« カワセミ、エナガ… | トップページ | 桂坂野鳥遊園… »

2013年9月29日 (日)

京都水族館…

今更…というか、ようやく京都水族館に行って来ましたhappy01

その気になればいつでも行ける(近いので)という思いがあったのと、結構混んでいるという話を聞いていたので、何となく行かないまま時が経っていたのですねcoldsweats01

それが、この土曜日、京都に出掛ける事になり、家族が伊勢丹で買い物をすると言うので「これは千載一遇のチャンス!」とばかり行って来たのですbleah

これから秋mapleになると週末の京都は洒落にならないくらい混雑するのですが、まだまだ紅葉mapleには早いのと、連休の次の週ということ、そしてあの台風18号の被害の影響もあってか、行楽日和の土曜日の割には道も空いていて、伊勢丹の駐車場parkingにもすんなりと入れましたhappy01

そもそも京都水族館には駐車場がないので、少し遠いですが、京都駅から歩かないといけないのですsweat01

Dscf1833京都駅から西へ歩くこと約15分、大宮通に出ると京都水族館の建物が見えてきました。

割と小じんまりしていると聞いていたのですが、想像していたより立派な建物ですcoldsweats01

売り場で 並ぶが嫌だったので、チケットは用意周到に途中のコンビニで買って行きましたwink

結果的にはこの日は現地で買っても大丈夫なくらい空いていたのですが、これからの行楽シーズンの休日なら絶対に事前に買って行くのがオススメですwink

Dscf1854Dscf1852水族館に入るといきなりオオサンショウウオの展示からスタートです。

これが目当てだった僕からしたら、いきなりの真打ち登場でちょっと戸惑いましたけどcoldsweats01

Dscf1845Dscf1844アクアテラリウム風の水槽に、でかい個体がうじゃうじゃといて、なかなかの迫力ですcoldsweats01

1メートル近い個体もいましたよcoldsweats02

Dscf2016その向かいには、オオサンショウウオとチュウゴクオオサンショウウオ、そしてその交雑個体が展示されていました。

左から、オオサンショウウオ、チュウゴクオオサンショウウオ、交雑個体です。
Dscf1860Dscf1868Dscf1873

パッと見判別はし難いですが、チュウゴクオオサンショウウオは模様が大きく、イボが少なくてつるっとした感じですかね。

鴨川では(というより日本中で)この交雑個体が増え、純血のオオサンショウウオの個体数が極端に減って大問題になっていますねsadDscf2023_2

因みにこの交雑個体はイボの多い、珍しい個体なんだそうです。

Dscf1881 

それからオオサンショウウオの仲間ということで、各種サンショウウオやイモリが展示されていました。 

Dscf2049Dscf2044両生類繋がりという事か、ニホンアマガエルのアザンティック個体も展示されていました。

ちっちゃくて可愛い子でしたよlovely

ちょうど僕のスマホについてるやつくらいbleah

それから、京都の川の魚達という事で、上流、中流、下流の魚が展示されてました。
Dscf2053Dscf2056Dscf2087

Dscf2061
中流ゾーンでは追星の出たアブラボテが「貝のぞき」をする様子も観察出来ました。

 

Dscf1925Dscf1946そして、展示は、海獣から海水へと移っていくのですが、正直、もう少し頑張って欲しい感じですかね…coldsweats01

海獣ゾーンにはあの旭山動物園を真似たと思われるアザラシパイプもありましたが、残念ながら一度もアザラシは現れずcoldsweats01

Dscf1949Dscf1951海水は内陸の水族館と言うことで、水族館ではほぼ初めての人工海水での飼育と聞いたことがありますが、それ以外にあまり特徴的なところはないかな…とcoldsweats01

 

Dscf1929子供達の人気者ペンギン。

こちらも特にどうということはなく。

Dscf1941いかにも京都らしくて個人的にウケたのはこの扇風機。

京都の夏は蒸しますからね~。

ペンギンには辛いでしょうcoldsweats01

Dscf1964こちらも一般的には目玉であろう、イルカスタジアム。

既にショーの始まりを待つ人々で埋まりつつありました。

まあ、僕はショーは見なくてもいいのでスルーしましたがbleah

そしてこちらは如何にも京都水族館…という写真。

Dscf1972イルカスタジアムの向こうを走る新幹線。

Dscf1968Dscf1986後、イルカスタジアムの向こうに見える東寺の塔に京都タワーですwink

 

 

イルカスタジアムを出ると、ビオトープ展示がありました。 
Dscf1988Dscf1992Dscf1997

Dscf2002Dscf2005水生植物とその合間を泳ぐメダカを始めとする淡水魚達…。

こういう里山の原風景を再現した展示はいいですねconfident

やはり京都は近くに琵琶湖をたたえ、市内を疎水や鴨川が流れる街なのですから、いっそのこと淡水に特化した展示をした方がいいのでは…と思うのですが、それではやはり営業的に厳しいんですかねcoldsweats01

ショップでは、オオサンショウウオのぬいぐるみsign01が人気でしたcoldsweats01

Dscf2012この特大ぬいぐるみは抱き枕にもなるらしく、ちょっと面白いかなと思いましたが、もちろん買いませんでしたよcoldsweats01

と、言う訳で、割と空いていたせいもあり、しっかり京都水族館を満喫する事が出来ました。

意外にショボいという人もいますが、両生類、日淡好きの僕としては、充分楽しめましたよhappy01

オオサンショウウオ、飼ってみたいな~confident

絶対無理だけどcoldsweats01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

|

« カワセミ、エナガ… | トップページ | 桂坂野鳥遊園… »

カエル」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観賞魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/53425616

この記事へのトラックバック一覧です: 京都水族館…:

« カワセミ、エナガ… | トップページ | 桂坂野鳥遊園… »