« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

久々にラッテのこと

この週末は家族が出掛けていて、僕は特に何の予定もなかったので、久々にラッテとゆっくり遊ぶ事が出来ましたhappy01

もちろん、亀太郎の水換えやラッテのケージの掃除など、恒例の作業は済ませてからですよthink

Photo_7家族旅行の為4日間留守番させたので、その間に痩せたり調子を崩したりしていないか少し心配だったのですが、この前のブログに書いたように、体重が減ることもなく、元気で待っていてくれましたhappy01Photo_9

 

Photo_8留守の間の食料は、食べ残しが腐ったりしないように配合飼料を2ヶ所に分けて多目に置いておいたのですが、普段はあまり見向きもしない配合飼料も、他に食べるものがないから仕方なくでしょうが、そこそこ食べてくれていましたねconfident

 

Photoそれで味を覚えたのか、旅行後はおやつの代わりにマリオン・ズーラジカルのフードをあげても1個はカリカリ…と齧ってくれるようになりましたhappy01
栄養バランスを考えるとこれは大変ありがたい事で、好き嫌い王のラッテからすれば大きな進歩ですwink

ただ、マリオンのフードには2色(赤と茶)あるのですが、食べるのは赤の方だけcoldsweats01

味に違いがあるんでしょうかねcoldsweats01

Dsc_1325_2一緒に遊ぶ…と言っても昼間の事、基本的にはポーチに入ったまま顔だけ出しているので、そのままの体勢でアゴの下をマッサージしてやったり、Photo_10


 

Photo_3たまに出て来たと思ったら、僕の足の上を散歩して、何気に糞を落としていたりcoldsweats02

 

 

Photo_4自分のケージを見つけるとそちら方向にダッシュして、文字通り飛んで帰って行ったりとそんな事の繰り返しですhappy01

 

本当にケージ全体が自分の巣だと認識しているみたいですねcoldsweats01

Photo_5Photo_6そこでポーチをケージに戻してやると、すぐにポーチの中に入っていくんですが、しばらくするとポーチから顔を出して「構ってくれ~」という表情をするのですconfident

とまあ、かなりややこしい性格のようですが、ストレスや寂しさを感じないで元気で暮らしてくれたらそれが一番ですよね。

あ、今回いつものカメラを家族が持って出てしまったのでスマホのカメラの画像です。
ちょっとピンボケだったりしますが、ご容赦の程を…sweat02

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

北海道・道東旅行(3)

さて、4日目、最終日。

今日は阿寒湖畔の宿を出発し、女満別空港に向かい、12時15分発の飛行機airplaneに乗って帰るだけです。

Rimg4600Rimg4602途中、国道240号線沿いの道の駅(またかcoldsweats01)「あいおい」で休憩。

ここには廃線になった旧北見相生駅がそのまま鉄道公園として残されていました。

廃墟・廃線マニア?や鉄ちゃんなら食い付くところかもしれませんが、我が家はほとんどスルーでしたcoldsweats01

道の駅「あいおい」を後にして、しばらく国道240号を走っていたところ、嫁さんが「シカがいたsign03」と叫びました。

慌ててバックミラーを見て後続車がいないことを確認して道端に停車。

それからUターンして嫁さんが見つけたらしき場所まで戻って行くと…

Rimg4606いましたいましたhappy01 茂みの向こうからメスのシカがこちらを見ています。

暫し撮影してから車を降りて行こうとドアを開けたら、慌てて森の方に帰って行ってしまいましたshock

しかも、1頭だと思っていたらなんと親子連れだったんですsign01
Rimg4606yajirusi_2

写真でも右下の方に子供のシカの顔が確認出来ますねwink

この後、シマリスらしい姿が道路を横切るのを目撃sign01

農園の近くの割と開けた場所だったんですが、いる所にはいるんですね~。

実はこの日峠道でもう1頭、僕の車の前を走って横切るシマリスを目撃していました。

でも当然ながら目撃していたのは僕だけで、家族は僕が急にブレーキを踏んだので何が起きたかと思ったようです。

Rimg4635と、まあここまでシマリスの影に遭遇したので、最後に『オホーツクシマリス公園』に立ち寄ることにしましたhappy01
飛行機airplaneの出発時刻までにはまだ少し余裕がありましたからね。

『オホーツクシマリス公園』という名前ですが、実際は個人が経営しているカフェのようなところでした。

Rimg4629Rimg4633シマリスが庭に放し飼いされ(当然柵は設けてありますが)ていて、入場客は渡された餌を手からあげる事が出来ます。

巣箱も設けてあるようですが、自分達で地中に巣を掘っていたりして、かなり自然に近い感じで飼育されているな…と感じました。

ここで思う存分シマリスと戯れ、満足してから空港近くのレンタカー営業所に向かい、マーチを返却。

4日間の走行距離は598kmでした。よく走りましたね~confident

満タン返却の為直前にスタンドに寄って給油したところ、30.6リットル入りました。
と、言う事は… 598÷30.6≒19.54  なんと、燃費はリッター19.5kmですsign01

長距離ドライブで、信号もあまりなく、停止することが少なかった事を考慮してもこの値は凄いsign01まさにエコカーですねsign03

うちのクルマの3倍くらい走るかも(しかもうちのはハイオク仕様coldsweats01)…。

と、言う事で最後に最近のコンパクトカーの実力を実感致しました。

因みにほぼ定刻通り14時40分に関空に到着すると、大阪の気温は何と34℃coldsweats02

改めて北海道の過ごしやすさを実感した次第です。

さて、4日間留守にして、一番心配だったのは家の動物達。

Rimg4646Rimg4649特にラッテ、カフェ、モカの哺乳類組は多目に置いておいた餌が足りたかどうか心配でしたが、皆、元気で留守番していてくれましたhappy01

エアコンのタイマーを使って、一番暑くなる時間帯に冷房が稼働するようにセットしておいたのもよかったようですconfident

特に調子を崩した子も見当たらず、体重もほぼ変わっていなかったので本当にホッとしましたよ。

…と、言う訳で今夏の家族旅行も無事終了です。

 

ここまで長々とお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道・道東旅行(2)

さて、2日目。

今日は屈斜路湖方面へ移動します。

朝に宿を出て、国道39号線を東へ。

途中、道の駅「おんねゆ温泉」に立ち寄りました。

Rimg4413ここには今年の7月7日に「山の水族館」なるものがオープンしました。

しかも、有名(らしい)な中村 元さんかプロデュースを担当したとか。

これは水族館好きとしては押さえておかねばなりませんcatface

Rimg4417_2入ってすぐ目に付くのは、「滝つぼ水槽」。

滝つぼを再現した水槽を下から見上げることが出来る、日本初の水槽だそうです。Rimg4419

ヤマメやオショロコマが沢山群れていました。

Rimg4422それから目を引くのが1m級のイトウが群れる「イトウの大水槽」。

実は色々な所でイトウは展示されていますが、流石に状態はここのが一番良さそうでした。

Rimg4436それからもう一つの目玉は「四季の水槽」。

水槽自体は建物の外側にあり、天井もオープンになっていて、自然光で観察出来ます。

この水槽が世界初と誇っているのは、「冬になると凍る」と言う事∑(゚∇゚|||)

…確かに凍結する水槽は世界初でしょうなあcoldsweats01

ブラウントラウトやレインボートラウトの大物が泳いでおりました。

冬に来たら面白い光景が見られるかもしれませんねbleah

Rimg4428Rimg4429Rimg4431_3


Rimg4433その他は…ピラルクーとレッドテールキャットとか、ピラニア・ナッテリーとか、アジアアロワナとパロットファイアーとか、アフリカンシクリッドとか、正直言って目新しい展示はありません。

さらにはソードテールだとかエンゼルフィッシュだとか、果ては金魚まで…ちょっとした愛好家の水槽の方が見応えがあるんじゃないかって思えるくらいですcoldsweats01

Rimg4434こんな施設ですが、1ヵ月ちょっとで来客数5万人をオーバーしたらしいですcoldsweats02

感想は…入館料670円はちょっと高いかなbleah

 

それからはまたひた走りcar、屈斜路湖を目指します。

Rimg4458Rimg4461そして美幌峠の道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」で休憩。

ここの展望台からの景色は本当に素晴らしかったです。

その名の通り360度景観が開けていて、雄大な景色が望めました。

この時ばかりは超広角レンズが欲しいと切に思いましたねwink

この後、屈斜路湖畔の宿にチェックインし、近所を探索。

道の駅「摩周温泉」に立ち寄り(道の駅ばかり行っていますが、他に施設が無いんですよねcoldsweats01)、水郷公園も散策しました。

Rimg4474Rimg4470この公園は池が綺麗に整備され、野鳥観察小屋もあったのですが、いたのはカルガモ達だけsweat02Rimg4472_3


本土と違って、雄大な自然が残されていて、至る所に原生林や清流があって、今にも動物達が出て来そうな雰囲気なのですが、会いたいと思っていると意外に会えないもんですねdespair

さて、次の日、3日目は朝から今にも降り出しそうなお天気bearing

大雨警報発令中の大阪を出発しただけに、奇跡的と思えるくらいこの2日間天候に恵まれて来ましたが、流石に3日は保たなかったようです。

それでも、今日は摩周湖に立ち寄ってから阿寒湖に向かい、オンネトーなど数か所を巡る予定なので、小雨が降り出す中、宿を後にしました。

Rimg4481ところが、摩周湖に向かう道を走る内に雨は激しくなり、峠道を登る頃にはガスで視界が10mも効かなくなりましたcoldsweats02

おまけに山はすごい風で、頂上の展望台に着いた時には「霧の摩周湖」どころか「嵐の摩周湖」typhoonRimg4485


残念ながら摩周湖は湖面どころか周りの景色も全く見られずじまいでしたcoldsweats01

その後の予定もあるので、早々に摩周湖を後にし、阿寒湖方面に向かって走って行くと、少しずつ雨は小降りになり、空も明るくなって来ましたhappy01

Rimg4491そして阿寒湖温泉に到着し、まずはオンネトーを探索。

雨が降っていたせいか、感動する程ではありませんでしたが、水の透明度は高かったです。

湖畔の森では鳥の囀りが聞こえましたが、姿を確認することは出来ず、何故かスズメバチがやたらといるので、早々に切り上げましたcoldsweats01

Rimg4515Rimg4520その後、宿に車を預け、阿寒湖のカルガモ達と戯れたり(全然人を怖れないのですhappy01)してマターリした後、阿寒湖畔の遊歩道を歩いてボッケ(泥火山)を見学に行くことにしました。

Rimg4524_2Rimg4531_2この遊歩道は本当に雰囲気が良く、野鳥達の姿も間近で観察する事が出来ました。Rimg4538_2

出会ったのは、コガラ、ゴジュウカラ、そして正体不明の幼鳥coldsweats01など。

Rimg4543ボッケは本当に泥から泡が噴き出していて、迫力満点でした。

そして、何より硫黄の臭いと熱気が凄く、傍にいるだけで汗が噴き出してくるほど。

何でもこの熱気と地熱のおかげでこの近辺には本州にしかいないツヅレサセコオロギやマダラスズが隔離分布していて、冬でも鳴き声が聞こえるんだそうです。

Rimg4544ボッケを見学したあとは、少々歩き応えはありますが、「森のこみち」を回って帰る事にしました。

アブが現在地を示しているcoldsweats01分岐点から「森のこみち」に入る階段を登ったところで…

Rimg4549_2Rimg4552待望のエゾリスくんが登場してくれました~happy01sign03

いやあ、この子に出会えただけで、遠回りの道を選んだ甲斐があるってもんですwink

大興奮のエゾリス撮影会?の後、原生林の雰囲気を満喫しながら森のこみちを進み、「エコミュージアムセンター」に到着しました。

こちらは阿寒湖周辺の自然に関する展示を行っていて、パネル展示の他にはマリモの水槽、イトウやフナなど、生息する魚の水槽がありました。

Rimg4578中で気になったのはこれ。

オンネトー湯の滝で捕獲されたティラピアです。

温泉の暖かい水が流れ込む川では、アフリカ原産のティラピアでも棲息出来るんですね。

こんな原始の森にまで外来生物が入り込んでいるという現実に暗澹たる気持ちになりましたthink

この後、温泉街を散策したり(かなり寂れてましたねshock)、アイヌコタンを見学したりして、3日目は終了となりました。

また続くcoldsweats01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道・道東旅行(1)

8月14日から4日間、夏休みを取得して、北海道に旅行して来ました。

なかなかスケジュールが決まらなくて、旅行の手配が遅くなってしまい(我が家はいつもそうなんだけどcoldsweats01)、お盆を含んだこの時期のツアーはどれも満員coldsweats02
一時は「まあ今年は家でのんびりするか…」とあきらめかけたのですが、大阪のあまりの暑さに「涼しければどこでもいいsign01出来れば自然が満喫出来る所sign03」と思い直し、ほとんど駆け込みのタイミングで北海道・道東のツアーに申し込んだのです。

行程は3泊4日、関空から女満別空港へ飛んで、現地でレンタカーを借り、1泊目は層雲峡、2泊目は屈斜路湖畔、3泊目は阿寒湖畔に宿泊という予定。

旅程表を見た時は感じなかったけど、出発前日になって改めて地図で確認してみると(遅いっつーのcoldsweats01)、流石に広い北海道、なかなかの移動距離ですsweat01

まあ、道も空いているだろうし、景色も雄大だろうからドライブも楽しかろう…と前向きに考えて床につきました。

さて、出発当日の朝、目が覚めてみると大阪は大雨警報rain発令中(まあ前夜からかなり降っていたんですが)coldsweats02

とは言え、現地の予報は晴れsunだったので「いいタイミングで大阪脱出出来てラッキーheart04」くらいに軽く考えていたのですが、関空に向かうルートに予定していた近畿道が雨で通行止になっているじゃありませんかcoldsweats02

これには少々慌てて、早目に出発し、大阪市内から阪神高速に乗るルートに変更、途中ちょっと渋滞はあったものの、無事関空に到着しましたhappy01

Rimg4301あまりの豪雨に、関空連絡橋が大丈夫か、そもそも飛行機が飛ぶのか、ちょっと心配しましたが、無事定刻に離陸airplane


Dsc_1225_2

 

厚い雨雲を突き抜けて上空に行けば当然そこに広がるのは眩しい青空confident

そして飛行機airplaneは秋雨前線を飛び越えて晴天sunの女満別空港に着陸したのでしたgood

さて、空港に着いてまずはレンタカーを手配します。

Rimg4356借りたのは日産マーチcoldsweats01 ラゲッジルームは流石に狭く、トランクがギリギリ入るくらいしかありませんが、アイドリングストップ機能も備えており、なかなか侮れない車であることが最後に判明したんですよbleah

 

まずは網走方面に行き、それから本日の宿である層雲峡へ向かうというのが本日の予定。

Rimg4316途中、空港近くの黒澤明監督の映画『夢』で使われて有名になったというビューポイントcamera「メルヘンの丘」で記念撮影しました。Rimg4328_2

愛車?のマーチくんも一緒に写っていますhappy01

道端から何気なく見える平凡な景色なんですが、写真に収めると北の大地を連想させる、「写真写りのいい」景色ですな。

Rimg4320僕たちはむしろ向かい側にあるひまわり畑に感激していましたconfident

本州ではあまり見ない光景ですが、この後至る所で見られたので、北海道ではひまわり栽培が盛んなんでしょうね(うちのカフェやモカもお世話になっているということだwink)。

 

Rimg4332その後は網走と言えばやはり…ということで網走監獄を見学coldsweats01

そして網走監獄と言えばやっぱり健さんですねwinkRimg4341

想像していた以上に敷地が広いのに驚きました。

まあ、観光以外ではお世話になりたくない場所ですよねcoldsweats01

 

その後、延々と続く一般道を走って走って走って…(200km無いと思うんだけどなかなか着かないのですよbleah)層雲峡へ。

Rimg4501途中、峠越えの途で雑木林の中を小川が流れる、如何にも動物達がいそうな場所で車を止めて探索したのですが、タヌキの子供?のロードキル(轢死体)があっただけで動物は見つけられませんでしたsad

 

Rimg4359Rimg4358林道の入口にはこんな看板も。 …1ヶ月前に出没してはるんですねcoldsweats01

 

 

Rimg4366_2そうやって道草しながらも何とか夕方には層雲峡に到着confident

宿に入る前に観光ポイント「銀河の滝・流星の滝」を見物しました。
 

Rimg4389向かいの山の上の展望台からは2つの滝が見えると言うので、登ってみようとすると、入り口にはやはりこの看板sweat02

Rimg4392
登りもきつく、日も暮れて来たので中腹の展望台で引き返しましたcoldsweats01

 

それから宿に着き、温泉で疲れを癒し、美味しい料理に舌鼓を打って1日目は終了したのでした。

続くhappy01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

偶然でしょうが…

相変わらず暑い日々sunが続いていますねcoldsweats02

暦の上ではとうに立秋を過ぎたというのに、秋の気配は全然感じられませんcoldsweats01

さて、この週末も取りあえずは同居人達のメンテナンス。

PhotoPhoto_10Photo_11今日は久々にクレスを始め、ヤモリーズのケージを綺麗にしました。

 

 

なかなか、君たちにまで手が回らないんだよね~。ごめんね。

 


Photo_12急に綺麗になったので、クレスもちょっと戸惑っているご様子ですcoldsweats01

 

 

Photo_2ベランダの亀太郎は綺麗になった家で呑気にバスキング中confident

毎日爆食しているからか、前脚のあたりのムチムチさ加減が凄いですbleah

 

Photo_3…いや、だからさっき散々食べたでしょsign01coldsweats01

 

 

 

Photo_5ラッテはと言うと、久々にポーチの紐で編み物?をしていましたconfident

Photo_6夕べの食事をチェックしてみるとフルーツには手を付けてなくて、カッテージチーズも半分以上残してます…orz

相変わらず好き嫌いが激しいですねdespair

 

Photo_7Photo_8ん?

ををsign01 例のネジ式おやつボックスがはずされてるsign03

好きな物がなかったので、必死になって探し回ったんですかね?

Photo_9まあ、上に乗ったり、蹴ったりしているうちにネジが外れて、中におやつが入っててラッキーheart04というのが真相なんでしょうが、その内ちゃんと回して開けられるようになったら凄いんだけどなあ…。

でもその前にその好き嫌いをなんとかして下さいなsign01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

公園のカワセミ…

いや~、暑いですね~。

Photo
暑い~sweat01

Photo_2
あ゛ぢ ~sweat02 

Photo_3
あ゛あ゛ ~ 何もやる気が起きない~

 

 

…と、思わず怠惰な生活を送ってしまいそうな猛暑日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうかcoldsweats01

Photo_4熱中症にならないように、小まめに水分補給を行い、エアコンも活用してこの暑い夏を乗り切って下さいね。

 

さて、こんな猛暑の中ですが、我が家の面々は皆元気に暮らしています。

おかげで今週もあまりネタがないのですね。

KawasemiRimg4178強いて言えば一昨日、毎朝散歩している公園で久々にカワセミの姿を撮影出来たことぐらいかな?

あまりに些細なことではありますが、用心深いカワセミを10倍ズームで撮影出来るチャンスはなかなか訪れないのですね。

暑さに心が折れそうな朝も、こんな出会いがあると何かいい事がありそうな気分になって、会社に向かう意欲が少しだけ湧いて来るから不思議なものですbleah

それにしてもこの季節に出勤前のウォーキングは無理がありますねcoldsweats01

駅に着いて電車に乗る頃には大汗sweat01をかいてしまっています。

本当は散歩を終えて一旦家に帰ってシャワーを浴びて着替えてから出掛ければいいんですが、そこまで早起きする根性はないんですね~bleah

まあ、無理のない程度に続けて行ければと思っていますconfident

こんな猛暑の中、なんと明日はゴルフgolfの予定が入っているのですcoldsweats01Photo_5

ほとんど難行苦行の世界だと思いますが、ぶっ倒れないように気を付けて行って来ま~す。

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

相変わらずの好き嫌い王…

久々に週末以外の更新ですcoldsweats01

別に余裕が出来たって訳でもないんですが…sweat02

まあ、たまには気分転換も必要かな…?とwink

仕事の事ばっかり考えていたら煮詰まってしまいますからねcoldsweats02

さて、相変わらずの好き嫌い王とは、もちろんラッテの事です。

以前から嫌いな物が多くて、献立作り?が大変な子なのですが、最近以前好きだった果物の類もあまり食べなくなって、好き嫌いが激しくなったような気がしますwobbly

PhotoPhoto_3
数少ない好物は「ローリーネクター」。

スプーンを奪い取る勢いで夢中で飲みますconfident

Photo_4
それから、おやつの「ぷちクロワッサン」。

こちらも大抵喜んで食べます。

ただ、どう考えてもこれでは栄養が不足してしまいます。

蛋白質を補う為に、豆腐にミルクをかけたり、カッテージチーズをあげたりしていますが、食べる時もあれば食べない時も…sad

各種モモンガフードもほとんど食べないし、コオロギなんて全く食べられるものと認識していない感じbearing

そこで最近はスペシャルメニューを作ってあげています。

それではそのレシピを紹介しましょうcoldsweats01

Photo_5①まず、お皿にマリオンのフード、マンナプロ、モモンガブースターを用意します。

(隣に入っているのは付け合せ?のブドウ。これも一切れ食べるかどうかbearing

Photo_6
②当然、このままでは食べてくれないので、まずは細かく砕きますthink

 

Photo_7
③そして、決め手の調味料?モモンガミルクを用意します。

 

Photo_8
④モモンガミルクをぶっかけ、ぐちゃぐちゃにかき混ぜます。
見てくれは悪いですが、これでスペシャルメニューの出来上がりconfident

こうすると、ミルクの甘い香りに誘われるのか、まあまあ食べてくれます。

Photo_9と言ってもいつも半分は残していますがangry

今回は珍しく餌を入れたと同時に食べ出しましたhappy01(いつもは灯りを消してからじゃないと食べません)。

Photo_10
毎回これを用意するのも面倒臭いのですが、これなら栄養バランス的にも大丈夫だろうと思って作っていますconfident

 

それにしても、もう少し色々な物を食べてくれると助かるんだけどなあ…coldsweats01

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »