« 関ヶ原~アクア・トト ぎふ | トップページ | 春はまだかな? »

2010年3月 3日 (水)

久々にクレス登場

Photo_5 今回は久々にクレステッドゲッコーのクレスの話題です。

ベビーの頃はおとなしく、手の上で餌をもらったりしていたのですが、成長するにしたがって、落ち着きがなくなり、手を近づけたり、触ったりするとパニックのような勢いで走り回るようになってしまいましたdespair

ケージを開けた途端に猛ダッシュで飛び出して来て、大捕り物になってしまったことも幾度かwobbly

考えてみると、ケージを大きくしてから特にその傾向が強くなってしまった気がします。

そんな訳で、最近は世話も餌と水を換えてやるだけで、極力刺激しないようにしていたのです。

しかし、色々な方のHPとか、雑誌の記事を見てみると、おとなしくハンドリングされている個体も結構います。

何より、「肌触りの良さがクレステッドゲッコーの魅力のひとつ」などと書いてあるのを見ると、やっぱり偶にはハンドリングしてみたいなという気になってきました。

そこで、先日意を決して(オーバー)、久々にハンドリングに挑戦しました。

ケージの扉を開けて、クレスの顔の前に手を近づけると、全く動く様子がありませんcoldsweats01

このまま何十分も待つ程忍耐強くはないのでcoldsweats01、指を顎の下に差し入れると、案の定パニック状態でダッシュwobbly

そのままケージから飛び出そうとするのを際どく制止して、何とか手につかまらせてケージから出すことに成功しました。

最初は素早く飛び移ろうとしますが、先手を打って先に先にもう一方の手を持って行っている内にようやく落ち着いてきて、おとなしく手につかまってくれましたhappy01

Photo Photo_2

落ち着くの見計らってから、クレスの大好きなバナナプリンを顔に近づけると、ペロペロパクリ!と食べるじゃありませんかsign01\(^o^)/

Photo_3 Photo_4 …両手がふさがってしまうので、餌を食べている写真はありませんが。

でも、こうして久々にハンドリングで触れ合うことが出来たのでした。

要するにクレスが落ち着かなくなってハンドリング出来なくなったのではなくて、数回暴れられたのに懲りて、僕が臆病になっていただけのようです。

やはりよく言われるように、爬虫類の場合は個体を馴らすのではなく、飼い主が(扱いに)慣れることが大事なんですね~confident

|

« 関ヶ原~アクア・トト ぎふ | トップページ | 春はまだかな? »

クレステッドゲッコー」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1146679/33612585

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にクレス登場:

« 関ヶ原~アクア・トト ぎふ | トップページ | 春はまだかな? »