« また変なものを作ってしまった… | トップページ | 癒しの達人! »

2011年2月22日 (火)

訃報…

今朝、ブルーゲッコーのぐりが亡くなっているのを見つけましたweep

そして、夜帰ってみると同じくブルーゲッコーのゲゲも動かなくなっていましたweep

2匹は別々のプラケで隣り合わせに並べて飼育していたのですが、まさか同じ日に亡くなるとは…。

少し前からゲゲが脱皮不全ぽい症状で指先の皮がむけず、上手く貼り付けない状態になり、その後ぐりも脱皮した皮が1部残ったままになっていて心配していたのですが…。

2匹が同時期に脱皮不全が起きると言うことは、やっぱり飼育環境に問題があったんでしょうか…。

考えられるのは湿度不足か夜間の温度低下か…。

ゲゲが脱皮不全になった時に両方のプラケに濡れティッシュも設置したし、ぐりの方はピクタ給水器を使ってるんですが…。

保温は2個のプラケを1枚のシートヒーターで暖めていたので、夜間は少し温度が下がり過ぎたのかもしれません。

あるいは紫外線不足か…。

脱皮不全になるということは、それまでに何らかの理由で弱っていたということでしょうから。

ラッテの世話にかまけてハチュ達の世話が疎かになったなんて事は決してないつもりだけど、やっぱり細かい観察が足りなかったのかもしれません。

まさに後悔先に立たずです。

これでブルーゲッコーは♂のぐらだけが残されてしまった訳ですが、流石に次の♀を導入する気にはなれません。

小さな生体のしかも若い個体を状態よくキープするには、しっかりした技術と細心の注意が必要なんだと改めて感じています。

これを教訓にしてもう一度他の子たちの飼育環境を見直して、より細やかなメンテナンスを心がけなければいけないとは思いますが、今回は流石に凹みました。

※申し訳ありませんが今回はコメント欄を閉じさせていただきますm(__)m

|

« また変なものを作ってしまった… | トップページ | 癒しの達人! »

ブルーゲッコー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/38972892

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報…:

« また変なものを作ってしまった… | トップページ | 癒しの達人! »