出来ると知ったからです(たかが30分の差ですが、朝の30分は貴重ですからねwink)。

Rimg0025名古屋駅からあおなみ線に乗ること20分少々、野跡駅で降りて徒歩5分で藤前干潟に到着しました。

Rimg0006しかし、この日の干潮時は12時56分。

到着した時刻(8時半頃)ではまだ全然干潟が現れていませんでしたsweat02

まあ、それでも遠くの堤防には鵜や鴨、シギ達が水が引くのを待ち構えているかのように止まっています。此処の水が引けば広大な干潟が現れ、水鳥たちの楽園になるであろうことは容易に想像出来ますねconfident

Rimg0018やがて9時になったので、名古屋市野鳥観察館に入ってみることに。

Rimg0007
中には10台以上のフィールドスコープが設置され、自由に干潟が観察出来るようになっています。

係員のおじさんに「デジスコ体験は出来ますか?」と尋ねると、奥からデジスコ一式を出して来てくれました。

そして、僕の手持ちのデジカメ(CX3)からSDカードを取り出し、デジスコのデジカメに装着してデジスコ体験のスタートです。

ちょうど、向かいの堤防にハヤブサが止まっているのをフィールドスコープで確認していたので、なんとか撮影しようとしたのですが、如何せん遠すぎて(おじさん曰く800mくらいだそうです)、30倍のデジスコではちょっと厳しかったようです。

Cimg7092Rimg0022

それでも何とかハヤブサと判別出来る、証拠写真レベルの写真は撮る事が出来ました(目いっぱいトリミング&補正をしていますcoldsweats01)。

因みに右の写真は正式なデジスコでなく、別のフィールドスコープの接眼部にCX3を押し付けて撮影したものcoldsweats01

ケラレはひどいですが、トリミング前提なら使えなくもないですねcoldsweats01

係の人によるとここ数日、このハヤブサが追い回すので、干潟が現れてもなかなかシギ達が近くに来てくれなくて困っているんだとか。

僕は猛禽類が大好きなので、むしろハヤブサが見られてラッキーだったんですがねwink

水が引いた様子も見てみたかったのですが、まだ干潮までは相当時間があったし、曲がりなりにもハヤブサを撮影することが出来たので、次は名古屋港水族館に向かうべく、藤前干潟を後にしたのでしたconfident

名古屋港水族館のレポートは次回に…coldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

|

« EXPO'70パビリオン… | トップページ | 名古屋港水族館… »

バードウォッチング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/53179940

この記事へのトラックバック一覧です: 藤前干潟のハヤブサ…:

« EXPO'70パビリオン… | トップページ | 名古屋港水族館… »