« 無事でした。 | トップページ | ニューカレドニア旅行記~その2~ »

2010年8月22日 (日)

ニューカレドニア旅行記〜その1〜

今年の夏の家族旅行は、色々と候補地が上がった中で、結局ニューカレドニアに行く事になりました。

ニューカレドニアと聞いて「クレステッドゲッコーの生息地だsign01」と思う人は僕を含めて相当マニアックな人(変わり者ともいうcoldsweats01)で、一般的には森村桂の「天国に一番近い島」で有名ですね。

僕としては、自然と触れ合える南方の島なら何処でもよかったんですが(買い物好きの嫁さんとはここで食い違うcoldsweats01)、準備が出遅れた(休みの予定が決まったのが1ヶ月ちょっと前)為、ただでさえ本数の少ない関空出発便のこと、人気の地区は全ていっぱいだったのですね。

ニューカレドニアは南半球ですから今が冬にあたり、シーズンオフということと、少し遠い(=高い)ということで空いていたんでしょう。

 

さあ、いよいよ出発日当日(8月15日)。

吹田の自宅から関空まではマイカーcarで行く事にしました。

大きな荷物を持って電車やバスを乗り換えるのは勘弁…というのと、5泊6日で駐車料金8500円という業者をネットで見つけたので、これなら3人分の電車代往復と大して変わらないですから。

まあ、帰りに疲れた体に鞭打って運転しなきゃならない(関空便は現地深夜発、関空朝着なんです)というのはありますが、何たって早いですしね。

 

ニューカレドニア航空(エアカラン)881便は11時20分に関空を出発し、現地時間の22時05分(日本時間20時05分)にニューカレドニア ヌメアに到着します。時差が2時間しかないというのは楽でいいですねhappy01

Photo_44 当然エコノミークラスthinkですから、席の狭さと機内食のまずさは覚悟していた通りですが、想定外だったのは冷房が効き過ぎていてとにかく寒いsign01こと。

 

この季節なので当然半袖一枚の真夏の格好で乗り込んだのですが、あまりに寒いのでひざ掛け毛布を上半身に羽織って過ごしましたcoldsweats02

エアカランを使われる際はカーディガンかトレーナーのような長袖を用意しておくことをお勧めしますconfident

 

ほぼ定刻の22時過ぎに無事ヌメアに到着しましたが、やっぱり涼しいというより肌寒いdespair感じです。やっぱり冬なんですね。

…この気候で果たしてプールや海で泳げるのだろうかという不安を抱きつつ、ツアーの送迎バスで今回の宿、ル・メリディアン ヌメアに向かいます。空港から市内までは小一時間かかる為、何やかんやで宿に着いたのは24時頃になってしまいましたwobbly

興奮してなかなか寝ない娘を何とか寝かしつけて(日本時間は22時なのでそんなに遅くはないんですが)、我々も滞在中の好天を祈りつつ就寝しました。

と、言うことでその2に続きますwink

|

« 無事でした。 | トップページ | ニューカレドニア旅行記~その2~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/36262298

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカレドニア旅行記〜その1〜:

« 無事でした。 | トップページ | ニューカレドニア旅行記~その2~ »