« 藤前干潟のハヤブサ… | トップページ | カワセミ若 @H霊園 »

2013年9月 8日 (日)

名古屋港水族館…

前回からの続き…coldsweats01

Rimg0028藤前干潟から一旦あおなみ線で名古屋駅に戻り、今度は地下鉄に乗り換えて名古屋港水族館に向かいました。 

 

Rimg0031入っていきなり出迎えてくれるのは、シャチの大型水槽です。

結構な人だかりが出来ていたので、「やっぱり名古屋人はシャチが好きなRimg0034んだなあ…bleah」と思っていたら、昨年の秋に生まれた赤ちゃんがいるんですねcoldsweats01

リンちゃんという名前なんだそうですconfident

Rimg0081

他にもバンドウイルカやカマイルカ、一時CMで人気を博したシロイルカのベルーガもいて、なかなか海獣が充実しているなあ…という印象を受けました。

Rimg0041Rimg0042_2こちらは日本の海。

ダイバーによるマンボウへの餌やりや、

Rimg0045_2

マイワシのトルネードなど。 

 

Rimg0049

砂浜の魚、カレイやシロギス、アカエイなどのちょっと面白い展示もありました。

 

Rimg0061そして、名古屋港水族館と言えば、やはりスッポンモドキことブタバナガメでしょう。

日本で初めて飼育下繁殖に成功していますからね。

Rimg0065Rimg0070Rimg0072

大きなテラリウム水槽でノーザンバラムンディ達と一緒に悠々と泳ぐブタバナガメをみると、「この環境なら繁殖してもおかしくないなあ…」としみじみと思いました。

Rimg0062Rimg0064
オーストラリア繋がりということか、何故かフクロモモンガもRimg16418展示されていましたよcoldsweats01

写真は撮り忘れましたがcoldsweats01、カメ類繁殖研究施設もあって、なかなか充実した水族館だと感じましたね。

Rimg0089名古屋港水族館を出た後、「名古屋港水族館から5分」という謳い文句を真に受けて、此処にも寄って来ましたhappy01

車がなかったらとてもじゃないけど5分では到着出来ませんけどねcoldsweats01

(名古屋港の隣の「築地口」駅からもかなり遠かったすsweat02

流石に生体は多く、エキスポ便もいて見応えはありましたが、はなから生体を買う予定はなかったので、少々目の毒でしたcoldsweats01

ということで出張のおまけの名古屋レポートは以上で終了でございますm(_ _)m

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

|

« 藤前干潟のハヤブサ… | トップページ | カワセミ若 @H霊園 »

フクロモモンガ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観賞魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/53191027

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋港水族館…:

« 藤前干潟のハヤブサ… | トップページ | カワセミ若 @H霊園 »