« 北海道・道東旅行(1) | トップページ | 北海道・道東旅行(3) »

2012年8月18日 (土)

北海道・道東旅行(2)

さて、2日目。

今日は屈斜路湖方面へ移動します。

朝に宿を出て、国道39号線を東へ。

途中、道の駅「おんねゆ温泉」に立ち寄りました。

Rimg4413ここには今年の7月7日に「山の水族館」なるものがオープンしました。

しかも、有名(らしい)な中村 元さんかプロデュースを担当したとか。

これは水族館好きとしては押さえておかねばなりませんcatface

Rimg4417_2入ってすぐ目に付くのは、「滝つぼ水槽」。

滝つぼを再現した水槽を下から見上げることが出来る、日本初の水槽だそうです。Rimg4419

ヤマメやオショロコマが沢山群れていました。

Rimg4422それから目を引くのが1m級のイトウが群れる「イトウの大水槽」。

実は色々な所でイトウは展示されていますが、流石に状態はここのが一番良さそうでした。

Rimg4436それからもう一つの目玉は「四季の水槽」。

水槽自体は建物の外側にあり、天井もオープンになっていて、自然光で観察出来ます。

この水槽が世界初と誇っているのは、「冬になると凍る」と言う事∑(゚∇゚|||)

…確かに凍結する水槽は世界初でしょうなあcoldsweats01

ブラウントラウトやレインボートラウトの大物が泳いでおりました。

冬に来たら面白い光景が見られるかもしれませんねbleah

Rimg4428Rimg4429Rimg4431_3


Rimg4433その他は…ピラルクーとレッドテールキャットとか、ピラニア・ナッテリーとか、アジアアロワナとパロットファイアーとか、アフリカンシクリッドとか、正直言って目新しい展示はありません。

さらにはソードテールだとかエンゼルフィッシュだとか、果ては金魚まで…ちょっとした愛好家の水槽の方が見応えがあるんじゃないかって思えるくらいですcoldsweats01

Rimg4434こんな施設ですが、1ヵ月ちょっとで来客数5万人をオーバーしたらしいですcoldsweats02

感想は…入館料670円はちょっと高いかなbleah

 

それからはまたひた走りcar、屈斜路湖を目指します。

Rimg4458Rimg4461そして美幌峠の道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」で休憩。

ここの展望台からの景色は本当に素晴らしかったです。

その名の通り360度景観が開けていて、雄大な景色が望めました。

この時ばかりは超広角レンズが欲しいと切に思いましたねwink

この後、屈斜路湖畔の宿にチェックインし、近所を探索。

道の駅「摩周温泉」に立ち寄り(道の駅ばかり行っていますが、他に施設が無いんですよねcoldsweats01)、水郷公園も散策しました。

Rimg4474Rimg4470この公園は池が綺麗に整備され、野鳥観察小屋もあったのですが、いたのはカルガモ達だけsweat02Rimg4472_3


本土と違って、雄大な自然が残されていて、至る所に原生林や清流があって、今にも動物達が出て来そうな雰囲気なのですが、会いたいと思っていると意外に会えないもんですねdespair

さて、次の日、3日目は朝から今にも降り出しそうなお天気bearing

大雨警報発令中の大阪を出発しただけに、奇跡的と思えるくらいこの2日間天候に恵まれて来ましたが、流石に3日は保たなかったようです。

それでも、今日は摩周湖に立ち寄ってから阿寒湖に向かい、オンネトーなど数か所を巡る予定なので、小雨が降り出す中、宿を後にしました。

Rimg4481ところが、摩周湖に向かう道を走る内に雨は激しくなり、峠道を登る頃にはガスで視界が10mも効かなくなりましたcoldsweats02

おまけに山はすごい風で、頂上の展望台に着いた時には「霧の摩周湖」どころか「嵐の摩周湖」typhoonRimg4485


残念ながら摩周湖は湖面どころか周りの景色も全く見られずじまいでしたcoldsweats01

その後の予定もあるので、早々に摩周湖を後にし、阿寒湖方面に向かって走って行くと、少しずつ雨は小降りになり、空も明るくなって来ましたhappy01

Rimg4491そして阿寒湖温泉に到着し、まずはオンネトーを探索。

雨が降っていたせいか、感動する程ではありませんでしたが、水の透明度は高かったです。

湖畔の森では鳥の囀りが聞こえましたが、姿を確認することは出来ず、何故かスズメバチがやたらといるので、早々に切り上げましたcoldsweats01

Rimg4515Rimg4520その後、宿に車を預け、阿寒湖のカルガモ達と戯れたり(全然人を怖れないのですhappy01)してマターリした後、阿寒湖畔の遊歩道を歩いてボッケ(泥火山)を見学に行くことにしました。

Rimg4524_2Rimg4531_2この遊歩道は本当に雰囲気が良く、野鳥達の姿も間近で観察する事が出来ました。Rimg4538_2

出会ったのは、コガラ、ゴジュウカラ、そして正体不明の幼鳥coldsweats01など。

Rimg4543ボッケは本当に泥から泡が噴き出していて、迫力満点でした。

そして、何より硫黄の臭いと熱気が凄く、傍にいるだけで汗が噴き出してくるほど。

何でもこの熱気と地熱のおかげでこの近辺には本州にしかいないツヅレサセコオロギやマダラスズが隔離分布していて、冬でも鳴き声が聞こえるんだそうです。

Rimg4544ボッケを見学したあとは、少々歩き応えはありますが、「森のこみち」を回って帰る事にしました。

アブが現在地を示しているcoldsweats01分岐点から「森のこみち」に入る階段を登ったところで…

Rimg4549_2Rimg4552待望のエゾリスくんが登場してくれました~happy01sign03

いやあ、この子に出会えただけで、遠回りの道を選んだ甲斐があるってもんですwink

大興奮のエゾリス撮影会?の後、原生林の雰囲気を満喫しながら森のこみちを進み、「エコミュージアムセンター」に到着しました。

こちらは阿寒湖周辺の自然に関する展示を行っていて、パネル展示の他にはマリモの水槽、イトウやフナなど、生息する魚の水槽がありました。

Rimg4578中で気になったのはこれ。

オンネトー湯の滝で捕獲されたティラピアです。

温泉の暖かい水が流れ込む川では、アフリカ原産のティラピアでも棲息出来るんですね。

こんな原始の森にまで外来生物が入り込んでいるという現実に暗澹たる気持ちになりましたthink

この後、温泉街を散策したり(かなり寂れてましたねshock)、アイヌコタンを見学したりして、3日目は終了となりました。

また続くcoldsweats01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

|

« 北海道・道東旅行(1) | トップページ | 北海道・道東旅行(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北海道ですか
僕は中学生なので
高校生になったらすぐにバイクの免許を
とってツーリングをしたいと思っています

ペットたちはどうしているんですか?
クレスは餌をあげて一週間は大丈夫ですけどほかの子たちは?

投稿: TAKUMIPA | 2012年8月18日 (土) 21時59分

>TAKUMIPAさん

バイク、僕も昔(30年以上前だけどcoldsweats01)中型免許取って乗っていましたhappy01
ツーリングもしましたよ。北海道は行ってないけど。
北海道はツーリング天国ですね。景色もいいし、道が走りやすいから。
頑張って免許取ってチャレンジして下さいsign01

ペットたちは…仰るように爬虫類、両生類は代謝がゆっくりしているので、数日間は大丈夫。ただ、水は切らさないように多目に入れます。
哺乳類(特に齧歯目)は心配だったのですが、腐らないドライフードを多目に入れ、水も多目に入れておきました。3日間留守番した実績があるので多分大丈夫だろうとcoldsweats01
それから夏は高温による熱中症が一番怖いのでエアコンをタイマーセットして、気温が上がる時間帯に冷房が入るようにしておきました。
次の日記に書きましたが、皆大丈夫でしたよ。

投稿: かけさん | 2012年8月19日 (日) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/46730298

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道・道東旅行(2):

« 北海道・道東旅行(1) | トップページ | 北海道・道東旅行(3) »