« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

京都水族館…

今更…というか、ようやく京都水族館に行って来ましたhappy01

その気になればいつでも行ける(近いので)という思いがあったのと、結構混んでいるという話を聞いていたので、何となく行かないまま時が経っていたのですねcoldsweats01

それが、この土曜日、京都に出掛ける事になり、家族が伊勢丹で買い物をすると言うので「これは千載一遇のチャンス!」とばかり行って来たのですbleah

これから秋mapleになると週末の京都は洒落にならないくらい混雑するのですが、まだまだ紅葉mapleには早いのと、連休の次の週ということ、そしてあの台風18号の被害の影響もあってか、行楽日和の土曜日の割には道も空いていて、伊勢丹の駐車場parkingにもすんなりと入れましたhappy01

そもそも京都水族館には駐車場がないので、少し遠いですが、京都駅から歩かないといけないのですsweat01

Dscf1833京都駅から西へ歩くこと約15分、大宮通に出ると京都水族館の建物が見えてきました。

割と小じんまりしていると聞いていたのですが、想像していたより立派な建物ですcoldsweats01

売り場で 並ぶが嫌だったので、チケットは用意周到に途中のコンビニで買って行きましたwink

結果的にはこの日は現地で買っても大丈夫なくらい空いていたのですが、これからの行楽シーズンの休日なら絶対に事前に買って行くのがオススメですwink

Dscf1854Dscf1852水族館に入るといきなりオオサンショウウオの展示からスタートです。

これが目当てだった僕からしたら、いきなりの真打ち登場でちょっと戸惑いましたけどcoldsweats01

Dscf1845Dscf1844アクアテラリウム風の水槽に、でかい個体がうじゃうじゃといて、なかなかの迫力ですcoldsweats01

1メートル近い個体もいましたよcoldsweats02

Dscf2016その向かいには、オオサンショウウオとチュウゴクオオサンショウウオ、そしてその交雑個体が展示されていました。

左から、オオサンショウウオ、チュウゴクオオサンショウウオ、交雑個体です。
Dscf1860Dscf1868Dscf1873

パッと見判別はし難いですが、チュウゴクオオサンショウウオは模様が大きく、イボが少なくてつるっとした感じですかね。

鴨川では(というより日本中で)この交雑個体が増え、純血のオオサンショウウオの個体数が極端に減って大問題になっていますねsadDscf2023_2

因みにこの交雑個体はイボの多い、珍しい個体なんだそうです。

Dscf1881 

それからオオサンショウウオの仲間ということで、各種サンショウウオやイモリが展示されていました。 

Dscf2049Dscf2044両生類繋がりという事か、ニホンアマガエルのアザンティック個体も展示されていました。

ちっちゃくて可愛い子でしたよlovely

ちょうど僕のスマホについてるやつくらいbleah

それから、京都の川の魚達という事で、上流、中流、下流の魚が展示されてました。
Dscf2053Dscf2056Dscf2087

Dscf2061
中流ゾーンでは追星の出たアブラボテが「貝のぞき」をする様子も観察出来ました。

 

Dscf1925Dscf1946そして、展示は、海獣から海水へと移っていくのですが、正直、もう少し頑張って欲しい感じですかね…coldsweats01

海獣ゾーンにはあの旭山動物園を真似たと思われるアザラシパイプもありましたが、残念ながら一度もアザラシは現れずcoldsweats01

Dscf1949Dscf1951海水は内陸の水族館と言うことで、水族館ではほぼ初めての人工海水での飼育と聞いたことがありますが、それ以外にあまり特徴的なところはないかな…とcoldsweats01

 

Dscf1929子供達の人気者ペンギン。

こちらも特にどうということはなく。

Dscf1941いかにも京都らしくて個人的にウケたのはこの扇風機。

京都の夏は蒸しますからね~。

ペンギンには辛いでしょうcoldsweats01

Dscf1964こちらも一般的には目玉であろう、イルカスタジアム。

既にショーの始まりを待つ人々で埋まりつつありました。

まあ、僕はショーは見なくてもいいのでスルーしましたがbleah

そしてこちらは如何にも京都水族館…という写真。

Dscf1972イルカスタジアムの向こうを走る新幹線。

Dscf1968Dscf1986後、イルカスタジアムの向こうに見える東寺の塔に京都タワーですwink

 

 

イルカスタジアムを出ると、ビオトープ展示がありました。 
Dscf1988Dscf1992Dscf1997

Dscf2002Dscf2005水生植物とその合間を泳ぐメダカを始めとする淡水魚達…。

こういう里山の原風景を再現した展示はいいですねconfident

やはり京都は近くに琵琶湖をたたえ、市内を疎水や鴨川が流れる街なのですから、いっそのこと淡水に特化した展示をした方がいいのでは…と思うのですが、それではやはり営業的に厳しいんですかねcoldsweats01

ショップでは、オオサンショウウオのぬいぐるみsign01が人気でしたcoldsweats01

Dscf2012この特大ぬいぐるみは抱き枕にもなるらしく、ちょっと面白いかなと思いましたが、もちろん買いませんでしたよcoldsweats01

と、言う訳で、割と空いていたせいもあり、しっかり京都水族館を満喫する事が出来ました。

意外にショボいという人もいますが、両生類、日淡好きの僕としては、充分楽しめましたよhappy01

オオサンショウウオ、飼ってみたいな~confident

絶対無理だけどcoldsweats01


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

カワセミ、エナガ…

季節が進み、朝はめっきり涼しくなりました。

それはいいのですが、日の出も遅くなり、6時過ぎてもまだ薄暗いですね。

平日は出勤前しかバードウォッチングの時間が取れない僕にとっては、貴重な観察可能時間が削られていっているようで、何とも切ない限りですsad

冬になって日の出時刻が7時を過ぎてしまったらどうするか、今から頭が痛いですdespair

今朝のカワセミ。

3羽のカワセミが追っかけっこをしていて、なかなか1箇所に留まってくれず、結構撮影に苦労しましたcoldsweats01

Dscf1678

Dscf1682

Dscf1752

それから、エナガの群れにも遭遇しましたhappy01

すばしっこくてなかなか上手く写せませんが、やっぱりエナガは可愛いですねwink

Dscf1728

20130927063609

20130927063055


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

今朝のカワセミ…

今朝も早朝から、近所の公園へ。

しかし、秋分の日を過ぎてだんだん日の出が遅くなり、池に到着した時にはまだ日が昇り切っていない状況でしたcoldsweats01

これから冬にかけて、出勤前のバードウォッチングは時間的にしんどくなりますね。

かと言って、日の出に合わせて出勤を遅らすわけにはいかないですし…bleah

それはさておき、今朝も2羽のカワセミが出迎えてくれましたよhappy01

(写真はクリックすると大きくなります。)

Dscf1520

やっぱりメスの方が撮りやすいかな…?wink

Dscf1551

Dscf1630

Dscf1609

Dscf1612_2

とは言え、今朝はオスもリラックスした姿を見せてくれましたよ…confident

Dscf1581

Dscf1588

でも、すぐに飛んで行っちゃうんですけどねcoldsweats01

20130925063514

…もう少し葉が落ちてくれると撮影しやすくなるんだけどなあconfident


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

今日のカワセミ

今朝もいつもの池で、カワセミ成鳥のオス・メスの姿を見る事が出来ましたhappy01

(写真はクリックすると大きくなります)

Dscf1413

Dscf1477

Dscf1490

Dscf1508


Dscf1511

オスは割と撮影しやすい開けた場所に止まってくれるのですが、ちょっとした気配を察するとすぐに飛び立ってしまいますsweat01

Dscf1448

Dscf1465_2

Dscf1458

対してメスの方は、割と物怖じせず、じっとしているのでじっくり観察出来るのですが、茂みの中にいる事が多く、撮影には苦労しますcoldsweats01

この辺の性格が、去年の秋から冬にかけてこの池で観察したカワセミとよく似ているので、ひょっとすると同じ個体かもしれませんねconfident

近所の公園ではオオルリやキビタキ、コサメビタキ、エゾビタキなどの観察報告も聞かれるのですが、なかなかこの公園で出逢う事が出来ませんsad

出勤前の30分ちょっとの巡回ではちょっと難しいのかもしれませんが、そろそろ秋の渡り鳥達も観察してみたいものですconfident


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

平和な三連休…

この三連休は絶好の行楽日和sunに恵まれましたが、娘がテスト期間中ということで、特に何処かへ出掛けるでもなく家でのんびり過ごしましたconfident

休みとは言え、習慣で6時前に目が覚めてしまうのでcoldsweats01、今朝もカワセミ撮影に出掛けて来ました。

Dscf1304_2

Dscf1307_2

メスの成鳥ですね。

Dscf1318

逆光気味のところ、カワセミに露出を合わせたので、周囲が白飛びしてしまっていますcoldsweats01

Dscf1368

Dscf1358

葉が茂っているので、なかなか全身を抜けるポイントが見つからず、後頭部だけなんて残念な写真も…coldsweats01

Dscf1373おまけ…bleah


日光浴しようと必死によじ登るミシシッピアカミミガメcoldsweats01

この池には恐らく100匹どころではないミシシッピアカミミガメが棲息していて、天気のいい日は各々木によじ登って甲羅干しする様が見られるのですが、後2~3ヶ月もするとその光景も見られなくなるんでしょうね。

Dscf1252さて、日光浴と言えば、先日連れて帰って来たニホントカゲの子供も、体を平たくしてバスキング中confident

こちらはDscf1388久々に登場のファットテールジャービルのカフェ。


何とも無防備な状態で熟睡中でありますcoldsweats01

Rimg16474ラッテも昨夜はご機嫌で肩の上で遊んでおりましたhappy01

と言う事で、マッタリと平穏な休日を過ごしたのでありました~happy01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

中秋の名月…

昨日、待宵月の写真をアップしたのですが、今夜も無事綺麗に晴れ渡り、中秋の名月fullmoonを撮影する事が出来ましたhappy01

Dscf1161

中秋の名月fullmoonは旧暦の八月十五日の月の事ですが、うるう月等の関係で必ずしも満月と一致しない(むしろずれる事が多い)そうです。

それが、今年は珍しく中秋の名月が満月と重なるんだとか。

次に中秋の名月と満月が一致するのは8年後の2021年だそうですから、東京オリンピックの先になってしまうんですね。

と、言う訳で記念すべき中秋の名月をFinepix HS50EXRで撮影しましたhappy01

因みに 絞りF5.6、シャッタースピード1/550秒、ISO感度100で撮影しています(後から少し明るめに画像補正していますが)。

撮影時刻は19時54分ですから、ほぼピーク(20時13分)に近い満月ですwink

 

Rimg16455記念すべき中秋の名月ですから、ラッテにも特製月見団子を作ってあげましたhappy01

ゆで卵の黄身にモモンガミルク、ラッテの好きなおやつの「ぷちクロワッサン」の粉、モモンガブースターの粉末を混ぜた栄養満点のお団子ですwink

Rimg16454_2ミルクの甘い香りに誘われたのか、早速ポーチから出て来て興味津々のご様子happy01

Rimg16461
そしてすぐにむしゃむしゃ食べ出しました。

やっぱりラッテは月より団子なんですね~bleah


Rimg16466_2そ、そうですねsweat01

ラッテのケージからは全然お月様は見えなかったねcoldsweats01

こりゃまた失礼致しました~bleah

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

台風一過の公園 ~カワセミ若とか~

台風18号は、毎朝巡回している緑地公園にも爪痕を残していますcoldsweats02

Dscf0893Dscf0895

ただ、台風一過とはよく言ったもので、昨日も今日も本当に雲一つない美しい秋晴れsunの空が拝めました。

昨日は、シジュウカラに混じって、サンコウチョウらしき鳥を見かけたのですが、木の葉の陰を素早く移動するので、残念ながら証拠写真レベルも撮れず…sad

Dscf0891

今朝はいつもの池でカワセミの親鳥を見つけ、射程距離に近づいたのですが、すぐに飛ばれてしまいましたsweat01

Dscf0902

しかし、すぐ近くに若鳥がいるのを発見。
この子はお利口にじっくり撮影させてくれましたhappy01

Dscf0934

Dscf0970

Dscf0988_2

Dscf1003


おまけ。明日は中秋の名月ですが、空が澄んでいてあまりに月が綺麗だったので、1日早く月の写真を撮ってみましたwink

中秋の名月の一日前なので、待宵月ということですねhappy01

Dscf1078


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

松江に帰省…

昨日、今日と入院している母の見舞いを兼ねて、松江に帰省していました。

今回は高速バスでの帰省です。

飛行機や鉄道と比べると相当安いし、意外に楽なんですよねwink

自宅と停留所が近いというのもありますが…。

Dsc_0307行きの大山PAにて。

この道はそれこそ何度も通っていますが、やっぱり大山の姿を見ると撮りたくなりますcoldsweats01

Dsc_0310Dsc_0313
行きは台風18号typhoonの影響で結構雨が降っていて、大山は雲の中かと思っていたのですが、しっかりと輪郭を見せてくれていましたconfident

 

翌16日は台風一過ですっきりと晴れましたhappy01

夜間の風の音は半端じゃなかったですが…coldsweats02

ただ、松江は台風typhoonの進路から随分西になるので、影響はほとんどなかったのですがね…。

朝からニュースで桂川や鴨川の衝撃的な映像を見て、ただひたすらびっくりしていました。

被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げますthink

帰りの中国道は、台風一過の秋晴れで、綺麗な青空と、木々の緑が目を楽しませてくれましたhappy01

もちろん、大山も美しい姿を見せてくれましたよ。

Dsc_0318_2Dsc_0323左の写真は、バスの車内から撮ったもので、スモークガラス越しなのでホワイトバランスを調節したのですが、ちょっと色合いがおかしいですねcoldsweats01

因みに今回はカメラcameraを持って行かなかったので、全部スマホの写真ですbleah

Dsc_0328Dsc_0329裏大山と呼ばれる南壁も。

毎回書いている気がしますが、見る方角でここまで姿が変わるというのも大山の魅力ですね。

Dsc_0336_2そんな訳で、のんびりと美しい車窓の風景を楽しんでいたのですが、バスが加古川を渡った時には愕然となりましたcoldsweats02

川幅いっぱいに濁流があふれ、岸の竹藪まで浸水しているじゃないですかsweat01

後でニュースで確認したところ、やはり西脇市の一部には避難勧告が出ていたとか…coldsweats02

今回は、ちょうど台風typhoonを避ける形で西に移動していたので事なきを得ましたが、東に旅していたら大変な目に遭っていましたね…coldsweats02

Rimg16450家に帰って、ラッテと遊びながら、しみじみと幸運に感謝しましたconfident

ん~?それはアフロの真似のつもりですか?coldsweats01Rimg16452

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

雨の合間にカワセミ…

この週末、特に15、16日は台風の影響で雨rainの予報だったので、早朝散歩はあきらめていましたが、今朝6時過ぎに目覚めてみると空が明るいhappy01

ケータイで雨雲レーダーを見てみると、後1~2時間は雨雲がかからない予想になっていたので、急いで近所の公園に向かいましたwink

池を俯瞰する道から見ていると、3羽のカワセミがそれぞれ池を横切るように飛び回っていましたが、そのうち1羽が何とか近くから撮れそうな枝に止まって落ち着いたので、急いで場所を移動して撮影したのがこの写真。

Dscf0878

Dscf0879

Dscf0880

Dscf0881

雨が止んでいたとはいえ、曇っていて薄暗かったので、ISO800程度に上げて撮っています。

何はともあれ、この週末はあきらめていたので、撮影出来てよかったですconfident

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

今朝も緑地公園で…

今朝も緑地公園の池でカワセミの成鳥と出逢えましたhappy01

確認できたのは3羽。

そのうちの2羽は一緒に飛んだりしているので、どうやらペアのようです。

葉が茂っていたり、逆光だったりで、どうしても遠目の対岸からの撮影になってしまうのですが、今日は少し近くでも撮影出来ました。

そもそも出勤前の30分位しか時間がないので、なかなか納得のいく写真は撮れないですが、これから秋になって、以前のように毎朝出逢えるようになると嬉しいのですが…confident

Dscf0645

Dscf0670

Dscf0696

Dscf0680
何故か細い枝を咥えています。この時期に巣作りでもないだろうに…

Dscf0768

やはり鵜はでかいですね~coldsweats01




にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

カワセミ @緑地公園

今朝は、久々に公園の池でカワセミの成鳥に出逢いました。

2羽いたのですが、追い払うような仕草をしていたので、ペアではなさそうです。

多分この個体はオスでしょう。

葉が茂っていたり、逆光になったりで遠くの対岸から狙わなくてはならず、ピンボケ&ブレ写真になってしまいましたsweat02

Dscf0604

Dscf0588

Dscf0592

これは近くまで寄れたのですが、枝被りと逆光でまともに写せず…coldsweats02

Dscf0623

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

カワセミ若 @H霊園

今朝も近所の公園経由で霊園の池を巡回。

雨上がりの気持ちの良い空気の中、カワセミ若が出迎えてくれましたhappy01

下の嘴に赤い部分があるからメスかな?

最初は遠くの岩に止まっていましたが、ほど近い水カンナの茎に移動して来て、暫くモデルを務めてくれましたhappy01

Dscf0252

Dscf0300

Dscf0314

Dscf0324

Dscf0335

Dscf0336_2

Dscf0345

Dscf0352

Dscf0395

Dscf0503

Dscf0507



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

名古屋港水族館…

前回からの続き…coldsweats01

Rimg0028藤前干潟から一旦あおなみ線で名古屋駅に戻り、今度は地下鉄に乗り換えて名古屋港水族館に向かいました。 

 

Rimg0031入っていきなり出迎えてくれるのは、シャチの大型水槽です。

結構な人だかりが出来ていたので、「やっぱり名古屋人はシャチが好きなRimg0034んだなあ…bleah」と思っていたら、昨年の秋に生まれた赤ちゃんがいるんですねcoldsweats01

リンちゃんという名前なんだそうですconfident

Rimg0081

他にもバンドウイルカやカマイルカ、一時CMで人気を博したシロイルカのベルーガもいて、なかなか海獣が充実しているなあ…という印象を受けました。

Rimg0041Rimg0042_2こちらは日本の海。

ダイバーによるマンボウへの餌やりや、

Rimg0045_2

マイワシのトルネードなど。 

 

Rimg0049

砂浜の魚、カレイやシロギス、アカエイなどのちょっと面白い展示もありました。

 

Rimg0061そして、名古屋港水族館と言えば、やはりスッポンモドキことブタバナガメでしょう。

日本で初めて飼育下繁殖に成功していますからね。

Rimg0065Rimg0070Rimg0072

大きなテラリウム水槽でノーザンバラムンディ達と一緒に悠々と泳ぐブタバナガメをみると、「この環境なら繁殖してもおかしくないなあ…」としみじみと思いました。

Rimg0062Rimg0064
オーストラリア繋がりということか、何故かフクロモモンガもRimg16418展示されていましたよcoldsweats01

写真は撮り忘れましたがcoldsweats01、カメ類繁殖研究施設もあって、なかなか充実した水族館だと感じましたね。

Rimg0089名古屋港水族館を出た後、「名古屋港水族館から5分」という謳い文句を真に受けて、此処にも寄って来ましたhappy01

車がなかったらとてもじゃないけど5分では到着出来ませんけどねcoldsweats01

(名古屋港の隣の「築地口」駅からもかなり遠かったすsweat02

流石に生体は多く、エキスポ便もいて見応えはありましたが、はなから生体を買う予定はなかったので、少々目の毒でしたcoldsweats01

ということで出張のおまけの名古屋レポートは以上で終了でございますm(_ _)m

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

藤前干潟のハヤブサ…

この週末は名古屋に出掛けて来ましたhappy01

金曜日の午後から名古屋で会議があり、懇親会付きなので宿泊、翌日はフリーと言う大変ありがたい出張だったのです。

大阪から名古屋は新幹線bullettrainで1時間弱と、下手すれば通勤出来るくらい近いのですが、意外に名古屋でゆっくりすることはありません。大体通過するだけなんですよね。

折角の機会だから土曜日は名古屋を少し観光してみようかと思った訳ですconfident

まあ、僕の事ですから、一般的な観光地には行く筈もないのですが…bleah

 

さて、当日、金曜日。会議の後、懇親会&2次会、そして旧知の友人の呼び出しによる3次会sweat01もあってホテルの部屋に戻ったのは日付が変わった後でしたsweat01

にもかかわらず、翌土曜日目覚めたのは6時過ぎcoldsweats01
すっかり年寄りの生活パターンが染みついてしまったようですsweat02

当初の予定では名古屋港水族館に行くつもりだったのですが、営業時間は9時30分から。まだまだ時間があります。

朝食を食べながら作戦を練り直し、まずは藤前干潟に行ってみる事にしました。

平成14年にラムサール条約に登録されたと言う干潟を一度見てみたかったのと、野鳥観察館が9時からオープンしていて、デジスコ体験も出来ると知ったからです(たかが30分の差ですが、朝の30分は貴重ですからねwink)。

Rimg0025名古屋駅からあおなみ線に乗ること20分少々、野跡駅で降りて徒歩5分で藤前干潟に到着しました。

Rimg0006しかし、この日の干潮時は12時56分。

到着した時刻(8時半頃)ではまだ全然干潟が現れていませんでしたsweat02

まあ、それでも遠くの堤防には鵜や鴨、シギ達が水が引くのを待ち構えているかのように止まっています。此処の水が引けば広大な干潟が現れ、水鳥たちの楽園になるであろうことは容易に想像出来ますねconfident

Rimg0018やがて9時になったので、名古屋市野鳥観察館に入ってみることに。

Rimg0007
中には10台以上のフィールドスコープが設置され、自由に干潟が観察出来るようになっています。

係員のおじさんに「デジスコ体験は出来ますか?」と尋ねると、奥からデジスコ一式を出して来てくれました。

そして、僕の手持ちのデジカメ(CX3)からSDカードを取り出し、デジスコのデジカメに装着してデジスコ体験のスタートです。

ちょうど、向かいの堤防にハヤブサが止まっているのをフィールドスコープで確認していたので、なんとか撮影しようとしたのですが、如何せん遠すぎて(おじさん曰く800mくらいだそうです)、30倍のデジスコではちょっと厳しかったようです。

Cimg7092Rimg0022

それでも何とかハヤブサと判別出来る、証拠写真レベルの写真は撮る事が出来ました(目いっぱいトリミング&補正をしていますcoldsweats01)。

因みに右の写真は正式なデジスコでなく、別のフィールドスコープの接眼部にCX3を押し付けて撮影したものcoldsweats01

ケラレはひどいですが、トリミング前提なら使えなくもないですねcoldsweats01

係の人によるとここ数日、このハヤブサが追い回すので、干潟が現れてもなかなかシギ達が近くに来てくれなくて困っているんだとか。

僕は猛禽類が大好きなので、むしろハヤブサが見られてラッキーだったんですがねwink

水が引いた様子も見てみたかったのですが、まだ干潮までは相当時間があったし、曲がりなりにもハヤブサを撮影することが出来たので、次は名古屋港水族館に向かうべく、藤前干潟を後にしたのでしたconfident

名古屋港水族館のレポートは次回に…coldsweats01

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

EXPO'70パビリオン…

もう1週間前のことになりますが、24日(土)に娘が「万博公園に連れてって欲しい。」と言い出しました。

何でも、夏休みの歴史の宿題で、身近な所の歴史を調べると言うのがあって、万博公園の昔と今を比較するんだとか。

ええ~sign02 歴史…って、僕は大阪万博に行ったんだけどcoldsweats01 そんな昔の事になっちゃうのかな…sweat01

「いくらなんでも大阪万博は新しすぎないか?」と聞いたら、「大丈夫confident」と言うので、何はともあれ小雨rainの降る中万博公園に向かいました。

ホテル阪急エキスポパークの駐車場parkingに車を停めて(ここはレストラン¥2,000以上の利用で4時間無料で停められるから便利なんですhappy01)、自然文化園に向かっていくと、「EXPO’70パビリオン」の看板が目に付きました。

Dscf9846おお、ちょうどタイムリーにいい展示してる…とその時は思ったのですが、後で調べたら3年前にオープンした常設展示館だったのですね。 全然知らなかったcoldsweats01

展示館に入っていくと、何とも懐かしいビジュアルが目に飛び込んで来ました。

Dscf9860当時、僕は10歳。わざわざ松江から大阪の親戚を頼って観に来たんですよね~confident

何やらとてつもなく大きなイベントだったということと、とにかく人混みが凄かったという記憶が鮮明に残っています。

その後、沖縄海洋博、ポートピア、つくば万博、愛知万博と開催されましたが、大阪万博だけは全然レベルが違うと言うか、日本で初めて世界的な一大イベント行うというインパクトがありましたね。

まさに日本の高度成長において、記念碑的ともいえる国家事業だったんじゃないでしょうか。

入ってすぐのところに「太陽の広場」のジオラマが展示されていました。

Dscf9856Dscf9858

これを現在の風景に重ね合わせてみると…とてつもなく大規模なものだったことに改めて驚かされます。

そして、ポスターやチケット、何故かロゴの清刷coldsweats01…と展示物を見ていくと、当時の記憶が鮮明に蘇って来ました。

Dscf9864Dscf9869Dscf9866_2

入場券800円というのは当時の消費者物価が現在の3~4倍ということを考慮すると結構な値段かな(因みに当時の映画鑑賞券は550円だったそうです)?

Dscf9873Dscf9874
なかでは当時の記録フィルムも上映されています。

開会式の模様とか。

Dscf9910開場を巡回していたモノレールからの映像。

 

おお、ソ連館ですな。

Dscf9931電気自動車sign01確かに会場を走っていました。

当時近未来として謳われていたものが確実に現実のものになっていますねconfident

Dscf9893Dscf9896各種データ。183日間で6,400万人以上の来場者、何と195億円の黒字だったそうですcoldsweats02

今更ながらに大成功のイベントじゃないですかsweat01

Dscf9889そうそう、人気館の行列にはこれが置いてありました。

Dscf9934何を隠そう、当時「月の石」が目玉だったアメリカ館の待ち時間は2時間以上で、まだ小学生だった僕が「もう並ぶのは嫌だsign01」とゴネた為、我が一家はアメリカ館をパスしたのでありましたcoldsweats01

未だに時々兄貴に嫌味を言われます(それもある意味凄いことですね)bleah

因みに、アメリカ館の建築方法を採用したのが現在の東京ドームだというのは有名な話ですね。

Dscf9933_2Dscf9932当時のデータやパビリオンの3D映像sign01が閲覧出来るPC端末も数台置いてありました。

 
これだけデータベースが残してあって展示されているって凄い事じゃないですか?

Dscf9920Dscf9921そしてここにも「太陽の広場」のジオラマが。

こちらは入場者目線での景観が再現されています。

Dscf9937
いや~、なかなか見応えのある展示でした。

めちゃくちゃ懐かしいしconfident

Dscf9941そして、大阪万博のもうひとつの功績は跡地を自然公園にしたところですね。

規模の大きな公園や、遊具、施設の充実した公園はいくらでもありますが、万博公園の自然文化園は広葉樹や照葉樹も植樹して、自然の雑木林を作っているのが素晴らしいし、それを観察するためのソラードなんていうものもありますcoldsweats01

Dscf9950
と、言う事で展示館の外に出てみました。

天気予報が悪かったせいもあり、人が少なくていい感じですhappy01

Dscf9944Dscf9945まずは、一連の流れで、「太陽の広場」の大屋根の一部を見学。

下に小さく写っている娘と比べるとその大きさが分かりますconfident

この後、すっかり自然豊かな森となった各パビリオン跡を見て回りました。

Dscf9949
途中、道の真ん中にアメリカザリガニが陣取っていてびっくりcoldsweats02

雨につられて出て来たのかな?

 

Dscf9968Dscf9970
こんな素晴らしいビオトープも作られています。

 

Dscf9971
やっぱり、雑木林は自然感が溢れていていいですねconfident

Dscf9974
そうこうして歩き回っているうちに、アメリカ館跡に到着しましたhappy01

 

Dscf9977
そしてこれが現在のアメリカ館跡地周辺。

43年の時の流れを感じますねconfident

こうしてみると、大阪万博はイベントとして大成功を収めただけでなく、跡地の利用も含めて珍しいくらいに成功した事業だったんだなあ…と改めて思います。

Dscf998140年後になってもこうやって常設館を開設することが出来るぐらいですからね。

そして、やはり僕らの年代以上の人々にとっては、今でも心に焼き付いている、本当に大きな出来事だったんだなあ…と思います。

僕らの他にも同世代っぽい親子がいて、親が熱っぽく解説するのを子供たちが冷めて聞いている姿を見て思わず笑ってしまいましたhappy01

おまけ。

Dscf9958Dscf9963ビオトープのそばでハッチリングサイズのニホントカゲを見つけました。

 

 

Dscf0016
尻尾のブルーのあまりの鮮やかさに感動したので、ちょっとの間家で観察させてもらうことにbleah

因みに家までは30分足らずで帰れるので、ポケットティッシュに入って移動Dscf9967_2していただきましたbleah

ビニール袋とかの持ち合わせがなかったもんでねcoldsweats01



ちょうど孵化したてのフタホシがいるので、今も元気にパクついていますhappy01

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »