« 巣箱の設置場所変更 | トップページ | ラッテの食事 »

2011年1月23日 (日)

『珍獣の医学』

この週末、田園調布動物病院院長の田向健一先生が書かれた『珍獣の医学』という本を買って来ました。

買ったきっかけ:
犬猫以外の所謂エキゾチックペットの症例が色々と紹介されていて、興味深そうだからと思って。
うちのペット達が調子を崩した時の対処法の参考にもなるかなと。

そう、言ってしまえば動物病院に行かなくても済むように、それなりの知識を仕入れようというスケベ心?で買ったのですbleah

感想:
親しみやすい文体で、動物病院の医療現場の様子やその時の獣医の思いが著されていて、とても面白かったです。

動物を飼うと言う行為の身勝手さ、動物の命の重さについてもしっかりと触れられていて、少し身につまされる思いもしましたね。

おすすめポイント:
動物好きな人、何か動物を飼っている人、動物病院に疑問を抱いている人(笑)には本当にオススメの一冊です。

僕もうちの子に何かあったら、自分で勝手な処置をしたり、診療費をケチったりせず、いい動物病院のお世話になろうと思うようになりましたcoldsweats01

それから、田向先生が子供の頃から色々な動物を飼っていた事、今の仕事の原点にアマゾンがあるというところにも痛く共感致しましたね。

僕も小学生の頃から本当に色々な動物を片っ端から飼っていたし、いつかはアマゾンを見てみたいという夢を抱いていたので…。

子供の頃の思いをそのまま現在の職業に繋げておられる先生と、途中から妥協を繰り返して全く畑違いのサラリーマンになっている自分とを比較して、ちょっと複雑な気持ちにもなりました。

人間、やっぱり好きな事をずーっとやり続けるということが一番幸せなんですよね…。

珍獣の医学

著者:田向 健一

珍獣の医学

 

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
にほんブログ村  

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

|

« 巣箱の設置場所変更 | トップページ | ラッテの食事 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も読んでみたいです!

去年はホントに病院にお世話になりっぱなしで。。。
今もですけど^^;

徳島はハチュ病院がないのが残念です。
大阪で診てもらって、薬は近くの病院で処方してもらってるんですよ。

体調を崩さないのが一番ですよね!

投稿: みう | 2011年1月23日 (日) 11時52分

>みうさん

是非読んでみて下さい!面白いですよhappy01
ちょっと衝撃的な写真もありますが…coldsweats01

近所にハチュ達を診てくれる病院がないと困りますよね。

うちの近所にはエキゾチックアニマルも診ますと謳っている動物病院があるのですが、どんな先生なのかちょっと気になっています。
いい先生だったらいいんだけど。

病院にはお世話にならないのが一番ですが、やっぱりいい先生が近くにいると安心ですよね。

ぽこちゃんの看病、大変でしょうが頑張って下さいね。

投稿: かけさん | 2011年1月23日 (日) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/38575340

この記事へのトラックバック一覧です: 『珍獣の医学』:

« 巣箱の設置場所変更 | トップページ | ラッテの食事 »